ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.11.19 
Last Update 2020.11.19  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

(株)平孝酒造

(株)平孝酒造

日本 Hirakou Syuzou 宮城
●宮城県は漁業の町、石巻にある「日高見」を醸す「(株)平孝酒造」をご紹介します。

 創業 文久元年(1861年)、蔵は太平洋と北東北を縦断する北上川の河口に開けた石巻は、江戸時代伊達藩と南部藩の米の集積地として栄えた港町にあります。
 酒名の「日高見」は日本書記の中に「土地沃壌えて広し」と記されているように、その昔太陽の恵みを受ける国「日高見国」と称えられ、その中央を流れる川「日高見川」が後に北上川と呼ばれる様になり郷土と深い関り合いがある事に因んで命名しました。追求する酒造りは「一麹、二もと、三造り」を基本として、上品で格調高い香りを目標としています。


N.V. Hitakami Junmai-Ginjou Karakuchi Yasuke
日高見 純米吟醸 辛口 弥助

13002


日本
宮城
(株)平孝酒造

■使用米:宮城県産蔵の華 精米歩合:50%
720ML 在庫    ご注文数   本
¥1,800 (外税) 
【魚に良く合う味吟醸!特に「寿司」に合わせて欲しい・・と言う思いから「弥助」と名付けました!ふくよかな辛口の男酒です!】
 おそらくです初めてのご案内になると思います、平孝酒造さんの「弥助」です。

 平孝酒造さんは文久元年と言いますから幕末頃ですね。盛岡にある「菊の司」さんから分かれて創業されたと聞いています。歴史の長い蔵です。

 やはり先だっての東北大震災で被災されかなりの被害を出されましたが、それでも残った醪(発酵中の酒)から出来たお酒のことは話題になりました。

 また、石巻と言う土地柄も有り、やはり「魚」だよね~・・と言うことで、如何にワインファンでワインしか飲まんぞ~・・と決めていても、「貝」とか「お寿司」に良く合う日本酒が欲しいな~・・と言うシュチュエーションは有りますよね。

 そんな時はこの「弥助」が良いですよ。「味吟醸タイプ」で通常の「吟醸」のように吟醸の香りの強いタイプでは無いんですね。なので、如何に新鮮だとは言っても、獲れた傍から食す訳じゃありませんから、魚貝には腐敗臭が付きものです。

 特に高級なシャルドネなどの白ワインを魚介・寿司に合わせるとなると、これは至難の技になります。もっとも、そこまで繊細な「お鼻の感覚」を持ち合わせて無いと豪語される方には無用かもしれませんが、ほんのわずかな腐敗臭に、それまで、

「・・おっ!旨そう!」

と期待して食事に臨んだ魚介まで、

「(・・・)」

となってしまう可能性も否定できません。


 味筋としましては、しっかりと濃厚、しかし全く残糖感無し、上立香無し・もしくは極少、厚み有り、余韻長し・キレ良しです。

 ちょっと「四季桜」の火入れにも似たニュアンスでは有りますが、ほんの少しだけゴツイかな・・男っぽいかな?と言うような感じでしょうか?

 この吟醸香を抑えた深めの味わいが、良い加減に絞まった魚介をさらに美味しくしてくれるでしょうし、酢飯に合うと思います。

 お燗をされるのでしたら「ぬる燗」が良いです。熱くしちゃうと「激辛」でキビシイですのでご注意ください。

 お酒の名前も、古代の東北地方に存在したかもしれない「日高見国」から拝借したものでしょう。北上川(きたかみがわ)と言うのは日高見国から来ている・・と言うような話しも有りますし、神社の祝詞で・・良く判りませんが、

「日高見国を安国と定め奉りて~」

みたいなのをテレビかなにかで見たことが有ります。

 生では有りませんので保存は冷蔵庫でなくても大丈夫かと思いますが、noisy のところでは冷蔵保存ですから、温かい所に出しておくとラベルがふにゃふにゃになるかもしれませんのでご注意くださいね。お勧めします。本格派の男酒、魚酒です!