ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.10.01  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ガイア

イタリア Gaja ピエモンテ
GajaDomaine index -- Open All Column
● イタリアを代表するワイン、ワイナリ-である、アンジェロ・ガイアの、香り豊かなグラッパをご紹介します。

N.V. Grappa Darmagi Castello di Barbaresco
グラッパ・ダルマジ

7898


イタリア
ピエモンテ
ガイア
ワインでは有りません。蒸留酒、グラッパです。
500ML 在庫    ご注文数   本
¥5,150 (外税) 

N.V. Grappa Promis Ca' Marcanda
グラッパ・プロミス

7897


イタリア
トスカーナ
ガイア
ワインでは有りません。蒸留酒、グラッパです。
500ML 在庫    ご注文数   本
¥5,150 (外税) 

N.V. Grappa di Brunello Rennina
グラッパ・ディ・ブルネッロ・レニーナ

7896


イタリア
ピエモンテ
ガイア
ワインでは有りません。蒸留酒、グラッパです。
500ML 在庫    ご注文数   本
¥5,150 (外税) 

N.V. Grappa Magari Ca' Marcanda
グラッパ・マガーリ

7895


イタリア
トスカーナ
ガイア
ワインでは有りません。蒸留酒、グラッパです。
500ML 在庫    ご注文数   本
¥5,150 (外税) 

N.V. Grappa Sperss Castello di Barbaresco
グラッパ・スペルス

7892


イタリア
ピエモンテ
ガイア
ワインでは有りません。蒸留酒、グラッパです。
500ML 在庫    ご注文数   本
¥5,150 (外税) 
【ガイアの本拠、バルバレスコのグラッパです! 】
コスタ・ルッシ のみ700MLで、他は500MLのグラッパです。コスタ・ルッシとスペルスは色がしっかり付いていますが、ダルマジ(カベルネ)は透明です。

因みに正規品では有りませんが、コンディションに問題は無いです。ワインをちょっと飲み足りない時・・・小腹がすいてチョコレートでも食べようかな・・などのシュチュエーションにぴったりです。まあ、飲みすぎるとロクなことには成らないし、寝る前に歯を磨かないといけません・・・(なんか、ドリフのノリに近いですが・・あ、ドリフターズも最近の方は良く知らないですよね。ビートルズの来日の際には前座もこなしたバンド・・コミックバンドです。8時だよ、全員集合は・・我々世代は見てましたよね!・・)ご検討くださいね。


1969 Barbaresco Dirty Label
バルバレスコ Dirty Label

13123

赤 フルボディ
イタリア
ピエモンテ
ガイア
エチケッタ・キャプスュルの紙巻部分に欠損・汚れ等ございます。

■エージェント情報
 1859年にバルバレスコ村に設立された「ガヤ」は、代々着実にその品質を 向上させてきた由緒あるワイナリーですが、同社が決定的に世界中からの 注目を浴びるようになったのは、4代目当主、アンジェロ・ガヤ氏の活躍によるものでした。
 アンジェロは、今やイタリア高級ワイン醸造において常識となっている「フレンチオークを使ったバリック熟成」を初めて導入し、フランスワイン品種であるカベルネ・ソーヴィニヨン等の栽培を始めたのです。この事で、ガヤは自社ワインの質を一気に向上させただけでなく、イタリアワインそのもののイメージアップに貢献することとなりました。
 また、ガヤのこだわりで有名なのが、その「コルク」。通常ワインに使われるコルクの長さが4~5cmであるのに対し、ガヤのものはサルデーニャ島産特注品で6cmと異例の長さを誇っており、品質保持のためにはコスト増大も厭わないアンジェロの姿勢がここから見て取れます。
 こちらはガヤ・ファミリーが誇るフラッグシップ・ワインであり、それと共に、イタリア全土における偉大な赤ワインの一つでもある「バルバレスコ」です。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥30,800 (外税) 


1974 Barbaresco(B) Dirty Label
バルバレスコ(B) Dirty Label

13124

赤 フルボディ
イタリア
ピエモンテ
ガイア
こちらはB品(欠損・汚れ有りな方)です。
■エージェント情報
 1859年にバルバレスコ村に設立された「ガヤ」は、代々着実にその品質を 向上させてきた由緒あるワイナリーですが、同社が決定的に世界中からの 注目を浴びるようになったのは、4代目当主、アンジェロ・ガヤ氏の活躍によるものでした。
 アンジェロは、今やイタリア高級ワイン醸造において常識となっている「フレンチオークを使ったバリック熟成」を初めて導入し、フランスワイン品種であるカベルネ・ソーヴィニヨン等の栽培を始めたのです。この事で、ガヤは自社ワインの質を一気に向上させただけでなく、イタリアワインそのもののイメージアップに貢献することとなりました。
 また、ガヤのこだわりで有名なのが、その「コルク」。通常ワインに使われるコルクの長さが4~5cmであるのに対し、ガヤのものはサルデーニャ島産特注品で6cmと異例の長さを誇っており、品質保持のためにはコスト増大も厭わないアンジェロの姿勢がここから見て取れます。
 こちらはガヤ・ファミリーが誇るフラッグシップ・ワインであり、それと共に、イタリア全土における偉大な赤ワインの一つでもある「バルバレスコ」です。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥29,990 (外税) 


1974 Barbaresco(A)
バルバレスコ(A)

12991

赤 フルボディ
イタリア
ピエモンテ
バルバレスコ
ガイア
こちらはA品(綺麗な方)です。
■エージェント情報
 1859年にバルバレスコ村に設立された「ガヤ」は、代々着実にその品質を 向上させてきた由緒あるワイナリーですが、同社が決定的に世界中からの 注目を浴びるようになったのは、4代目当主、アンジェロ・ガヤ氏の活躍によるものでした。
 アンジェロは、今やイタリア高級ワイン醸造において常識となっている「フレンチオークを使ったバリック熟成」を初めて導入し、フランスワイン品種であるカベルネ・ソーヴィニヨン等の栽培を始めたのです。この事で、ガヤは自社ワインの質を一気に向上させただけでなく、イタリアワインそのもののイメージアップに貢献することとなりました。
 また、ガヤのこだわりで有名なのが、その「コルク」。通常ワインに使われるコルクの長さが4~5cmであるのに対し、ガヤのものはサルデーニャ島産特注品で6cmと異例の長さを誇っており、品質保持のためにはコスト増大も厭わないアンジェロの姿勢がここから見て取れます。
 こちらはガヤ・ファミリーが誇るフラッグシップ・ワインであり、それと共に、イタリア全土における偉大な赤ワインの一つでもある「バルバレスコ」です。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥40,500 (外税) 
【アンジェロ・ガイアが活躍し始めた頃のバルバレスコです!非常に希少!是非ご検討ください!】
 アンジェロ・ガイアのバローロ、古酒です。昨今は非常に高価になってしまった70年台と60年台ですが、アンジェロ・ガイアがカンティーナに入って活躍し始めたのが60年台と言われていますから、完全に全て自身でやっていたかどうかは判らないとしても、確実に関与はしていたと思われます。

 親父さんを、

「なんてこった!(ダルマジ!)」

と嘆かせた・・頃でしょう。


 因みに書いてある意味が全く不明の方もいらっしゃるかもしれないので記載させていただきますが、アンジェロがネッビオーロの古木を引き抜いてカベルネ・ソーヴィニヨンを植えた時の・・一言です・・親父さんもお優しい方だったんですね~。

 ブルゴーニュに視察に行って衝撃を受けたアンジェロは、ピエモンテに戻って改革を始めます。やはり大きかったのは

「バリックの使用」

でしょう。


 ただし、勘違いしないでいただきたいのは、現在のバローロ・ボーイズのようなスタンスでは無い・・と言うことですね。あくまで・・バリックは使用するが大樽もしっかり使用しています。むしろバリック使用は大樽に入れる前に1年ほど(と聞いたように思います)で、後の何年かは大樽なんですね。

 なので、バローロ・ボーイズとは違うスタンス、造りになります。

 1974年は良い年です。さすがにグレートイヤーの1971年には及びませんが、noisy もその昔、エレガントながらエキスの充実した素晴らしい1974年を飲んでいます。どこかにその面影が無いかな・・と思って探したんですが見当たらず、店の入り口に1973年ものの空き瓶が飾って在りました・・って自分でやったんでしょうけどね。完全に忘れてしまってます。1973年ものはさらに淡く、しかしエキスも綺麗で、まるで良い感じに熟したブルゴーニュワインのようだったと記憶しています。ボトルが残っている位ですから、そんなに古い話では無いでしょう。

 この1974年ものはA品とB品で分けています。色合いなどはほぼ変わらず・・と言うか、区別するのは難しいほどですが、エチケッタの状況が異なります。

 写真を見ていただければお分かりの様に、A品は比較的綺麗です。B品の方はやや汚れが有り、破れなども有ると思ってください。

 しかし、高いA品がB品よりも必ずより良い・・とは限りません。色合いなどでは差が無いので、B品はお得かもしれません。

 因みにA品とB品は供給元が違いますので、仕入れの価格も違う・・と言う訳です。色合いは濃く無く、しかし非常に綺麗な色をしています。


 1969年ものはグレートイヤーでは有りませんが、全くのオフでも有りません。そろそろ「半世紀」ですからね・・。非常に希少です。

 状態は、1974年もののB品に近い感じで、破れ、汚れ、欠損などは見受けられます。キャプスュル周りの紙巻きなども破れていたりします。

 まぁ・・そろそろ半世紀ですからね・・そういうものです。反対に余りに綺麗だったら・・怪しいです。蔵出しが有ったなら別ですが、無いのにピカピカ・・と言うことは有りませんし、もし蔵出しだとしたら、こんな価格で出て来るはずがないんですね。

「とてつもなく高い価格になる」

と思います。


 高騰しているフランスワインを考えれば、もしくは、現状のガイアの近年ものを考えれば、プライス的には魅力の有るものと思われます。

 しかしながら、古酒には危険もつきものです。確実に素晴らしい・・と決めつけることは出来ませんし、抜栓時のミスでワインを台無しにしてしまうことも有ります。

 それでも50年ものに近いガイアのバルバレスコですから、正に今、我々のヴィンテージと言えると思うんですね。74年、69年生まれの方もいらっしゃるでしょうし、ワインは大好きだが自分が生まれた頃のワインなんて飲んだことが無い・・とおっしゃる方も多いでしょう。

 ワインの魅力は、もちろん、新しいワインにはそれなりの魅力が有りますが、熟してこそ発揮してくる豊かな表情が存在します。

 もし、これをブルゴーニュでやろうと思ったら・・今はもう・・無理かもしれませんが、偉大なイタリアワイン・・それも単一セパージュですので、何とか経験してみていただきたいな・・と思います。ご検討くださいませ。