ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.01.22 
Last Update 2021.01.22  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

イ・マンドルリ

イ・マンドルリ

イタリア I Mandorli トスカーナ
I MandorliDomaine index -- Open All Column
● トスカーナはスヴェレートのワインをご紹介させていただきます。写真でお判りのように、やはり女性が造るビオディナミコのワインです。

 スヴェレートと言えば、最も著名なのはやはりトゥア・リタでしょうか。(noisy も一時はハマってまして、随分と頑張って販売していました。)

 その土地で、自然酵母、ビオディナミコで大樽-->セメント槽と言う流れですが、その事実から想像されるワインの姿と、目の前のグラスで感じられる姿が一致しないんですね・・いや、良い意味で・・。

 つまり、単純にビオだとして、物凄くナチュラルで、それ一辺倒か?と言われると・・それは全然違うと感じます。

 解放の大樽で発酵させてセメント槽貯蔵・・でイメージできる部分も、単純に大樽貯蔵では無いにせよ、いわゆる「大樽系」の味わいなのか?・・と言われるとそれも違う・・と思ってしまいます。


 何せ、目の前のグラスに入っているワインは、フランス品種だったり、トスカーナの高貴種「サンジョヴェーゼ」だったりするんですが、例えば、中域の密度に乏しいと思われがちなサンジョヴェーゼの姿はそこには無いんです。しかしながらとてもナチュラルに思えてしまう・・。と思った瞬間、余りのピュアな果実に・・「これはナチュールなのか?」とも感じてしまいます。

 ところが、全体像を感じる余韻の後、

「・・いや、これはもしかしたら相当に凄いワインなんじゃないか?」

と言う気持ちにもなってしまうんです。


 確かに、スヴェレートのトゥア・リタを思わせるような密度の高さを持っています。その上でナチュラルでも有る・・が、輪を掛けてピュアに感じられるんですね。


「・・サンジョヴェーゼ?・・なんか、薄いよね・・」

と感じられていらっしゃる方には、万全の味わいでしょう。


「ビオディナミ?・・いや、あんまりナチュラルナチュラルしてるのはどうも・・」

と思われる方には、物凄くピュアな味わいですので、とてもお勧めです。


 このイ・マンドルリ、noisy も良く判って無いんですが、今までには無かったタイプのヴァン・ナチュールと言えるかもしれません。スタイリッシュでファッショナブルなボトル、エチケッタなども素敵です。是非ともお試しくださいませ。


2012 Vigna alla Sughera I.G.T. Toscana
ヴィーニャ・アッラ・スーゲラ I.G.T. トスカーナ

14834
自然派
赤 フルボディ
イタリア
トスカーナ
スヴェレート
イ・マンドルリ

■エージェント情報
 サンジョヴェーゼ100%。サンジョヴェーゼの区画ヴィーニャ・アッラ・スーゲラから生まれるフラッグシップキュヴェ。手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して、オープントップの発酵層で野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。温度管理も一切行わない。2~3週間の果皮浸漬の後、2500リットルの大樽で10~12ヶ月熟成。さらにセメントタンクで5~6ヶ月熟成させた後、無清澄・無濾過で瓶詰め。さらにセラーで最低12ヶ月熟成させてからリリース。SO2は、ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰め前に限り必要最小限のみ添加する。年間平均生産量3000本。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥4,880 (外税) 


2016 Vigna alla Sughera I.G.T. Toscana
ヴィーニャ・アッラ・スーゲラ I.G.T. トスカーナ

14798
自然派
赤 フルボディ
イタリア
トスカーナ
スヴェレート
イ・マンドルリ

■エージェント情報
 サンジョヴェーゼ100%。サンジョヴェーゼの区画ヴィーニャ・アッラ・スーゲラから生まれるフラッグシップキュヴェ。手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して、オープントップの発酵層で野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。温度管理も一切行わない。2~3週間の果皮浸漬の後、2500リットルの大樽で10~12ヶ月熟成。さらにセメントタンクで5~6ヶ月熟成させた後、無清澄・無濾過で瓶詰め。さらにセラーで最低12ヶ月熟成させてからリリース。SO2は、ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰め前に限り必要最小限のみ添加する。年間平均生産量3000本。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥4,620 (外税) 
【エレガントで豊かな中域を見せるピュアでナチュラルなビオのサンジョヴェーゼ!・・って、飲んだことあります?】
 イ・マンドルリのワインについて色々書いて来ましたが、飲めば飲むほど・・今までの自身の感覚を修正しなければならない羽目に陥ることを強制されているような気になってしまいます。

 まぁ、トゥア・リタのサンジョヴェーゼ100%のペルラート・デル・ボスコは普通に理解出来ます。完全に守備範囲内です。

 でも、

「サンジョヴェーゼ100%でビオで大樽で・・結果がこれなの!!?」

になってしまいますから・・もう、ワインとしては大賛成!で、滅茶美味しい!・・と思っている心と、

「・・いったい・・どうしてくれるんだ!」

と言う怒りに近い感情?がせめぎ合ってしまいます。


 もう、普通以上に完全な仕上がりなんですよ。でもビオだから・・どこか、僅かにでも破綻した証拠を嗅ぎ取ってやろう・・とするじゃないですか・・テイスターとしたら・・。でもどこにもそんなものは無いんですね。検出限界です。

 解放の大樽仕込みからの大樽熟成・・これはまだ判りますよ。でも大樽で熟成した結果の「酸化」が中々見当たらないんですね。だから、大樽系だよと中々素直に言えないんです。

 そして、ワインから伝わって来る「ほんわか」とした柔らかで温かいニュアンスは、セメント槽的だとは判ります。しかし、非常にピュアで・・ビオだと思って臨む心を超えてピュアです。酸も美しいし、全体としても丸く優しい・・エレガントでも有ります。

 どこか平板なところを感じやすいサンジョヴェーゼでは有りますが、

「・・あれ・・これ、サンジョっぽさも有るけど・・100%なの?」

と・・思わず口走ってしまうかもしれないほど、充実した上でのエレガンスが有ります。タイトさは感じません。



 上の写真は2016年もの、下の写真が2012年ものです。その差はほんのりと熟し、僅かなブケが出て来た2012年に対し、そのブケのトッピングとそれ由来の複雑性が伴わない2016年・・と言うだけのようにも感じます。どちらも非常に美味しく、楽しく飲ませていただきました。

 普通にグラスの底が見えるサンジョヴェーゼなのに充実しているんですね。そして、何度も言いますが、とてもピュアです。そこにそこはかとなく「ナチュラルさ」が忍び寄って来る感じです。

 こんなに真ん丸な・・球体を感じさせるサンジョヴェーゼには、中々お目にかかった記憶が探せないのことに苦労してしまいました。おそらく皆さんも、

「こんなサンジョヴェーゼ、初めてかも!」

と思っていただけると思います。


 これがスヴェレートのサンジョヴェーゼなのか?・・テロワール由来の出来事なのか、それともマダレーナさんの個性なのか、まだ判断できないでいます。是非この素晴らしいヴィーニャ・アッラ・スーゲラ・・・あ、スーゲラと言うのは「コルク樫」のことですね・・皮がコルクになる樹木です・・おそらく畑に植わっているのかと思います・・、是非味わってみていただきたいと思います。超お勧めです!


2016 Vigna al Mare I.G.T. Toscana
ヴィーニャ・アル・マーレ I.G.T. トスカーナ

14835
自然派
赤 フルボディ
イタリア
トスカーナ
スヴェレート
イ・マンドルリ

■エージェント情報
 カベルネ・ソーヴィニョン85%、カベルネ・フラン15%
カベルネの区画ヴィーニャ・アル・マーレから生まれるもう一つのフラッグシップキュヴェ。
 手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して、オープントップの発酵層で野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。温度管理も一切行わない。2~3週間の果皮浸漬の後、25ヘクトリットルの大樽で10ヶ月熟成。さらにセメントタンクで5~6ヶ月熟成させた後、無清澄・無濾過で瓶詰め。さらにカンティーナのセラーで最低12ヶ月熟成させてからリリース。SO2は、ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰め前に限り必要最小限のみ添加する。2016年9月10日収穫。総生産量1000本。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥4,620 (外税) 
【フランス品種で仕上げたヴィーニャ・アル・マーレはトゥア・リタへのオマージュか、挑戦状か?!】
 ん~・・どこかトゥア・リータのジュスト・ディ・ノートリとの共通点なのか、いや、もっと全然ピュアだしナチュラルだぞ!・・とそれとなく言っているようにも感じるヴィーニャ・アル・マーレです。

 「マーレ」はおそらく「海」でしょうから、昔は海だった畑を名乗ったのかな・・と思います。違ったらすみません。

 雄大さと、物凄い健康さと、底から湧き上がるようなエナジーをエレガントに表現した見事なフレンチ・セパージュのワインです。引っ掛かる部分や突出した部分が無く、テクスチュアは見事にシルキーです。

 この色彩だと、「濃いかな?」と想像させますが・・違うんですね。薄くは無いですが濃くは無いです。充実していますが結局、エレガントなんですよ。

 カベルネ・ソーヴィニヨン主体にカベルネ・フランをセパージュしていますんで、重くならずに華やかなんですね。

 トゥア・リタのジュスト・ディ・ノートリは、そこにメルロを10%位、入れていると思います。その分、もっと押し出しが強いですかね。何より異なるのは「ピュア感」で有り、「ナチュラル感」だと思います。


 そして、自然派系の生産者は、結構に地場品種に拘ります。そんな傾向が多いと思いますが、マダレーナさんは違うんでしょうね。イケイケの陽気なイタリアンなのか・・と思いきや、結構に現実主義なのかもしれません。マダレーナって観光地がスペインに有ったと思いますが・・関係あるかな?・・

 まぁ、普通のロッソで充分美味しいんですが、こちらには「偉大さ」とか「凄さ」が乗っかって来ますんで、やっぱり素晴らしいです。是非とも飲んでいただきたい、今までには無かったタイプの「ビオディナミコ」です。価格もトゥア・リタ、ジュスト・ディ・ノートリの半分ほどですよ。ご検討くださいませ。


2018 Rosso I.G.T. Toscana
ロッソ I.G.T. トスカーナ

14814
自然派
赤 フルボディ
イタリア
トスカーナ
スヴェレート
イ・マンドルリ

■エージェント情報
サンジョヴェーゼ85%、カベルネ・ソーヴィニョン10%、カベルネ・フラン5%。ドメーヌのサンジョヴェーゼとカベルネのブレンドによるイ・マンドルリの赤のエントリー・キュヴェ。
 手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して、オープントップのタンクで野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。温度管理も一切行わない。2~3週間の果皮浸漬の後、25ヘクトリットルの大樽で8~12ヶ月熟成。さらにセメントタンクで6~8ヶ月熟成させた後、無清澄・無濾過で瓶詰め。SO2は、ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰め前に限り必要最小限のみ添加する。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,950 (外税) 
【今までに無かったタイプのビオディナミワイン!?・・見事なまでにピュアでほんのりナチュラルな姿なんです・・が、実際はビオ+大樽なガチンコ・ナチュール?!】
 実際のところ、何がナチュラルで有って、何がそうでないのか・・ここは非常に微妙なところです。多くの方が良く判らないまま、今に至っているはずです。言ってしまえばnoisy とて同じことなのかもしれません。

 ビオディナミ、ビオディナミコと言うためには、ただ一つの制限が有ります。それは、

「ビオディナミの調剤を使用すること」

です。


 まぁ、ビオ調剤を使うと言うことは化学的なアプローチで作られた薬品類を使用しないのが前提では有ります。でも、ビオを名乗るにはビオ調剤を使用することのみ・・なんですね。

 しかしながら現在は、どこか、So2の使用を制限、もしくは使わないことと紐付けで捉えられていらっしゃる方もおられるかもしれません。「Sans Nature」と言う言葉も有り、これは「So2不使用」と言う意味になります。でもこれはビオとは無関係なんですね。

 そうは言っても、造り手の意識の中には、

「出来る限りSo2を使用したくない・・それはナチュラルでは無いから・・」

と言うものが有るのは事実です。そして、それがもっと進みますと、

「So2 はどんなことが有っても使わない」

と言うことになる訳です。ここに上記の問題が発生して来ます。


 毎年同じような醸造が出来る訳では無いんですね。天候も異なれば様々な状況に出会い、それはその時の対処になります。健康な葡萄を良い状態で発酵に回せれば、So2 の使用をせずに済むかもしれません。

 しかし最初から使わないとしているなら、その選択は無いことになります。結果としてボラティル値が上がっても対処が及ばず、お酢だかワインだか良く判らないものもワインとして売られている状況が有ります。

 しかししかし・・そんな中でも、So2を使用しなくても、酢酸を出さずに美しいワインに仕上げる方も僅かですがいらっしゃる訳ですね。まぁ、それは、そうなってしまったワイン(元ワイン?)を販売していないだけ・・なのかもしれませんが・・。


 このイ・マンドルリのアイテムを飲んで判ったことは、まずは非常にクレバーな女性だ・・と言うことです。So2を使用しなければならない時は状況に応じて使用しています。しかし、その量は非常に少ないです。ちゃんとした対処が出来る上に、使わなければならないシュチュエーションでも、その量が適切だと言うことだと思います。

 そして、大樽~セメント槽と言う熟成スタイルですが、これがまたクラシカルでは有るんです・・が、出来たワインは、むしろ現代的です。

 サンジョヴェーゼを主に使用しながら、表情が乏しくなってしまうことなく、美しい酸を失うことなく、サンジョヴェーゼのエレガンスを失うことなく、

「中域の見事な張りを演出している」

見事な仕上がりを見せて来ます。


 艶々としていて、一見、サンジョヴェーゼ・グロッソによるワインか?・・と思えるほどの充実した果実を感じさせてくれます。とことん「ピュアな果実」「ピュアなワイン」で有って、それをズバッと見せられてしまうと、ナチュラル・ワインだと言うことを一瞬忘れてしまったかもしれない自分に気付く・・かもしれないのです。

 いや・・とても素晴らしいと思います。少し変わった可愛らしいボトルとエチケットの落ち着いたデザインの中の落ち着いたカラフルな色彩もシミジミ・・素敵です。何より、

「このプライスが素晴らしい!」

と言えます。


 トスカーナの、スヴェレートのテロワールをしっかり感じさせながら凄いバランスで楽しませてくれます。


「マダレーナ・パスクエッティ」

 この名を覚えていただきたいと思います。素晴らしい魅力を持ったワインを造る女性です!お勧めします!