ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.11.19 
Last Update 2020.11.19  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・ルーロ

ルーロ

フランス Domaine Roulot ブルゴーニュ
● noisy にとっては少し懐かしい、その昔ちょっとしくじった感じが今も残る造り手の一人です。以前は「ドメーヌ・ギィ・ルーロ」と名乗っていたはずで、ジャン=マルク・ルーロ名のワインも有ったように記憶していますが定かでは有りません。

 この数年、送られてくる様々なリストや情報に目を通すと、やたら「ドメーヌ・ルーロ」の文字が目に付き、しかもやたらと評価が高く、そのプライスたるや、

「ACブルで・・?村名ムルソーで・・?・・ホントにこんなに高いの?」

と動転してしまうほど・・でした。


 何を隠そう、その昔・・と言っても2000年頃までの事では有りますが、評判の良い「ドメーヌ・ギィ・ルーロ」のワインを試そうと、いくつかのアイテムを仕入れました。その頃はある程度は名を馳せた感じにはなっていましたが、やはりなんと言っても大御所の、

「コント・ラフォン」
「コシュ=デュリ」

が他を人気でも価格でも引き離しており・・どうでしょうね・・そこにムルソーでは有りませんがやはりあの人、ドヴネ、ルロワが御三家みたいな感じのところに「アルノー・アント」が殴り込みを掛けているみたいな雰囲気で理解していました。

「やはりギィ・ルーロはちゃんと飲まんといかん・・」

と思って仕入れて飲んでみたんですね。


 まぁ、確かにそこそこに美味しいのは美味しかったんですが、どうにもこうにも・・

「捉え所の無い仕上がり」

のように思え、自身の中で「結論」を出すには至らなかった訳です。それはこのようなことです。


 アイテムに寄ってはコント・ラフォン風のバリックを効かせた大柄な仕上がりのものと、また別のアイテムは妙にフレッシュで、酸の美しさや多様さを見せるようなフルーティさの有る仕上がりのものが混在していたんですね。

「・・これって・・一体どういうことなんだろう・・」

と、結局良く判らないままになってしまい、その後は代理店さんの絡みやらなんやらでウヤムヤになってしまったまま現在に至ったんですね。


 まぁ、若気の至りと言うか経験の薄さと言うべきか、はたまたはその頃の輸入されたワインの状態も有ったのでしょうが、時に、

「・・ん~・・イマイチだな~・・」

と言う感触のままでいた訳です。



 で、またそんな評価の良い情報にさらされつつ何年も過ごし、たまたまあるエージェントさんのリストを見たところ、

「ドメーヌ・ルーロ」

の文字が有るじゃぁ無いですか!


 しかも、常に在庫はゼロで「割り当て品」と記載されていました。つまり、ルーロの案内は noisy のところには絶対に来ない・・と言うことです。話しさえ無い・・無かったんですね。

 そこで、昔からそれなりに長い付き合いの有る「担当」さんに連絡したところ、

「noisy さんは権利無しなんですよね・・ん?・・ちょっと待てよ・・あ、来年なら少しだけですが権利が発生するかな・・?」

と訳が良く判らない返答・・。


「・・じゃぁ・・来年は頂戴ね・・」

と言うことにして電話を切った訳です。


 で、そろそろだなぁと・・電話をしてみると、担当さんもすっとぼけた感じで・・

「・・あ、・・そうですね・・少しだけですがお送りします・・」

「(・・こいつ・・すっかり忘れてたな!!)」

とは感じたものの、そこでちゃぶ台をひっくり返すほど若くも無く、黙っていただいたのが今回の分です。


「・・こんだけか~!・・しかも高いし~!」


 と言う訳で、とても飲めるような数量では無い・・んですが、足掛け四半世紀にも及ぶ疑問を少しでも解消すべく、

「滅茶希少で高価なブルゴーニュ・ブラン」

を赤字覚悟で開けてみました。


 すると・・どうでしょう・・いや、昨今のドメーヌ・ルーロの人気と価格についても・・納得してしまいました。


「ん~・・・ここまで来てるのなら・・この価格も数も・・仕方ないな・・」


 ACブルを飲ませていただきましたが、上級キュヴェも飲みたくなってしまいました。


 と言う訳でして、上級キュヴェは来年以降のお楽しみとさせていただき、非常に希少なルーロのワインを中途半端では有りますがご紹介させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。






ムルソーの造り手として名高いルーロ家は1830年、Guillaume Roulot氏がムルソー生産を手掛け、高い評価を受けるドメーヌとなりました。

第一次世界大戦時Paul Roulot氏が畑を改植、その息子であるGuy Roulot氏が1950年から1960年代に畑の拡張を行いました。彼の死後、この歴史あるブドウ畑とセラーはアメリカ人醸造技術者のTed Lemon氏により守られました。1989年、Jean-Marc Roulot氏の手にワイナリーが戻り、ルーロ家の手による経営が再開されました。


2017 Meursault
ムルソー

15037
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・ルーロ
ルーロのワインはお一人様どれか1本限定+他の造り手のワイン1本

◆◆◆ルーロのワインはお一人様どれか1本限定+他の造り手のワイン1本
■エージェント情報
品種:シャルドネ100%
畑:主体-ムルソー“クロ・ド・ラ・バロンヌ”、他- ムルソー・プルミエ・クリュ・ポリュゾの下に位置する”レ・クロト”、ムルソーの南、プルミエ・クリュ・シャルムのすぐ下に位置する”レ・グリュアッシュ”
醸造:土着酵母を使って発酵。澱つきのまま樽で12か月間、その後ステンレス・タン クで6か月できるだけ介入せず自然にゆっくりと熟成させます。
■2011年
 銀色がかった素晴らしい色、エレガントでフレッシュなシトラスにほのかに煎っ たような香りが加わる。ミネラル感があり、上質な甘草を連想させるしっかりとした味わいで、飲み始めは白桃そしてシトラスを感じるフィニッ シュ。ピリッとしていながらハーモニーのあるワインで2011ヴィンテージの特徴を表しており、長期熟成が期待できます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥15,980 (外税) 


2017 Meursault les Vireuils
ムルソー・レ・ヴィルイユ

15039
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・ルーロ
ルーロのワインはお一人様どれか1本限定+他の造り手のワイン1本

◆◆◆ルーロのワインはお一人様どれか1本限定+他の造り手のワイン1本
750ML 在庫    ご注文数   本
¥16,980 (外税) 


2017 Meursault a Mon Plaisir Clos du Haut Tesson
ムルソー・ア・モン・プレジール・クロ・デュ・オー・テソン

15038
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・ルーロ
ルーロのワインはお一人様どれか1本限定+他の造り手のワイン1本

◆◆◆ルーロのワインはお一人様どれか1本限定+他の造り手のワイン1本
■エージェント情報
品種:シャルドネ100%
醸造: Les Luchetsと同じように丘の中央にあるが、より南側に位置している。リッチさとエレガントさが共存するワインです。まさしくこのアペラシオンの特徴がよく表現されたワインの一つと言えるでしょう。”A Mon Plaisir”という昔の名前が由来となっています。モノポールではありませんが、この畑の名前を冠したワインを生産する唯一のドメーヌです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥22,880 (外税) 
【2017年もの、何とか3本だけ・・ゲット出来ました。】
 大人気のドメーヌ・ルーロ2017年、ムルソー3種です。ここのところは毎年、

「今年が最後かもしれません」

と言っていますが、本当に最後に成りそうです。

 某社が結構に安価に販売している時が有りますが、どうも何かしらの問題が在るように思います。

 フレッシュなのに滑らか、柑橘系のフルーツ感がピュアに、しっかり感じられる見事な味わいが基本・・だと思いますが、コンディションが悪いと、そんな姿は全く見られません。

 今回は村名ムルソー(クロ・ド・ラ・バロンヌ--村中のコント・ラフォン邸宅の裏の2ha、1級ポリュゾ直下のレ・プロト、1級レ・シャルムの一画に有るレ・グリュアッシュ)、ア・モン・プレジール・クロ・デュ・オー・テソン(テッソンの一画)、レ・ヴィルイユ(村中央の上部--かのコシュ=デュリもリリース)の3アイテムです。

 ア・モン・プレジール・クロ・デュ・オー・テソンはルーロにとって特別なワインだそうで、価格も結構に良い感じです。因みにnoisy は飲んだことがありませんので、そのまま仕舞い込んでしまおうかとも思いましたが、この際、1本だけあってもしょうがないかと・・販売することにしました。

 まぁ、エージェントさんも色々と厳しいのでしょうが、年間、そんなに購入している訳でも無いのでこの数量は仕方が有りませんね。大きなメーカーさんのワインをしこたま売らないと分けていただけないワインです・・まぁ、ロマネ=コンティもそうですけどね。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【清冽ピュアな見事な表情!完熟手前のメロンの美しいアロマ!・・これは凄い!・・】


 いや~・・これは完成されています。それも物凄く高いレベルで・・。確信を持って、また、愛情を持って造られた素晴らしいACブルゴーニュでした。

 勿論、普通のACブルのレベルでは無く、少なくとも村名レベルのポテンシャルです。

 そのアロマのディテールはものの見事に細やかで、薄い青や緑、やや薄めの黄色や白、わずかに赤系の色が混じったもので、上質なメロンの完熟する一歩前のようなニュアンスで、ほんのりマッタリ、オイリー・・いや、そんな言葉では伝わり切れず申し訳無い・・と思ってしまうようなエレガンスやフィネスに包まれた、心地良い表情をしています。

「上質感」

 これはどうやって生み出されるのか・・難しい問題です。最初から持っていなければ、結局、後からは出てこないニュアンスにこそ、この言葉が似あいます。単にポテンシャルと言う言葉だけでは漏れてしまうような部分を含んでいると感じます。

 何より、これみよがしな部分が全く無いんですね。

「どうだい?・・すごいだろう?」

とは尋ねられている気が全くしないんです。


 ただただ優しさや愛情・・と言うようなオーラのようなものに包まれています。


 この見事な味わいに触れ、その昔、ギィ・ルーロのワインに取り組んだ時の事を思い出しました。

「確かにあの頃のルーロは、樽を強めに掛けたり、弱めたりをキュヴェに寄ってしていたはず・・でも、それをリアルに良いベクトルと受け取れなかったのは、ワインのコンディションにも問題が有ったんじゃないか?」

と、今になって、そんな感じがします。


 濃密さはたっぷり有るんですが、それだけでは無い・・フレッシュさ、繊細さも同じように存在しています。大昔に感じた「樽っぽさ」などは微塵も無く、フレッシュなだけの味わい・・と言うことも全く感じません。それどころか暖かいオーラに包まれつつ、完成された味わいを堪能できる幸福感に満たされていることに気付くでしょう。

 また、どこまで自然な耕作なのか、情報が無いので判りませんが、アロマのスピード感はそこそこに有り、しかもボリューム感もしっかり有ります。かと言って、アヴァンギャルドに向かってしまいがち、一方的な押し付けになってしまいがちな、ビオ系生産者のニュアンスも有りません。

「・・これって・・ど真ん中?」


 そう、ブルゴーニュ・シャルドネの王道のど真ん中の味わい・・と言えるかもしれません。素晴らしいワインでした。

「本当に無いので・・お一人さま1本限定」

でお願いいたします。勿論、コンディションは抜群でした。


 他にいただけたのは「ムルソー」とモノポールの「ムルソー1級クロ・デ・ブシェール」です。ムルソー・ペリエールも所有していますが、今回はいただけませんでした。でも、グットドールに隣接するクロ・デ・ブシェールが看板ワインとも言えます。

 村名ムルソーは最近コント・ラフォンもリリースしているクロ・ド・ラ・バローヌ、、ムルソー1級ポリュゾ直下のレ・クロト、1級レ・シャルム直下のレ・グリュアッシュなどをセパージュした、北から南までのブレンドのようです。


 また、これまた数の無いピノ・ノワール、オーセ=デュレッスの1級も有ります。

 すべて非常に希少です。ブルゴーニュ・ブランの素晴らしさしかお伝え出来ませんが、価格以上に素晴らしいです。ご検討くださいませ。


2016 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

14200
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・ルーロ

◆◆◆お一人様1本限定+他の条件の無いワイン1本
■エージェント情報
 2.64ヘクタール。ブドウ栽培から醸造まですべてムルソーと同じ造り方ですが、唯一異なるのは澱の上での樽熟の期間が少し短いということです。畑はムルソーのアペラシオンにすぐ隣接しており、上質な白ワインを生み出します。ムルソーのヴィラージュワインを飲む前の最初の1杯に最適のワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥6,850 (外税) 


2016 Meursault 1er Cru Clos des Boucheres Monopole
ムルソー・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ブシェール・モノポール

14201
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・ルーロ

◆◆◆お一人様1本限定
■エージェント情報
 0.26ヘクタール。1995年に購入した畑で標高260mの浅く砂利の多い土壌です。シルクのような質感で時とともに力強いアロマが成長し、ミディアム・ボディの ワインにミネラル感のある骨格が加わります。バランスが良く、エレガントなワインで何年もセラーで寝かせることができます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥35,900 (外税) 
【清冽ピュアな見事な表情!完熟手前のメロンの美しいアロマ!・・これは凄い!・・】注:以前のレヴューを使用しています。
 いや~・・これは完成されています。それも物凄く高いレベルで・・。確信を持って、また、愛情を持って造られた素晴らしいACブルゴーニュでした。

 勿論、普通のACブルのレベルでは無く、少なくとも村名レベルのポテンシャルです。

 そのアロマのディテールはものの見事に細やかで、薄い青や緑、やや薄めの黄色や白、わずかに赤系の色が混じったもので、上質なメロンの完熟する一歩前のようなニュアンスで、ほんのりマッタリ、オイリー・・いや、そんな言葉では伝わり切れず申し訳無い・・と思ってしまうようなエレガンスやフィネスに包まれた、心地良い表情をしています。

「上質感」

 これはどうやって生み出されるのか・・難しい問題です。最初から持っていなければ、結局、後からは出てこないニュアンスにこそ、この言葉が似あいます。単にポテンシャルと言う言葉だけでは漏れてしまうような部分を含んでいると感じます。

 何より、これみよがしな部分が全く無いんですね。

「どうだい?・・すごいだろう?」

とは尋ねられている気が全くしないんです。


 ただただ優しさや愛情・・と言うようなオーラのようなものに包まれています。


 この見事な味わいに触れ、その昔、ギィ・ルーロのワインに取り組んだ時の事を思い出しました。

「確かにあの頃のルーロは、樽を強めに掛けたり、弱めたりをキュヴェに寄ってしていたはず・・でも、それをリアルに良いベクトルと受け取れなかったのは、ワインのコンディションにも問題が有ったんじゃないか?」

と、今になって、そんな感じがします。


 濃密さはたっぷり有るんですが、それだけでは無い・・フレッシュさ、繊細さも同じように存在しています。大昔に感じた「樽っぽさ」などは微塵も無く、フレッシュなだけの味わい・・と言うことも全く感じません。それどころか暖かいオーラに包まれつつ、完成された味わいを堪能できる幸福感に満たされていることに気付くでしょう。

 また、どこまで自然な耕作なのか、情報が無いので判りませんが、アロマのスピード感はそこそこに有り、しかもボリューム感もしっかり有ります。かと言って、アヴァンギャルドに向かってしまいがち、一方的な押し付けになってしまいがちな、ビオ系生産者のニュアンスも有りません。

「・・これって・・ど真ん中?」


 そう、ブルゴーニュ・シャルドネの王道のど真ん中の味わい・・と言えるかもしれません。素晴らしいワインでした。

「本当に無いので・・お一人さま1本限定」

でお願いいたします。勿論、コンディションは抜群でした。


 他にいただけたのは「ムルソー」とモノポールの「ムルソー1級クロ・デ・ブシェール」です。ムルソー・ペリエールも所有していますが、今回はいただけませんでした。でも、グットドールに隣接するクロ・デ・ブシェールが看板ワインとも言えます。

 村名ムルソーは最近コント・ラフォンもリリースしているクロ・ド・ラ・バローヌ、、ムルソー1級ポリュゾ直下のレ・クロト、1級レ・シャルム直下のレ・グリュアッシュなどをセパージュした、北から南までのブレンドのようです。


 また、これまた数の無いピノ・ノワール、オーセ=デュレッスの1級も有ります。

 すべて非常に希少です。ブルゴーニュ・ブランの素晴らしさしかお伝え出来ませんが、価格以上に素晴らしいです。ご検討くださいませ。



N.V. Marc de Bourgogne
マール・ド・ブルゴーニュ

13536
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
オーセ=デュレッス
ドメーヌ・ルーロ

◆◆◆激レアです!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥14,800 (外税) 


N.V. Fine de Bourgogne
フィーヌ・ド・ブルゴーニュ

13535
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
オーセ=デュレッス
ドメーヌ・ルーロ

◆◆◆激レアです!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥14,800 (外税) 
【かなり濃い色合いをしたフィーヌとマール。でも激レアです!】
 昨今の日本はウイスキーブームだそうで、サンxリーさん、ニッxさんの大手を始め、小さな蒸留所で頑張る地ウイスキーブランドも品物が無いそうです。

 特に高級品が売れまくっているようで、サンxリーさんは響や白州などの販売と止めたと言われています。長い低調な時期を過ぎ、地道な宣伝が功を奏したと言えますよね。ハイボールも散々に宣伝し、だいぶ市民権を得て来たところでのモルト不足です。

 まぁ、そうなることは誰にでも想像が出来る訳でして、ましてやサンxリーさんは以前にも同じことをやっています。

 高度成長期のウイスキーブームですね。「だるま」と言われたオールドが異常に売れ、上級のリザーブやローヤルと言った、その頃では超高額品もバンバン売れました。

 その頃は舶来の高級ウイスキー類は、現在のように「度数と容量」による課税方式では無く、「価格」に対して課税されていましたので、

「舶来品のウイスキーやブランデーはとんでも無く高い税金が掛かっていた」

訳です。


 なので、オールド・パーとかシーバス・リーガル、ジョニー・ウォーカーなどは、庶民は中々手が出ない高級品でしたね。

 それをイギリスのサッチャーさんが、現代の黒船よろしく、

「蒸留酒への課税(従価税を)は不公平だから是正(従量税に)しろ」

と、圧力をかけた訳です。結果、万歳せざるを得なかった訳でして、現在の状況になったと・・言う訳です。


 もっとも、その以前から日本のウイスキー会社のモルト不足は深刻で、

「モルトが足りない」-->「造った傍からブレンドに回す」--> 「さらには配合率を下げる」->「品質が落ちる」

と言う流れですから、初めのうちはウケていたオールドやリザーブも人気は落日の如し、ウイスキーブームは完全に去った訳です。


 売れない時にこそ、沢山造らないと貯酒出来ない訳ですから、そうするべきなんですが、

「売れないからこそ造れない」

と言う状況に追い込まれてしまう訳ですね。そして、溜まりに溜まってしまって・・でも、何とか市場が持ち直したと感じた時には・・

「すでに遅し」
「モルト不足は目の前に・・」

と言う状況になってしまう訳です。


 無いとなれば欲しくなるのが人情ですしね。


 そういった意味では、ワインの世界はそんなことはしませんし出来ません。決まった以上の量は造れないからです。法律でも決められていますので、

「仮に生産量が規定よりも多かったとしても、ワインとしてはリリースできない」

と言うことになります。


 また、ワインにしてみたものの、仕上がりが気に入らない・・と言う場合も有ります。そんな時は「格下げ」をするのが普通では有りますが、

「格下げもバルク売りもできない」

と言うような状況も有ります。


 そんな時、「フィーヌにする」と言う選択肢も有るんですね。また、絞った滓を再発酵させてワインにし、また蒸留して「マール」に仕上げることも有ります。フランスやイタリアでは専門の業者が設備を乗せた車両で造り手を順に回っていたりしますしね。

 なので、以前に比較しますとフィーヌやマールもだいぶ値上がりはしています。でも、まだまだ安いかな・・と思いますよ。フィーヌの方が柔らかでふんわりとした感じ、マールの方は薫りがエキセントリックな場合が多いです。


 今回はあの「ギィ・ルーロ」「ジャン=マルク・ルーロ」のドメーヌ・ルーロのフィーヌとマールです。あまり出て来ないアイテムです。詰まらない話しですみません。ご検討くださいませ。


2015 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

13320
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・ルーロ

◆◆◆お一人様1本限定
■エージェント情報
 2.64ヘクタール。ブドウ栽培から醸造まですべてムルソーと同じ造り方ですが、唯一異なるのは澱の上での樽熟の期間が少し短いということです。畑はムルソーのアペラシオンにすぐ隣接しており、上質な白ワインを生み出します。ムルソーのヴィラージュワインを飲む前の最初の1杯に最適のワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥6,500 (外税) 


2015 Auxey-Duresses 1er Cru Rouge
オーセ=デュレッス・プルミエ・クリュ・ルージュ

13323
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
オーセ=デュレッス
ドメーヌ・ルーロ

◆◆◆お一人様1本限定
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,990 (外税) 


2015 Meursault
ムルソー

13321
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・ルーロ

◆◆◆お一人様1本限定
■エージェント情報
畑:主体-ムルソー“クロ・ドゥ・ラ・バローヌ”、他- ムルソー・プルミエ・クリュ・ポリュゾの下に位置する”レ・クロト”、ムルソーの南、プルミエ・ク リュ・シャームのすぐ下に位置する”レ・グリュアッシュ”
醸造:土着酵母を使って発酵。澱つきのまま樽で12か月間、その後ステンレス・タン クで6か月できるだけ介入せず自然にゆっくりと熟成させます。

2011年もの:銀色がかった素晴らしい色、エレガントでフレッシュなシトラスにほのかに煎っ たような香りが加わる。ミネラル感があり、上質な甘草を連想させるしっかりとした味わいで、飲み始めは白桃そしてシトラスを感じるフィニッ シュ。ピリッとしていながらハーモニーのあるワインで2011ヴィンテージの特徴を表しており、長期熟成が期待できます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥15,000 (外税) 


2015 Meursault 1er Cru Clos des Boucheres Monopole
ムルソー・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ブシェール・モノポール

13322
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・ルーロ

◆◆◆お一人様1本限定
■エージェント情報
 0.26ヘクタール。1995年に購入した畑で標高260mの浅く砂利の多い土壌です。シルクのような質感で時とともに力強いアロマが成長し、ミディアム・ボディの ワインにミネラル感のある骨格が加わります。バランスが良く、エレガントなワインで何年もセラーで寝かせることができます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥32,800 (外税) 
【清冽ピュアな見事な表情!完熟手前のメロンの美しいアロマ!・・これは凄い!・・】
 いや~・・これは完成されています。それも物凄く高いレベルで・・。確信を持って、また、愛情を持って造られた素晴らしいACブルゴーニュでした。

 勿論、普通のACブルのレベルでは無く、少なくとも村名レベルのポテンシャルです。

 そのアロマのディテールはものの見事に細やかで、薄い青や緑、やや薄めの黄色や白、わずかに赤系の色が混じったもので、上質なメロンの完熟する一歩前のようなニュアンスで、ほんのりマッタリ、オイリー・・いや、そんな言葉では伝わり切れず申し訳無い・・と思ってしまうようなエレガンスやフィネスに包まれた、心地良い表情をしています。

「上質感」

 これはどうやって生み出されるのか・・難しい問題です。最初から持っていなければ、結局、後からは出てこないニュアンスにこそ、この言葉が似あいます。単にポテンシャルと言う言葉だけでは漏れてしまうような部分を含んでいると感じます。

 何より、これみよがしな部分が全く無いんですね。

「どうだい?・・すごいだろう?」

とは尋ねられている気が全くしないんです。


 ただただ優しさや愛情・・と言うようなオーラのようなものに包まれています。


 この見事な味わいに触れ、その昔、ギィ・ルーロのワインに取り組んだ時の事を思い出しました。

「確かにあの頃のルーロは、樽を強めに掛けたり、弱めたりをキュヴェに寄ってしていたはず・・でも、それをリアルに良いベクトルと受け取れなかったのは、ワインのコンディションにも問題が有ったんじゃないか?」

と、今になって、そんな感じがします。


 濃密さはたっぷり有るんですが、それだけでは無い・・フレッシュさ、繊細さも同じように存在しています。大昔に感じた「樽っぽさ」などは微塵も無く、フレッシュなだけの味わい・・と言うことも全く感じません。それどころか暖かいオーラに包まれつつ、完成された味わいを堪能できる幸福感に満たされていることに気付くでしょう。

 また、どこまで自然な耕作なのか、情報が無いので判りませんが、アロマのスピード感はそこそこに有り、しかもボリューム感もしっかり有ります。かと言って、アヴァンギャルドに向かってしまいがち、一方的な押し付けになってしまいがちな、ビオ系生産者のニュアンスも有りません。

「・・これって・・ど真ん中?」


 そう、ブルゴーニュ・シャルドネの王道のど真ん中の味わい・・と言えるかもしれません。素晴らしいワインでした。

「本当に無いので・・お一人さま1本限定」

でお願いいたします。勿論、コンディションは抜群でした。


 他にいただけたのは「ムルソー」とモノポールの「ムルソー1級クロ・デ・ブシェール」です。ムルソー・ペリエールも所有していますが、今回はいただけませんでした。でも、グットドールに隣接するクロ・デ・ブシェールが看板ワインとも言えます。

 村名ムルソーは最近コント・ラフォンもリリースしているクロ・ド・ラ・バローヌ、、ムルソー1級ポリュゾ直下のレ・クロト、1級レ・シャルム直下のレ・グリュアッシュなどをセパージュした、北から南までのブレンドのようです。


 また、これまた数の無いピノ・ノワール、オーセ=デュレッスの1級も有ります。

 すべて非常に希少です。ブルゴーニュ・ブランの素晴らしさしかお伝え出来ませんが、価格以上に素晴らしいです。ご検討くださいませ。