ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.14 
Last Update 2021.05.14  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

フェルム36

フェルム36

日本 Ferme36 長野
Ferme36Domaine index -- Open All Column
● 矢野さんの2020年のヌーボーが届きました。滅茶美味しいです!さっそく飲ませていただき、2020年もののナチュラルな元気の良さを確認させていただきました。

 また、リアルワインガイドの最新号でも、2019年ものの「ルメルシマン」や「山のヴァンせ」が高く評価されていまして、上値で90点付いています。

 今回は「新酒」「ヌーボー」と言うことで、2020年ものをご紹介させていただきます。

「Ferme36 のワインって・・どこで買えるの?」

「いつリリースですか?」

・・ん~・・困りましたね・・いつとは中々言えませんし、販売しはじめても長い期間、在庫になるほどの数量が無い・・2019年のヌーボーは「山のヴァンせ」が30本、「ルメルシマン」が6本だけでしたから・・

 それでも非常に少なかった量は若干増えていまして、白の「山のヴァンせ」は1353本(110ケース余)、赤のルメルシマン・ルージュは559本(46ケース余)と言う生産量、Noisy wine への入荷はそれぞれ3ケースと1ケースです。

「2020年の野生酵母は元気です。噴きこぼれにご注意ください。」

との注意書きが有るくらい、酵母は畑で順調に増えたようです。

 メトード・アンセストラルによる製法ですが、noisy がテイスティングしたボトルはどちらも「ガスに注意」と言うほどのガス圧は有りません。口内でわずかに「ピチピチ」とするくらい・・ですが、やはり開け方にもよると思いますので、

「台所のシンクなどで必ずボトルを斜め40度ほどに傾け、王冠に当てた栓抜きをゆっくり上げながらガスを逃がすように抜く」

ことを心がけて下されば、何の問題も無く抜くことが出来ます。王冠です。


 熟の速い白の「山のヴァンせ」は、僅かに濁りのある少しくすんだ外観から、仄かに白く多量に有るミネラリティと、ほんのり濁った色から、滅茶ナチュラルで滋味・旨味に富んだ優しく・・でも結構に深い味わいです。

 赤のルメルシマンは今のところやや軽めですが、僅かなガスが飲みやすさを誘いつつ、華やかな花のアロマ、ベリーなどの果実で美味しく飲ませてくれます。サンスフルでして・・非常に身体への浸透が優しいです。とはいっても、おそらく「山のヴァンせ」のSo2使用量も僅かだと思います。

 来年のエルヴァージュもののリリースが楽しみになるような仕上がりでした。是非ご検討いただきたいと思います。

-----
 待ちに待った矢野さんのワインが届きました。今年9月に醸造免許が下りたとのことで今までの委託醸造から自家醸造に切り替わり、大きく自由度が得られたのが、今回のワインに現れています。

 今のところはまだシャルドネのみですが、一言で言って・・

「気取らず、でもしっかり!自然の恵みの素晴らしさを味わえる、ワインファン納得の仕上がり!」

です。


 ワインは正直です・・その味わいを見れば、ほぼ何が有ったか・・想像できます。

 熱量が大きく、豊かな酸と自由な味わいは、今までの日本のワインとは一味以上違うと感じます。ナチュラルで滋味深~い味わいなのに、危険なニュアンスは有りません。

 いや~・・余りに素晴らしい出来なので・・驚いてしまいました。おそらく飲まれた方々、それぞれに、

「えっ?・・こうなるんだ・・!」

と感じられるに違いありません。


 特に委託醸造のルメルシマン白を飲まれた方は、その変貌ぶりに驚かれるでしょう。


 今回も非常に少ない割り当てです。また、流通経費が全く出ませんので、申し訳ございませんが販売条件を付けさせていただいています。

 なお、どうしても欲しいからと思われても、矢野さんにご迷惑が掛かるようなことはお止めいただくようお願いいたします。


■生産者情報
生産地:Ferme 36(旧名 矢野園) 長野県大町市平新郷

 製造について:2017年と同様、日本屈指の醸造家、ヴィラディストワイナリー小西超氏による醸造(委託醸造)。初収穫ということで収穫量が少なく、すべての品種を1回のプレスに投入し、混醸となりました。品種の個性というよりも、それらを超えて個々の品種が互いを支えあい、総体として土地固有の味「テロワール」が現れることを期待します。
 2018年9月25日、全品種を房ごとに搾汁。培養酵母による発酵。発酵及び貯蔵の容器はステンレスタンク。発酵後、瓶詰直前まで澱の上で貯蔵(シュールリー)。清澄なし。2019年4月26日、無ろ過にて瓶詰

アルコール11.9% 酸度:0.54g/100mlPH:3.1 生産本数1111本

2018年ミレジム
 冬季に雪が少ない1年の始まりでした。桜の開花は例年より10日から2週間早く、ブドウの生育ステージも全体的に早く推移しました。
 5月は平年より降雨があり、新植苗の定着には好意的に作用しました。
 7月10日~8月10日にかけて干ばつ(気象庁データによると、この1か月間の降雨量は僅か4mm)があり、乾燥を好む葡萄にとっても過酷な状況となりました。
 転じて9月に入ると長雨により日照量が減りました。萌芽が早まった分、収穫期も早まりました。大町では珍しく酸度の保持を気にしながらブドウの塾気を見定めることになりました。
 平年より雨量がありましたが、ぶどうは健全な状態で収穫出来ました。

 「農福連携」の一環として、大町市社会福祉協議会障害福祉サービス事業所の皆さんに苗植、ブドウの株元の草取り、防鳥ネットの設置、腐敗果の除去、ブドウの収穫、冬の養生として株周りの藁巻等にご尽力いただきました。とりわけ腐敗果を除去したことで、雨にあたっても健全なブドウを収穫することができました。

2019年ミレジム
 春先に寒さが残り、グローイングステージの一指標としてとしての桜の開花は、平年より少し遅いくらいでした。四月末の苗植作業時には雪が舞いました。

 夏季、2018のような干ばつはなく。適度な雨量の中推移しました。
 9月になると好天が続き、果実の成熟によい条件がもたらされました。ブドウのサンプリングデータを見るところ2017に類似しますが、感覚的には2017よりわずかに温暖であったという印象があります。
 自社ワイナリーを稼働したことで、品種ごとの収穫、仕込みが可能になりました。品種の熟期を見極めつつ、収穫しては仕込むという、この地でワインをつくるスタイルが出来上がりました。

 「農福連携」を継続、大町氏社会福祉協議会障がい福祉サービス事業所の皆さんに苗植。ブドウの株元の草取り、防鳥ネットの設置、病果の除去、ブドウの収穫、冬の養生としての株周りの藁巻等ご尽力いただきました。仕込み時に選果台を持たないため圃場で入念な選果を行うことが重要になりますが、そのような場面で大いに助かりました。
━━━━━
将来的に期待値の高い日本の自然派ワインをご紹介します。長野県は大町市でワイナリーを始められた矢野さんです。

 ひょんなことからお付き合いをさせていただくことになりました。noisy も良く判りませんで、とにかく2014年に栽培を始め、2017年ものの醸造が初です。

 また、まだ醸造設備が整っていないので、ヴィラディストワイナリーの小西超氏さんの委託醸造と言う形でスタートしています。

 何しろ初年度の醸造が450本ほどしか無く、実験的なものになっていますが・・飲んでみたらもう・・ビックリです・・!

◇北アルプス山麓農場 矢野園 Ferme 36 矢野さんのブログ http://tatsunokovin.blogspot.com/


2020 Yamano Vin Se Blanc Nouveau
山のヴァンせ・ヌーボー

15645
自然派
白 中口
日本
長野
大町
フェルム36
お一人様2本まで + 同時に同額以上他の造り手のワイン

◆◆◆お一人様2本まで + 同時に同額以上他の造り手さんのワインをお願いいたします。
■エージェント情報
品種:シャルドネ(長野県大町市平産、買い葡萄
全貌搾汁(ホールバンチプレス)野生酵母による発酵。
発酵終盤に王冠瓶詰を行い、炭酸ガスを閉じ込めました。
アルコール:12.0%
瓶詰:清澄、ろ過なし。1353本
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,600 (外税) 
【滅茶美味しいです!・・ナチュラルで滋味深くて旨味バッチリ、しかもドライでSo2使用量もほんの僅かでしょう!超お勧めです!】
 良いですね~・・矢野さんの、醸造家としてのセンスの良さも伝わって来るかのような、

「滅茶美味しいご飯を普通に食べてる!」

かのような・・取り立てて凄く無くてまず普通なんだけれど、実はそれが「真実」だったりする訳です。

 例えば、ワインを余り飲まなかった方が、ワインファンが「神」とさえ崇めるようなワインを飲んでも・・結構に普通だなぁ・・と感じただけだったりします。

 その方にとっては綺麗過ぎて、濃淡が判らず・・と言うパターンも有るでしょうし、最初から否定で入ってしまうと目が曇る・・いや、感覚が麻痺してしまう・・なども在ろうかと思うんですね。

 例えば、ある程度ワインに舌の肥えた noisy が「2020山のヴァンせ」を飲んでも、「美味しいなぁ・・」と素直に喜んでしまうような「美味しさ」を持っている訳ですから、このワインの魅力は相当に高いと思いますよ。

 ふんわりとした柔らかなテクスチュア・・ちょっとナトリウム多めのトロトロ感のある不透明なミネラリティがふんだんに感じられ、ペティアンと言うほどのガス圧では無いにせよ、その優しいガス圧と、そのミネラリティと、洋ナシや梨、グレープフルーツ的な果実感が、全てバランスしているんですね。

 そして・・滅茶飲みやすい!・・楽しいです。身体への進入角度が相当に低く、いつの間にか入っている・・けれど、そのアルコールのマイナス面が感じられない・・みたいな感じです。

 で、2枚目の写真・・ちょっと意味不明でムズイですか?

 飲みほしたボトルを真上から撮ったもので、中心に少し何かが写っていると思うんですが、これ、「澱」です。

 飲んでいるうちに、徐々に、さらに「濁って」来ます。無濾過も無濾過、ただラッキングしただけだと思いますが、ガスの存在で完全には透明にならないんですね。

 なので、もう活性はほぼ無いかと思いますが、酵母や葡萄由来のやや重みのある澱が、下に沈んでいる訳です。

 この「澱」もまた・・味わいには結構影響していまして・・

「半分か2/3ほど飲んだら、ボトルの口を押さえてシェイクしてみる!」

とか、

「澱の部分を多めに取って置いて、最後にその澱の味わいを楽しむ!」

のも一興でしょう!


 So2 は非常に少ないですが、「全く危険性の無い」味わいです。最も、栓を抜いて3日もすれば、「どろんどろん」になっていると思いますが、さらに3日ほど置いて・・凄い状態にしてからまた楽しむ・・と言う、モロビオファン的なアプローチも楽しいかもしれません。・・いや、noisy は責任持てませんので、そんなことをするので有れば、あくまでもご自身の責任でやってくださいね。

 日本のワインも楽しくなってきましたね・・。その最右翼の一人、矢野さんの2020年ヌーボー・・・どのように楽しむかは、あなた次第です。お早めにどうぞ!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【日本酒で言ったら「どぶ✖く」?・・(^^;; この濁りに旨味がギッシリ!豊かでおおらか、ナチュラルな味わいの中に矢野さんのセンス(想像力+緻密な計算+対応力)が漲っています!】


 まぁ、どなたが飲まれても肯定される味わいだと感じました。矢野さんは謙虚でいらっしゃいますので、決して美味しいとか何とか・・はnoisy の様には言いません。どちらかと言うと事務的に、

「・・をやったら・・なったので・・~をして・・こうなりました。」

とだけおっしゃいます。


 でも、ま~本当に楽しいワインです。例えば、酵母をたっぷり使った日本酒とか・・いや、ご存じないかもしれませんが・・元気の良い(良かった?)酵母のニュアンスに満ちたシャルドネです。

 泡は弱く、ピチピチとはしていますが、今のところは抜栓時に吹くようなことな無いと思います。でも、いつものように気を抜かず抜栓してくださいね。勿体無いですし!

 白や黄色の熟したフルーツと、やや軽めだがたっぷりのミネラリティ、ほんのりと甘みが残された味わいで中域がふっくら!・・余韻も柔らかで長いです。硬質な部分の無い、ほんわかと柔らかな味わいで、グイグイとも飲めてしまうし、長く滞留させても微細な表情にも出会えます。

 いや~・・ここまで出来るんですね~・・ビックリした!・・素晴らしい新酒です!・・皆さんに飲んでいただきたいですが、限り無く少ないですので・・すみません。

 また、赤メルロはおそらく市場に余り出ないと思われます。勿体無いのでnoisy もまだ飲んでません・・(^^;; すみません。

 なお、流通経費が掛かると赤字になってしまいますので、申し訳ございませんが、他の造り手さんのワインを同送でお願いいたします。


2020 Remerciements Merlot Cabernet Franc Nouveau
ルメルシマン・メルロー・カベルネ・フラン・ヌーボー

15646
自然派
赤 辛口
日本
長野
大町
フェルム36
お一人様1本限定 + 同時に他の生産者さんのワインを同額以上

◆◆◆お一人様1本限定 + 同時に他の生産者さんのワインを同額以上、お願いいたします。
■エージェント情報
品種メルロ・カベルネフラン(長野県大町市産:自社栽培葡萄)
品種ごとに収穫し、一粒一粒を手で除梗。
野生酵母による発酵。
丁寧に果皮の成分を抽出した後、バスケットプレスにて搾汁。
搾汁後アッサンブラージュ。
発酵終盤に王冠瓶詰を行い、炭酸ガスを閉じ込めました。
アルコール:11.2%
瓶詰:清澄、ろ過なし、亜硫酸添加なし。559本
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,600 (外税) 
【フラワリーなアロマと少し熟した果実のアロマの融合!・・今はまだ軽めですが、徐々に押し出しも出て来るでしょう!サン・スフル(So2無添加)の柔らかでしなやかな味わいです!】
 ブルゴーニュ瓶と言って良いのか判りませんが、今までのアルザス風の細めのボトルでは無く、太く短いボトルに王冠で届いた2020年のFerme36ヌーボーです。

 自社畑のメルロとカベルネ・フランと言うことですが、2020年12月年末現在、非常に軽やかに、フレッシュさを残した味わいです。まだメルロもフランも重心の低い部分の主張が少なく、中域から高域に掛けての主張がほとんど・・と言う状態ですね。黒葡萄の新酒ですから・・今の進行具合はそんなものでしょう。

 フランも青っぽさは無く、むしろ素直に若いカベルネ・ソーヴィニヨンっぽい表情です。メルロの野性味もまだ全く・・です。そして、サン・スフルであることで・・そのカベルネ系の若い葡萄が持つ、やや「パキッ」とした風情に柔らかさを感じさせているかのようです。

 しかしながら、この・・まだ仕上がって間もない状態でも、とても良いバランスだと感じます。「山のヴァンせ」よりも、よりほんのりのガスの存在が、サン・スフルのワインの柔らかさにキリリとした「締まり」を加えています。

 そして・・丁寧さみたいなものが伝わって来ますね。手仕事で頑張って美しいワインに仕上げている感・・もします。

 いや~・・こんなにしたら、大変じゃないでしょうか。相当な手仕事の多さだと思いますが・・。普通は機械に任せてしまうところを・・例えば、葡萄の粒、一粒ずつを・・確認して仕込む・・なんて、相当に大変なことなんですが、ワインってその葡萄の粒1個の集合体で出来ている訳で、他には何も加えていないんですね。

 今飲んでも非常に心地良い軽さですが、2~3年後に飲む・・と言う楽しみも有ってよいと思います。少ない入荷量で申し訳在りませんが、是非飲んでみていただきたいと思います。ご検討くださいませ。


以下は以前のレヴューです。
-----
【これは・・これからの矢野さんのワインは、絶対に見逃せないワインになって行くはずだと思わせてくれる見事な味わいです!】

 たった197本のリリースです。ですので当たり前ですが最大でも、それだけの数しか販売されないということですね。

 Noisy wine への入荷も本当に少なく・・数本です。飲むべきかやめるか悩みましたが、先のことを考え、いただくことにしました。・・感動ものでした。

 販売するかどうかも悩みました・・少な過ぎるので。でも、取りあえずは出すことにしました。


 非常にナチュラルで柔らか・・ふっかふかです。濃度も日本のワインには珍しく、しっかり有ります。伸びも非常に良いです。葡萄が若い分、中域、中盤の膨らみに、僅かに粗な部分が見える方もいらっしゃるかもしれません。

 しかしながら、それがもしお判りなら・・もしこの先、樹齢が上がって来たこのビオテイストの赤ワインが、どんなに素晴らしいワインになるかもご想像出来るに違い在りません。

 多くは言わないようにしますが、非常な楽しみをいただいたと感じています。ご検討くださいませ。


2019 Remerciements Blanc
ルメルシマン・ブラン ノー・ワイン・ノーライフ

15410
自然派
白 辛口
日本
長野
大町
フェルム36
お一人様1本限定 + 同時に他の生産者さんのワインを同額以上


◆◆◆お一人様1本限定 + 同時に他の生産者さんのワインを同額以上、お願いいたします。
■エージェント情報
品種:シャルドネ45.8% ソーヴィニョン・ブラン31.3%ピノ・グリ7.7% シュナン・ブラン3.3%ゲヴェルツ・トラミネール7.1% シルヴァーナー2.2% その他2.6%
収穫日 10月1~17日
 ヴィラデストワイナリー醸造責任者小西超氏による委託醸造期間(2017.2018)に確立した白ワイン。品種の個性が互いを補完しあい、高めあい、総体としてテロワールを表現するスタイルが気に入っています。北海道岩見沢市栗沢町の中澤夫妻がつくる「栗沢プラン」に対する憧憬がヴィニュロンを決意した大きな要因の一つでした。
 自家醸造になり、品種ごとに収穫、搾汁を行い、野生酵母による発酵をこころみたこと、発酵中にアッサンブラージュを行ったことが委託醸造時代との相違点となります。

 品種ごとに熟期を見極めながら収穫。密閉型バルーンプレスによりホールパンチプレス(全房搾汁)。果汁を澱下げした後、上澄みを他の容器へ移動。野生酵母によりゆっくりと発酵を始めました。
 発酵中にアッサンブラージュ、混醸へ移行。発酵期間約6カ月。ロングフライトとなった発酵から瓶詰直前の期間、ワインは澱の上にあったことになります(シュール・リー)。発酵及び貯蔵はステンレスタンク。瓶詰時に少量の亜硫酸を添加。清澄、ろ過等の介入はありません。
瓶詰日 2020年6月6日。瓶詰本数1077本 アルコール度数13.4%
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,300 (外税) 
【オイリーさ、蜜のニュアンス、熟したフルーツが見事なブレンデッド・ホワイト・ワインです!】
 いや~・・見事な色合いですね~・・まさに、そこから想像される通りの、そして「無垢」な味わいを感じさせてくれる見事な「白」でした!これは美味しい!

 昨年の、二年目のルメルシマン白とも、全く異なる味筋です。ヴィンテージの背景を感じますね。温暖さの在る、でも葡萄は非常に良く熟したことが伺えます。

 蜜っぽい見事な熟由来のアロマと味わいがします。スルスルッと入ってくる感じがまた良いですね。岩石由来の土壌・・大陸型では無い、日本の土地独特の味わいを上手に表現されていると感じます。

 ワイン自体の出来が非常に良いので、ややをしますと、葡萄がまだ若いことを忘れてしまいますが・・まだまだ始まったばかりなんですよね。これはちょっと・・末恐ろしい感じがします。

 申し訳ありませんが、こちらも1000本ほどしか生産されていません。Noisy wine にも少量の入荷ですので、お一人様1本限定にて・・また、これのみでは赤字になってしまいますので、他の生産者さんのワインと一緒にご購入をご検討くださいませ。お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【二年目のルメルシマンです!・・大町の葡萄の生命、エナジーを感じる見事な味わいです!】

 いいですね~・・。葡萄に力を感じます。色合いも色々な葡萄を混醸しているのが判る、

「そのような色」

をしています。ピノ・ノワールも8.5%、グリも7.6%ほど入っているようですので、その影響のある、ただ白く透き通った色合いでも、樽の色を溶け込ませたような色でも有りません。淡く複雑に色付いている感じです。

 ファーストノーズはふっくらとした感じのイメージ、まだハッキリとしたものにはなっておらず成長中、もう少し休ませたいと言う感じです。味わいは、日本のワインには多いタイプの、「焦点がハッキリしない」ものでは無く、中心からふっくらと厚みのある円を感じさせてくれます。中域もしっかり膨らみ、そこから余韻に掛けて複雑かつ繊細な旨味とノーズに戻ってくる香りが非常に心地良いです。

 2018年も非常に良いですね。ワインを判っていらっしゃる方が醸造している感じがします。葡萄が成長し、畑に自生する菌が安定してきたら是非自然酵母で仕込んでいただけるとナチュラル感がアップするかと思います。

 まぁ、そんな勝手なことを言ってはいますが、実はそれは簡単そうでいて非常に難しいことです。昔から葡萄を造っていた土地では無いでしょうし、様々な環境は時間を掛けて育って来ます。

 虫も、鳥も、猪とか鹿とかの動物も、そして土も岩も水も太陽も空気も、さらには人間でさえも、そんな菌類・・菌と言うと変に聞こえるかもしれませんが、酵母などの菌類もそんな循環的な環境で育ちます。

 2018年ものは1111本のみ、造れたそうです。noisy もテイスティングさせていただきましたんで、すでに1並びの残数では有りません。

 また、日本の古来の酒類の流通による価格付けがされているので、非常にマージンが低いです。1本で発送しますと完全に赤字です。なので、誠に申し訳ありませんが、同額以上、他のアイテムをお買い上げいただくことが条件になります。ご容赦ください。

 それに是非、フェルム36さんのブログもご覧ください。言葉は少ないですが、豊かな自然が育む様々な写真が美しいです。ご検討くださいませ。

北アルプス山麓農場 矢野園


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【うおっ!・・これは・・!】

 何しろ入荷数は6本です・・。年間20ケースの仕入れを予定させていただきましたが、それは何と2017年ものの全生産量を超える数字でした・・。


「初年度は余りお渡しできませんですみません・・」

と矢野さんから言われてましたが、ここまで少ないとは思ってもいませんでした。


 しかし・・飲んでみて判りましたよ。


「葡萄の樹は若いが葡萄のポテンシャルは一般の日本のワインのものとは桁が違う」

 これは飲まれた方はすぐにご理解いただけるんじゃないかと思います。


 今回の2017年ものに関しましては、味わいがどうこう・・言うつもりは有りません。勿論、美味しいですよ。ポテンシャルもたっぷりです。通常の日本のワインに慣れた方なら、

「・・ほ~!・・しっかりしてる!」

と感じられると思います。


 ただしそんな生産量ですので、煽りになるのを避けたいと思っています。なので、

「純粋にワインを愛し勉強したいと思っていらっしゃる方」

「矢野さんのワインを応援する気持ちの有る方」

にお分けさせていただきたいと思っています。



 ひとつ、ふたつ・・これを言っておきたいと思うことが有ります。

 ひとつは、この時のテイスティングはミシェル・ニーロンの2014年ブルゴーニュ・ブランを先に飲み、続いてこのルメルシマンを飲み、またニーロンに戻っています。

「ルメルシマン、しっかり付いて行けてるんです!」

 これって・・凄いことだと思います。色々有りますよ・・収穫できたすべての葡萄を一緒に仕込んだ混醸の件とか、醸造された小西さんのこととか・・でも、それで充分じゃないでしょうか。後は幸運にも購入できた方の感性にお任せしようと思います。

 また、二つ目として・・

「飲まれる温度に気を付けてください。」

 とお願いしたいと思います。


 非常にドライで甘みは有りません。酸の美味しさが光ります。・・が、

「冷やし過ぎると正当な評価が出来ない」

ことは間違いありませんので、暑いからと言って冷蔵庫でキンキンに冷やして飲まれるような飲み方は禁物です。


 むしろ、高級シャルドネのように、15度ほどで飲まれてください。もしくはもっと高くても良いですよ。ピノ・ノワール並みの16度~17度でも良い・・と言うか、その位で飲んでいただきたい位です。


 これからの日本のワイン・・楽しみになってきました。培養酵母では有りますが酸の構成が貧弱な緩いワインでは有りません。


 あ、あと一つお願いが有ります。興味があるけど中々買えないからと言って、矢野さんに迷惑を掛けないよう・・お願いいたします。少しずつ販売量も増えて行くと思います。申し訳ありませんがそれまでお待ちくださいませ。

 また、このワインに関しましては一切値引きしておりません。マージン率が非常に低いんですね。なので新着の謳い文句とは異なりますし、条件を付けさせていただきましたが、なにとぞご了承いただけますようお願いいたします。


2019 Remerciements Pino Noir Zweigelt
ルメルシマン・ピノ・ノワール・ツヴァイゲルト

15411
自然派
赤 辛口
日本
長野
大町
フェルム36
お一人様1本限定 + 同時に他の生産者さんのワインを同額以上

◆◆◆お一人様1本限定 + 同時に他の生産者さんのワインを同額以上、お願いいたします。
■エージェント情報
品種: ピノ・ノワール57.8%、ツヴァイゲルト42.2%
収穫日 10月4.6.7日(ピノノワール)5.7日(ツヴァイゲルト)
 自家醸造になり、少量でも赤仕込みができる体制が整いました。私どもの圃場の黒ブドウは、ピノ・ノワール、ツヴァイゲルト、カベルネ・フラン、メルロですが、前二者、後二者それぞれアッサンブラージュをこころみました。フランス、ブルフォーニュ地方でつくられるパストゥグラン(ピノノワールとガメイをアッサンブラージュ)をイメージしました。
 大町の気候と地質に恵まれた清涼感のある果実味を表現したく木樽の使用はありません。品種ごとに熟期を見極めながら収穫。全房にてステンレスタンクへ投入。野生酵母によりゆっくりと発酵を始めました。
 ルモンタージュとピジャージュを行いながら丁寧に味を抽出したのち、手動式バスケットプレス機にて搾汁。発酵が終わったところでアッサンブラージュ。発酵期間約一か月。ステンレスタンクにて貯蔵を経た後瓶詰。
 瓶詰時に少量の亜硫酸を添加。清澄、ろ過等の介入はありません。瓶詰日 2020年3月23日。瓶詰本数197本 アルコール度数12.3%
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,300 (外税) 
【これは・・これからの矢野さんのワインは、絶対に見逃せないワインになって行くはずだと思わせてくれる見事な味わいです!】
 たった197本のリリースです。ですので当たり前ですが最大でも、それだけの数しか販売されないということですね。

 Noisy wine への入荷も本当に少なく・・数本です。飲むべきかやめるか悩みましたが、先のことを考え、いただくことにしました。・・感動ものでした。

 販売するかどうかも悩みました・・少な過ぎるので。でも、取りあえずは出すことにしました。


 非常にナチュラルで柔らか・・ふっかふかです。濃度も日本のワインには珍しく、しっかり有ります。伸びも非常に良いです。葡萄が若い分、中域、中盤の膨らみに、僅かに粗な部分が見える方もいらっしゃるかもしれません。

 しかしながら、それがもしお判りなら・・もしこの先、樹齢が上がって来たこのビオテイストの赤ワインが、どんなに素晴らしいワインになるかもご想像出来るに違い在りません。

 多くは言わないようにしますが、非常な楽しみをいただいたと感じています。ご検討くださいませ。


2019 Nouveau Yamano Vin Se Blanc
ヌーボー・山のヴァンせ

14839
自然派
白 中口
日本
長野
大町
フェルム36
お一人様1本限定 + 同時に同額以上他の造り手のワイン

◆◆◆お一人様1本限定 + 同時に同額以上他の造り手さんのワインをお願いいたします。
■エージェント情報
品種:シャルドネ(長野県大町市平産、買い葡萄
収穫日 10月4日~6日
山のヴァンセ

 岳都大町ならではの枕詞「山の」Vinは「ワイン」。大町の皆さんは言葉尻に「・・・せ」をつけて話します。標準語の「・・・ね」と同義語でしょうが、北アルプス山麓地方ならではの粋なリズムと親しみを覚えます。

つくりは、Method Ancetrale 直訳すれば「先祖代々の方法」。発酵の終わり澱が沈み切らないとき、発酵による炭酸ガスがシュワシュワした状態で王冠瓶詰を行います。
 これにより、にごり微発泡ワインとなります。澱のうまみとにがみがほのかな甘さと調和し、泡と一体となりフレッシュさをもたらします。澱を除去しない手法の為、瓶内に澱が沈殿しています。綺麗な上澄みを飲むも良し、澱を攪拌させてにごりを飲むもよし、お好みで楽しんでください

 密閉型バルーンプレスによりホールパンチ(全房)プレス。果汁を澱下げした後、上澄みを他の容器へ移動。野生酵母によりゆっくりと発酵を勧めました。発酵期間43日、発酵の終わり、炭酸ガスが残るうちに無ろ過にて王冠瓶詰。醸造過程において少量の亜硫酸を使用しましたが、限りなく0に近い数値です。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,200 (外税) 
【日本酒で言ったら「どぶ✖く」?・・(^^;; この濁りに旨味がギッシリ!豊かでおおらか、ナチュラルな味わいの中に矢野さんのセンス(想像力+緻密な計算+対応力)が漲っています!】
 まぁ、どなたが飲まれても肯定される味わいだと感じました。矢野さんは謙虚でいらっしゃいますので、決して美味しいとか何とか・・はnoisy の様には言いません。どちらかと言うと事務的に、

「・・をやったら・・なったので・・~をして・・こうなりました。」

とだけおっしゃいます。


 でも、ま~本当に楽しいワインです。例えば、酵母をたっぷり使った日本酒とか・・いや、ご存じないかもしれませんが・・元気の良い(良かった?)酵母のニュアンスに満ちたシャルドネです。

 泡は弱く、ピチピチとはしていますが、今のところは抜栓時に吹くようなことな無いと思います。でも、いつものように気を抜かず抜栓してくださいね。勿体無いですし!

 白や黄色の熟したフルーツと、やや軽めだがたっぷりのミネラリティ、ほんのりと甘みが残された味わいで中域がふっくら!・・余韻も柔らかで長いです。硬質な部分の無い、ほんわかと柔らかな味わいで、グイグイとも飲めてしまうし、長く滞留させても微細な表情にも出会えます。

 いや~・・ここまで出来るんですね~・・ビックリした!・・素晴らしい新酒です!・・皆さんに飲んでいただきたいですが、限り無く少ないですので・・すみません。

 また、赤メルロはおそらく市場に余り出ないと思われます。勿体無いのでnoisy もまだ飲んでません・・(^^;; すみません。

 なお、流通経費が掛かると赤字になってしまいますので、申し訳ございませんが、他の造り手さんのワインを同送でお願いいたします。


2019 Nouveau Remerciements Rouge
ヌーボー・ルメルシマン・ルージュ

14840
自然派
赤 辛口
日本
長野
大町
フェルム36
お一人様1本限定 + 同時に同額以上他の造り手のワイン

◆◆◆お一人様1本限定 + 同時に同額以上他の造り手のワインをお願いいたします。
■エージェント情報
品種:メルロー(長野県大町市平野口産、自社管理葡萄)
収穫日 10月14日~17日 瓶詰本数337本 アルコール11.5%

ワイナリー周辺の圃場から自動車で5分くらいの場所にメルロの圃場があります。縁あって今年からFerme36が管理することになりました。
 栽培はボルドー液中心の防除。収穫前、圃場において慎重に病果を整理しました。畝間2.5m、株間2m、グイヨ・ドゥーブル仕立。ワイナリー周辺の圃場と比べると植栽密度は広めです。
 収穫後、一粒一粒を手で除梗(いわゆる「手除梗」)気の遠くなる作業ですが障がい福祉サービス事業所の皆さんが積極的に参加。外した粒をオープントップのステンレスタンクに集め、野生酵母により発酵を進めました。
 ルモンタージュとピジャージュを行いながら丁寧に味を抽出した後、密閉型バルーンプレスにより搾汁。絞られたワインは短期間澱下げを行い、フレッシュな風味を保った状態で王冠瓶詰。醸造過程において亜硫酸の転嫁はありません。サンスフル、ヴァン・ナチュール・ヌーヴォーならではのブドウそのままの果実味、スムースな飲み口を目指しました。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,400 (外税) 
【日本酒で言ったら「どぶXく」?・・(^^;; この濁りに旨味がギッシリ!豊かでおおらか、ナチュラルな味わいの中に矢野さんのセンス(想像力+緻密な計算+対応力)が漲っています!】
 まぁ、どなたが飲まれても肯定される味わいだと感じました。矢野さんは謙虚でいらっしゃいますので、決して美味しいとか何とか・・はnoisy の様には言いません。どちらかと言うと事務的に、

「・・をやったら・・なったので・・~をして・・こうなりました。」

とだけおっしゃいます。


 でも、ま~本当に楽しいワインです。例えば、酵母をたっぷり使った日本酒とか・・いや、ご存じないかもしれませんが・・元気の良い(良かった?)酵母のニュアンスに満ちたシャルドネです。

 泡は弱く、ピチピチとはしていますが、今のところは抜栓時に吹くようなことな無いと思います。でも、いつものように気を抜かず抜栓してくださいね。勿体無いですし!

 白や黄色の熟したフルーツと、やや軽めだがたっぷりのミネラリティ、ほんのりと甘みが残された味わいで中域がふっくら!・・余韻も柔らかで長いです。硬質な部分の無い、ほんわかと柔らかな味わいで、グイグイとも飲めてしまうし、長く滞留させても微細な表情にも出会えます。

 いや~・・ここまで出来るんですね~・・ビックリした!・・素晴らしい新酒です!・・皆さんに飲んでいただきたいですが、限り無く少ないですので・・すみません。

 また、赤メルロはおそらく市場に余り出ないと思われます。勿体無いのでnoisy もまだ飲んでません・・(^^;; すみません。

 なお、流通経費が掛かると赤字になってしまいますので、申し訳ございませんが、他の造り手さんのワインを同送でお願いいたします。


2018 Remerciements Blanc
ルメルシマン・ブラン ノー・ワイン・ノーライフ

14395
自然派
白 辛口
日本
長野
大町
フェルム36
お一人様1本限定 + 同時に同額以上他のワイン

■発売が5月22日ですのでそれ以降のお届け、及びお引渡しになります。ご注意ください。
◆◆◆お一人様1本限定 + 同時に同額以上他のワインをお願いいたします。
■エージェント情報
品種:シャルドネ38% ソーヴィニョン・ブラン24.9% ピノ・ノワール8.5% ピノ・グリ7.6% シュナンブラン3.4% ツヴァイゲルトレーベ8.5% ゲヴェルツ・トラミネール5.2% シルヴァーナー2% その他1.9%
収穫日 2018年9月20~24日
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,000 (外税) 
【二年目のルメルシマンです!・・大町の葡萄の生命、エナジーを感じる見事な味わいです!】
 いいですね~・・。葡萄に力を感じます。色合いも色々な葡萄を混醸しているのが判る、

「そのような色」

をしています。ピノ・ノワールも8.5%、グリも7.6%ほど入っているようですので、その影響のある、ただ白く透き通った色合いでも、樽の色を溶け込ませたような色でも有りません。淡く複雑に色付いている感じです。

 ファーストノーズはふっくらとした感じのイメージ、まだハッキリとしたものにはなっておらず成長中、もう少し休ませたいと言う感じです。味わいは、日本のワインには多いタイプの、「焦点がハッキリしない」ものでは無く、中心からふっくらと厚みのある円を感じさせてくれます。中域もしっかり膨らみ、そこから余韻に掛けて複雑かつ繊細な旨味とノーズに戻ってくる香りが非常に心地良いです。

 2018年も非常に良いですね。ワインを判っていらっしゃる方が醸造している感じがします。葡萄が成長し、畑に自生する菌が安定してきたら是非自然酵母で仕込んでいただけるとナチュラル感がアップするかと思います。

 まぁ、そんな勝手なことを言ってはいますが、実はそれは簡単そうでいて非常に難しいことです。昔から葡萄を造っていた土地では無いでしょうし、様々な環境は時間を掛けて育って来ます。

 虫も、鳥も、猪とか鹿とかの動物も、そして土も岩も水も太陽も空気も、さらには人間でさえも、そんな菌類・・菌と言うと変に聞こえるかもしれませんが、酵母などの菌類もそんな循環的な環境で育ちます。

 2018年ものは1111本のみ、造れたそうです。noisy もテイスティングさせていただきましたんで、すでに1並びの残数では有りません。

 また、日本の古来の酒類の流通による価格付けがされているので、非常にマージンが低いです。1本で発送しますと完全に赤字です。なので、誠に申し訳ありませんが、同額以上、他のアイテムをお買い上げいただくことが条件になります。ご容赦ください。

 それに是非、フェルム36さんのブログもご覧ください。言葉は少ないですが、豊かな自然が育む様々な写真が美しいです。ご検討くださいませ。

北アルプス山麓農場 矢野園


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【うおっ!・・これは・・!】

 何しろ入荷数は6本です・・。年間20ケースの仕入れを予定させていただきましたが、それは何と2017年ものの全生産量を超える数字でした・・。


「初年度は余りお渡しできませんですみません・・」

と矢野さんから言われてましたが、ここまで少ないとは思ってもいませんでした。


 しかし・・飲んでみて判りましたよ。


「葡萄の樹は若いが葡萄のポテンシャルは一般の日本のワインのものとは桁が違う」

 これは飲まれた方はすぐにご理解いただけるんじゃないかと思います。


 今回の2017年ものに関しましては、味わいがどうこう・・言うつもりは有りません。勿論、美味しいですよ。ポテンシャルもたっぷりです。通常の日本のワインに慣れた方なら、

「・・ほ~!・・しっかりしてる!」

と感じられると思います。


 ただしそんな生産量ですので、煽りになるのを避けたいと思っています。なので、

「純粋にワインを愛し勉強したいと思っていらっしゃる方」

「矢野さんのワインを応援する気持ちの有る方」

にお分けさせていただきたいと思っています。



 ひとつ、ふたつ・・これを言っておきたいと思うことが有ります。

 ひとつは、この時のテイスティングはミシェル・ニーロンの2014年ブルゴーニュ・ブランを先に飲み、続いてこのルメルシマンを飲み、またニーロンに戻っています。

「ルメルシマン、しっかり付いて行けてるんです!」

 これって・・凄いことだと思います。色々有りますよ・・収穫できたすべての葡萄を一緒に仕込んだ混醸の件とか、醸造された小西さんのこととか・・でも、それで充分じゃないでしょうか。後は幸運にも購入できた方の感性にお任せしようと思います。

 また、二つ目として・・

「飲まれる温度に気を付けてください。」

 とお願いしたいと思います。


 非常にドライで甘みは有りません。酸の美味しさが光ります。・・が、

「冷やし過ぎると正当な評価が出来ない」

ことは間違いありませんので、暑いからと言って冷蔵庫でキンキンに冷やして飲まれるような飲み方は禁物です。


 むしろ、高級シャルドネのように、15度ほどで飲まれてください。もしくはもっと高くても良いですよ。ピノ・ノワール並みの16度~17度でも良い・・と言うか、その位で飲んでいただきたい位です。


 これからの日本のワイン・・楽しみになってきました。培養酵母では有りますが酸の構成が貧弱な緩いワインでは有りません。


 あ、あと一つお願いが有ります。興味があるけど中々買えないからと言って、矢野さんに迷惑を掛けないよう・・お願いいたします。少しずつ販売量も増えて行くと思います。申し訳ありませんがそれまでお待ちくださいませ。

 また、このワインに関しましては一切値引きしておりません。マージン率が非常に低いんですね。なので新着の謳い文句とは異なりますし、条件を付けさせていただきましたが、なにとぞご了承いただけますようお願いいたします。


2017 Remerciements Blanc
ルメルシマン・ブラン ノー・ワイン・ノーライフ

13607
自然派
白 辛口
日本
長野
大町
フェルム36
お一人様1本限定 + 同時に同額以上他のワイン

◆◆◆お一人様1本限定 + 同時に同額以上他のワインをお願いいたします。
■エージェント情報
品種:シャルドネ33% ソーヴィニョン・ブラン27% ピノ・ノワール14% ピノ・グリ11% シュナンブラン5% ツヴァイゲルトレーベ5% その他5%
収穫日 2017年10月9~11日
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,000 (外税) 
【うおっ!・・これは・・!】
 何しろ入荷数は6本です・・。年間20ケースの仕入れを予定させていただきましたが、それは何と2017年ものの全生産量を超える数字でした・・。


「初年度は余りお渡しできませんですみません・・」

と矢野さんから言われてましたが、ここまで少ないとは思ってもいませんでした。


 しかし・・飲んでみて判りましたよ。


「葡萄の樹は若いが葡萄のポテンシャルは一般の日本のワインのものとは桁が違う」

 これは飲まれた方はすぐにご理解いただけるんじゃないかと思います。


 今回の2017年ものに関しましては、味わいがどうこう・・言うつもりは有りません。勿論、美味しいですよ。ポテンシャルもたっぷりです。通常の日本のワインに慣れた方なら、

「・・ほ~!・・しっかりしてる!」

と感じられると思います。


 ただしそんな生産量ですので、煽りになるのを避けたいと思っています。なので、

「純粋にワインを愛し勉強したいと思っていらっしゃる方」

「矢野さんのワインを応援する気持ちの有る方」

にお分けさせていただきたいと思っています。



 ひとつ、ふたつ・・これを言っておきたいと思うことが有ります。

 ひとつは、この時のテイスティングはミシェル・ニーロンの2014年ブルゴーニュ・ブランを先に飲み、続いてこのルメルシマンを飲み、またニーロンに戻っています。

「ルメルシマン、しっかり付いて行けてるんです!」

 これって・・凄いことだと思います。色々有りますよ・・収穫できたすべての葡萄を一緒に仕込んだ混醸の件とか、醸造された小西さんのこととか・・でも、それで充分じゃないでしょうか。後は幸運にも購入できた方の感性にお任せしようと思います。

 また、二つ目として・・

「飲まれる温度に気を付けてください。」

 とお願いしたいと思います。


 非常にドライで甘みは有りません。酸の美味しさが光ります。・・が、

「冷やし過ぎると正当な評価が出来ない」

ことは間違いありませんので、暑いからと言って冷蔵庫でキンキンに冷やして飲まれるような飲み方は禁物です。


 むしろ、高級シャルドネのように、15度ほどで飲まれてください。もしくはもっと高くても良いですよ。ピノ・ノワール並みの16度~17度でも良い・・と言うか、その位で飲んでいただきたい位です。


 これからの日本のワイン・・楽しみになってきました。培養酵母では有りますが酸の構成が貧弱な緩いワインでは有りません。


 あ、あと一つお願いが有ります。興味があるけど中々買えないからと言って、矢野さんに迷惑を掛けないよう・・お願いいたします。少しずつ販売量も増えて行くと思います。申し訳ありませんがそれまでお待ちくださいませ。

 また、このワインに関しましては一切値引きしておりません。マージン率が非常に低いんですね。なので新着の謳い文句とは異なりますし、条件を付けさせていただきましたが、なにとぞご了承いただけますようお願いいたします。