ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.01.22 
Last Update 2021.01.22  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

イル・パラディソ・ディ・マンフレディ

イル・パラディソ・ディ・マンフレディ

イタリア Il Paradiso di Manfredi トスカーナ
● 昨今、世界中で大人気の「イル・パラディソ」のブルネッロ・ディ・モンタルチーノをご紹介致します。一般的なブルネッロを想像して飲むと・・想像と余りの乖離に驚かれるかもしれません・・(^^;;


■エージェント情報
 世界的に人気が高まっている「ブルネロ・ディ・モンタ ルチーノ」。130 を超える生産者が存在する。「イル・パラディソ・ディ・マンフレディ」はモンタルチー ノの町の北東斜面に位置する年産 750 ケース、家族4人だけの小さな造り手。

『1950年に先代がパラディソと呼ばれる畑を購入し て葡萄栽培を開始した。同じ畑、同じ家で今でもワイン造りを続けている』

 彼らは1967年に10人の造り手と共にモンタルチーノ 協会を設立。それ以降の50年間でモンタルチーノは 変わったけれど、彼等は何も変わらない。 現当主は「フローリオ」。元々は数学教師として働いていたが奥さんの実家である「イル・パラディソ・ディ・ マンフレディ」を引き継ぐことになった。

『葡萄樹は家族のように毎日感じていなければいけない。葡萄樹の変化を感じなければ正しい対処はできない。数学ではない』

 2015年家族の支えであった「フォルトゥナータ」お婆ちゃんが亡くなった。しかし、娘の「ジョイア」が本格的 にワイン造りに参加。家族に明るさが戻った。

『畑では一度も薬品が使われたことがない。使う必要がない。自然が葡萄を育て、自然がワインを造る。 人間は手助けをするだけ』

 北斜面の 2.5ha の彼等の畑は7つの段々畑に分かれている。畑にはネギ、ルコラ、ミント、チポッラ等が自生。彼等の食事に使われている。

『害虫対策はその害虫の天敵である益虫を畑に放つことで対応。除草剤も防虫剤も使わない。葡萄樹を支える支柱さえも木製』

 猪や鹿対策は石鹸。石鹸を葡萄樹に吊るしておくと、人間の匂いと勘違いして動物達は近寄らない。畑の表土には無数の穴。これは地中に巣を作る蜂の巣。除草剤や殺虫剤を使っている畑では生きることができない蜂が沢山生息している。

『葡萄は地球上で最も生命力が強い植物。下草や昆虫は葡萄樹の生命力を高めてくれる。生命力が 宿ったワインは生きている』

 樹齢は平均30年程度。表土付近は下草の根が多く、水分の確保が困難なので地下30mまで垂直に根を伸ばしている。

『僕等のワインには海の香がある。根が昔海だった層まで根を伸ばしているから。自然と共存してきた 古い葡萄樹の表現力は強い』

 2003 年のような酷暑も彼等のワインは清涼感さえ感じさせた。葡萄樹は地下深くの水分を手に入れ、焼けることなくその暑さを乗り越えた。

『自然を経験して葡萄樹は強くなる。長い目で見れば気候の変化にも葡萄樹は対応していく。人間が介入すると葡萄樹は逆に弱くなる』

 7 段の段々畑は石灰の強い白い土壌から粘土の強い赤い土壌まで様々。この様々な土壌の葡萄を全て アッサンブラージュしてワインにしている。

『畑毎に分けてワインを造るのは人間の作為。自然 は人間の考え以上のものを造ってしまう。それに魂を込めるのは1つで十分』

 彼等は基本的に1種類のワインしか造っていない。熟成の過程で早目に開いている樽を「ロッソ・ディ・モ ンタルチーノ」としてリリース。

『協会が発表する最良年のみブルネロの樽熟成期間を伸ばしたリゼルヴァを造る。中身はロッソもブルネロもリゼルヴァも同じ』

 収穫は区画毎に熟度を見ながら収穫。通常の造り手よりも1週間程度遅いことが多い。葡萄が種まで熟した時がタイミング。

『収穫日はモスト計などの測定値で決めるのではない。自分達で食べて決める。数値では解らないバランスを感じて決める』

 醗酵は伝統的な20~50hl のセメントタンクで区画毎に行う。セメントタンクに手をあて温度が上がりすぎた時だけルモンタージュを行い温度を下げる。

『発酵後期には香が変わってくる。パンの香が出てきたら樽に移し替えるタイミング。香が変わったタンクから移し替えていく』

 熟成は10年以上使用している古樽。ある程度ワインが安定してきたら全てをアッサンブラージュして、更に熟成を続ける。瓶詰め直前に極少量のSO2を添加するが、発酵から熟成に至るまでは一切無添加。収穫からボトリングまでポンプも使わずに重力だけでワインを移動する。ボトリングも手作業で重力を利用して行われる。

『ワインは飲み物だが、生命力の宿った飲み物。生きているワインを造るには魂を込めなければいけない。ワイン造りは葡萄の生命力がワインに変わっていく手伝い』


2012 Brunello di Montalcino
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

14870
自然派
赤 フルボディ
イタリア
トスカーナ
モンタルチーノ
イル・パラディソ・ディ・マンフレディ

■エージェント情報
 7つの段々畑を区画毎に収穫。セメントタンクで発酵。熟成は伝統的な色々な大きさの古樽。ボトリングまで一切ポンプを使わずに行われる。ボトリングを開始してから30年目の記念すべきヴィンテージ。しかし協会はDOCGブルネッロ・ディ・モンタルチーノに認定しなかった。その為トスカーナロッソ・トレンテンナーレとしてリリース。マンフレディ家にとっても忘れられないヴィンテージとなった。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥12,780 (外税) 
【Wine Enthusiast は96ポイント!・・この静かで物憂げな表情が愛おしいエキス味のブルネッロが滅茶美味しいです!】
 そもそもはサンジョヴェーゼの一種であるブルネッロですから、本来はそんなに「濃い」味わいでは無い・・複雑性に満ちていたとしても・・。

 そう考えてみれば、このマンフレディのブルネッロは、とても理解しやすいと思います。

 しかしながら、ブルゴーニュの繊細で素晴らしいフィネスに満ちたワインを正確に判断できないのに、イタリアのブルネッロとしては、今や異端とも思えるような、静かながら奥にエナジーを秘めたこの味わいに96ポイントも付けられる・・と言うのがnoisy には理解できません。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノとしてはトップクラスの評価です。

 相当昔に飲んだ時は全然ピンと来ませんで、

「・・何だかな・・良く判らん」

と素通りを決め込んでいたんですが、このところ、何故かマンフレディの名を聞くことが多く、しかも、あのサルヴィオーニを凌ぐような評価をされているのを目の当たりにし、

「こりゃぁ今一度、挑戦してみるしかないだろ・・」

と心に決め、1本のボトルに向かった訳です。


 何と言う静けさ!・・そしてその中に灯る情熱のようなエネジーの火!・・チリチリとその火は遠くにいる者に熱量をしっかり伝えて来ます。

 しかし、あくまで静寂の中にある熱情です。すっと消えて行くようで、でも確かにそこに火が灯っていることを感じます。海にいて嵐も無いがコンパスが言うことを聞かない・・夜になってしまった・・どうしよう・・

 そんな時、灯かりが見えたら・・「助かった~!」と安堵するに違い在りません・・が、感触とするとそんな感じなんですね。

 細かいことを言えば、セメントタンクの優しさとか色々有りますよ。エージェント情報に有る、「昔は海の底」もしっかり感じることが出来ます。アンリ・ジャイエのワインのような、低温浸漬によるアロマに似たような、海藻類のようなアロマも感じます。

 こんな化石が畑にゴロゴロしてるようですよ・・。

 めちゃエレガントでナチュラル・・とても自然です。浸透性の高い液体ですから「すっ」と入って来て「すっ」と消えるようなんですが・・消えない・・いるんです。

 これ、本当に海外メディアは判るのかな~・・と不安になりますが、しっかり評価されているようなので・・ビックリですよね。

「たった一つのワインを造っている」

と言う意識の高さから来る表現が、飲む者に伝わっていると言うことの証拠なのかもしれません。是非飲んでみて下さい。お勧めします!