ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。自然派、ブルゴーニュ、イタリアワイン好きな方は是非ご来訪ください。

ラ・カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌ

la Cave de la Reine Jeanne

Last Update 2018.09.10 
□■ メンバーログイン ■□
 
 
送料サービスの詳細はここ!
買い物かごのご使用方法!
ホームページよりお得な価格でご案内しています。しかも更新が早い!メールサービスで完売するワインが続出です。必見!
 ・ALL ABOUT NOISY'S
 NOISY'Sについての情報を公開しているページです。
■シャブリ ■マルサネ ■フィサン
■ジュヴレ=シャンベルタン
■モレ=サン=ドニ
■シャンボール=ミュジニー ■ヴージョ
■エシェゾー ■ヴォーヌ=ロマネ
■ニュイ=サン=ジョルジュ ■コルトン
■サヴィニー ■ボーヌ ■ポマール 
■ヴォルネイ ■サン=トーバン ■マコン
■ムルソー ■ピュリニー ■シャサーニュ
■ボージョレ ■プイィ=フュイッセ
■フランス
  ブルゴーニュ
  ボルドー
  ローヌ
  シャンパーニュ
  ロワール
  アルザス
  ジュラ
  サヴォワ
  ラングドック
  ルーション
  オーヴェルニュ
  マール
  フィーヌ
  ラタフィア
  シードル
■イタリア
  トスカーナ
  ピエモンテ
  フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア
  ヴェネト
  アルト=アディジェ
  アブルッツォ
  エミーリャ=ロマーニャ
  カンパーニャ
  ロンバルディア
  シチリア
  マルケ
  ラッツィオ
  プーリア
  グラッパ
  オリーブオイル
  食品        
■スペイン
■アメリカ
■ドイツ
■ギリシャ
■オーストリア
■オーストラリア
■インド
■ポルトガル
■日本
  ■ ~¥2,600 デイリー価格帯
  ■ ~¥4,200 ちょっとリッチ!
  ■ ~¥5,600 ここはリッチ!
  ■ ~¥7,000 凄くリッチ!
  ■ ~¥10,000 もの凄くリッチ!
  ■ ¥10,001~ 超高級?
  ■ ワイングラス・その他のグラス
  ■ デキャンタ
  ■ ワイングラスケア用品
  ■ ソムリエナイフ
  ■ ワインセーバー
  ■ ラベルレコーダー・コレクター
  ■ コルクキャッチャー
  ■ ワイン地図
  ■ 雑誌
  ■ ~1959年より前
  ■ 1960年~1969年
  ■ 1970年~1979年
  ■ 1980年~1989年
  ■ 1990年~1999年
  ■ 2000年~2009年
  ■ 2010年~
noisy のお奨め
このワインに最適のグラスはこれ!
一押し!
Spiegelau
Vino Grande
4510000
シュピーゲラウ
ヴィノグランデ
ブルゴーニュ
う.美しい.. RIEDEL Sommelieres
リーデル ソムリエ400/16
ブルゴーニュ
 ・グランクリュ
このボウルの形を「ダイヤモンドカット」というそうです RIEDEL Extreme
リーデル ヴィノム
エクストリーム444/07
ピノ・ネッビオーロ
リーデルの一般的なマシンメイド・クリスタル..。定番です RIEDEL Vinum
リーデル ヴィノム416/7
ブルゴーニュ
New!新入荷です。なかなか質感も良いです。 Spiegelau
Gand Palaus Exquisit
Bourgogne
シュピーゲラウ
シュピゲラウ・グランパレ
・エクスクイジット・ブルゴーニュ
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
noisy も普段はこれ..。
ソムリエナイフは必需品です..。これが無ければ..ワインにありつけない..
ワインラベルレコーダー 想い出のワインのエチケット保存に!
最後は記念にエチケットを取っておこう!マグナムタイプもあります。
グラス拭きの優れもの..。東レのトレシーです。毛羽立ちが少なく、仕上がりが綺麗です。
ワインセーバー
Epivac
お馴染みですね。残ったワインの品質を守る「空気抜き器」です。

noisy お奨め!リアルな視点と本音で
綴る..まんま 「
Real Wine Guide


VISA・MASTER、JCB、AMEX、DINERSカードがご使用になれます。SSLで個人情報漏れの心配もありません。
WEBの情報書込みもSSLで安心!
 NoisyWine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
  取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
noisywineをフォローしましょう
◆◆Twitter 開始のご案内
 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine
【 更新情報 】 (↓ 文字をクリックして下さい。)2018/06/28(木)更新
皆さん、こん××は!noisyです。いつも有り難うございます。2018年25回目の新着情報メールサービスです。サッカーのワールドカップ、ポーランド戦の笛が鳴るまであと少しですが有余がございましたらしばしお付き合いくださいませ。












フランス  ■□  la Cave de la Reine Jeanne  □■  ジュラ
ラ カーヴ ド ラ レーヌ ジャンヌ


ラ・カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌは、1997年に生産者からブドウを買い付けるスタイルのネゴシアンとして、ジュラのビオディナミ生産者として注目を浴びるステファン・ティソと妻のベネディクトにより設立されました。
 その後2009年にブノワ・ミュランが共同経営者として加入。
ステファン・ティソが醸造を担当、ブノワ・ミュランが営業を担当しています。(注:現在もティソ氏は株主として会社経営に関わっていますが、自らのドメーヌでも多忙なため、
カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌの醸造についてはドメーヌ・ティソで彼の右腕として10年以上従事していたジェローム・アルヌー氏に任せています。ただ、ティソ氏は今も頻繁にアルヌー氏と話し合いを行い、そのアドバイスに沿って醸造を行っています。)

 ワイン(特にシャルドネ「グラン・ド・ピエール」およびピノ・ノワール「レ・リュサード」)はアルボワでも屈指の歴史あるカーヴにて樽熟成が行われます。

 カーヴ内は2列のオジーヴ穹窿(きゅうりゅう)を支えるアーチ型の支柱が奥まで突き抜けるように整然と並んでいます。

 このゴシック様式の美しいカーヴを建築したのは誰なのでしょう。

 それはブルゴーニュ伯オトン4世の娘で、1316年から1322年までフランス王となるフィリップ5世・長躯王
(フィリップ4世・端麗王の息子)と結婚したジャンヌ。

 フランスの女王となったジャンヌは夫の死後、現在のアルボワ市ブルゴーニュ通り5番地にあたる場所に、自分の母であるアルトワ女伯マティルドと共に、屋敷の中にこの素晴らしいカーヴを建設しました。

 この歴史的建造物は当初、この地方の最高のワインを保存するために
作られましたが、その後建設時のままの形で現在まで残されました。

 メゾンでは御目に適ったブドウを買い付けることにより、伝統的な栽培方法のものと有機栽培のもの双方において提供できるアイテムが増え、
 また表現できるテロワールの幅を広げることが可能となっています。
常にコストパファーマンスの高いワインを提供し続けるカーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌは、設立して間もないうちから多くの愛好家に評価され続けています。



2012 Arbois Vin de Paille
アルボワ・ヴァン・ド・パイユ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12881 90 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 フランス ジュラ アルボワ

■エージェント情報
品種:プールサール70%、サヴァニャン30%
土壌:南、南西向き トリアス紀の粘土質土壌2/3、ジュラ紀中期バジョシアン階の石灰質土壌1/3
植密度:7.000本/ha
醸造、熟成:ブドウは収穫開始直後に摘み取り、「藁のベッド」で覆われたスノコに並べます。4ヵ月半に渡り屋根裏で乾燥させている間、ブドウのもつ糖分、酸、そして香りが凝縮していきます。圧搾は翌年2月に行われます。収量は非常に低く、当初100kgあったブドウから得られる果汁の量は18~20リットルとなります。この非常に甘みのある果汁は、自然に任せてゆっくりと発酵が行われます。(酵母は足さず、発酵具合の調整も行わない。)一年に渡る発酵を経て、14.5度のアルコール分と130gの残糖分のバランスが取れたワインになります。その後、2年間樽にて熟成を行い、2012年初頭に瓶詰め。
味わい:濃い琥珀色をしており、香りは力強く、ドライレーズンやアプリコットといった果実のアロマに、花梨や蜂蜜のノート、そしてスパイスのアクセントが感じられます。口に含むと、凝縮感がありながらも爽やかさとバランスのよさを感じる果実味が広がります。8~10度、単独で、またはアペリティフや、酸味の効いたデザート(タルトタタンやアプリコットタルト)と共にお楽しみいただけます。
飲み頃:30年は熟成のポテンシャルがあります。
375ML 在庫
ご注文数  本
¥4,890 (外税)

【極上のデザートワイン!ヴァン・ド・パイユでは有りますが、麦わらのニュアンスはほぼ無い・・とてもピュアな甘口です!】
 非常に濃厚な甘口極上白ワインです。

 ヴァン・ド・パイユ(藁のワイン)と言う、少し変わった造り方をしますが、イタリアのアパッシメントのワイン、パッシートと似た感じです。

 通常、藁の上で陰干ししますので、その藁のニュアンスが大きかったり少なかったり・・します。でも、このワインの場合、

「藁的なニュアンスの無いピュアなアロマ」

が特徴かと思います。


 色合いもやや薄めのブランデー、もしくはアルマニャックを明るくしたような感じで、照りと粘性が有り、アロマも複雑です。甘いですが酸も充分に存在していますので、ただ甘いだけのダレダレな味わいでは有りませんし、甘味の影でしっかり支えている白いミネラリティが充分に有ります。

 100kg の葡萄から18リットルほどしか取れない・・と言うことで、非常に高価なワインになりますが、それほどまでに「濃密」だと言うことで、ご納得いただけるかと思います。

 個人的にはヴァン・ド・パイユが持つ、ある種の「臭さ」も嫌いじゃ無いので、

「・・少し位、藁っぽさが有っても良いのに・・」

とは思うんですが、一般の方にとっては、そのヴァン・ド・パイユっぽさはネガティヴな評価に向かってしまうのが普通なので、これはこれで良いんだろう・・と理解しています。

 また、酸膜が動いたニュアンスは感じられず、ピュアな味わいを損なうアロマは無いです。フルーツは甘いだけに熟したものを連想させてくれます。この粘性がネクターのように・・でも、これは全く糖分添加していませんので、フルーツ感もリアルになりますし、その砂糖漬けやマーマレードなどの二次製品のニュアンスも含まれます。アプリコットやオレンジピール、イチジク、そして花の精とも言えるハチミツなどですね。

 この見事な色合いと、口内に拡がる贅沢な味わいをやや低めの温度から楽しむ贅沢な時間を過ごしていただけたらと思います。お勧めします。.



2010 Arbois Vin Jaune
アルボワ・ヴァン・ジョーヌ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12880 6463 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 フランス ジュラ アルボワ

■エージェント情報
品種:サヴァニャン100%(クラヴランと呼ばれる620mlボトル)
土壌:トリアス紀の粘土質土壌密植度:7.000本/ha収穫:手摘み
醸造・熟成:除梗後に空圧式プヌマティックで圧搾。タンクにて自然に任せて発酵を行い、228L樽にてウイヤージュ(ワインを継ぎ足すこと)せずに6年間熟成。この間にワインは1/3が蒸発し、ワインを守る酵母の膜が表面
に発生します。軽くフィルターに通したあとに瓶詰め。当蔵の酸化ワインについては、発酵前に少量の亜硫酸(1~3g/hl)を添加するが、酸化熟成後の亜硫酸添加は不要のため行わない。(亜硫酸とアルデヒドが結合するため)
味わい:力強く、複雑味のあるワイン。くるみやスパイス、セロリ、カレーの香り。味わいは、驚くほどにまろやかで、印象的な余韻の長さを持つ。モリーユやトリュフ、キノコを使った料理やカレー風味の料理、熟成したコンテとよく合います。
飲み頃: このワインは若いうちから楽しめますが、50年以上の熟成も可能です。
620ML 在庫
ご注文数  本
¥5,890 (外税)

【2009年も旨かったが2010年の全方向へ膨らみを見せるバランスも最高です!今飲んでも納得の充実さ!非常に素晴らしいと思います!】
 素晴らしいヴァン・ジョーヌです。まぁ、そうは言っても超本格的な・・と言うか、ジュラ的な部分を大きく膨らませたマンモス的ヴァン・ジョーヌが持つ、ある種、エゲツナイほどまでの巨大ヴァン・ジョーヌに比べれば及ばない部分も多々あると思うんですが、それでもこの、

「非常にクリアでピュアな産膜酵母由来の要素を持つタイプのヴァン・ジョーヌ」

の中では、おそらくトップクラスだと感じています。


 何せ、自身で飲んでいても「肯定感」ばかりが続きます。濃い味わいのもの・・これも色々有りますよね・・単に「塩分が濃い」のも有れば、「乳的産物」から生まれる「脂肪が濃い」ものも有り、動物的なそれも有り、魚的なそれも有り、甘味が強いものも・・有ります。

 それらはある種、単独ではまん丸なパレットを描かない、イビツな形をしていますので、短絡的言ってしまえば、その欠けた部分を補うか、そっくり包んでしまうか・・がワインの役目かと思うんですね。

 この素晴らしく複雑なアロマと味わいを持つ稀有なサヴァニャンは、酸膜由来の部分が・・無いとは言わないものの、かならずやほとんどの方が肯定に向かうだろうと思える柔和なものですから、違和感が無いと思うんですね。

 その上で、例えば濃厚な、あるベクトルに突出した部分の有る食材に対し、ベストな振舞いを見せてくれるように感じる訳です。

 なので、この複雑なアロマを愛でつつ、ほんのりと喉の方向に流し入れつつ、その解れ具合を試しつつ、またそこに食材を足したり、普通にその逆をしたりしたとしても、

「そっくり包み込んでしまうのでは無く、掛けた部分を上手い具合に補完してパレットを形成し、ノーズや喉で美味しさとして感じさせてくれ、また再帰的に余韻での丹精な複雑感を感じさせてくれる」

ような感覚を与えてくれます。


 今飲んで非常に美味しいですし、この先も長く成長して行くことが見えるグレートなワインです。


 ただし、もしかしたら・・この酸膜由来の部分に違和感は絶対に感じないだろう・・とは言い切れません。

 それでもワインがお好きなら、食を大事にしたいとお考えなら、是非このような凄いパフォーマンスを持ったサヴァニャンを飲んでいただきたいと思います。一推しです!是非飲んでみてください。


 以下は2009年のこのワインのレヴューです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【物凄い.半端無い潜在能力です!しかもヴァン・ジョーヌとすればとてつもなく綺麗で臭くない!これほどチーズを旨くするワインは他に見当たらないでしょう!】

 まず最初にお断りしておきます。

「産膜酵母系の香りが少しでも入るとダメ・・」

もしくは、

「一般的なシャルドネ等の白の香り以外は受け付けない」

とおっしゃる方は、

「この手のヴァン・ジョーヌの中では非常に美しいアロマを持っている」

のがこのワインですが、おそらく拒否反応が出ると思いますので・・ここはスルーしてください。


 しかし・・こんなに素晴らしいワインなのに、それを知らないと言うのはどうなんだろう・・とさえ言いたくなってしまうほどに、

「ヴァン・ジョーヌとしての資質が大きいにも関わらず、一般的なワインの綺麗さにも通じる」

このヴァン・ジョーヌを、是非とも知ってほしいとも思ってしまうんですね。

 なので、身に覚えが有る方は、

「あ・・、駄目かもしんない」

の後に、

「でも・・そんなに言うならトライしてみようかな・・チーズも大好きだし!」

と思われる方は、是非ご検討くださいませ。



 だいぶ前になりますが、このサヴァニャン100%のアルボワワインが、空前絶後の売れ行きをしまして・・もうビックリでした!・・いや、ポテンシャルはマンモスで、まるでモンラシェ並みでは有るんですが、「やはり産膜酵母系が動いた香りが少し有る」ので、注意喚起もしていたのに・・です。

 それでも、

「最初はビビリましたが、いや~・・凄いワインでしたね・・レーヌ・ジャンヌ!」

とおっしゃってくださる方が多く、非常にうれしく感じた次第です。この下の方にその時のレヴューを掲載いたしますが、今回はその、

「本家本元、元祖麦わらワイン、しかもトップ・キュヴェ?」

である、ヴァン・ジョーヌをご紹介します。


 まぁ・・この色合いをとりあえず、見てくださいよ。非常に濃密なゴールドで、照りが凄いですよね。香りも濃密ですよ・・。

 コンテとか、ウォッシュタイプのチーズとかをお好きでしたらもう・・現在のこの状態で絶品でしょう。滅茶美味しいはずです。しかもヴァン・ジョーヌとすると、

「非常に・・綺麗。独特のクセは瑞々しさとマッチしてとても少ない。」

と言えます。


 もう一度、近い位置で写真を・・

 どうです?・・凄い色合いでしょう?・・非常に濃密ですが、まだ若いです。


 でもまだ完熟には程遠いんですが、この若さがまた良いんですね。チーズをお好きな方は良くお判りかと思いますが、

「完熟してカピカピ気味、もしくはトロトロした感じも旨いけど、ポテンシャルを想像しつつ食べられる若い時の新鮮な味わいも良い」

と思うんですね。


 素晴らしく濃密なゴールドから、ややエキセントリックな蜜、ペトロール、マンモス柑橘。甘い香りが漂います。口に含むとややネットリとした印象から、(もしかしたら)意外なほどにドライな味わい。非常に複雑ながら、まだ解れて来る感じを見せない。しかしこの状態でも中域は適度な膨らみを見せる。柑橘系、ドライフルーツ系のアロマを感じさせながら、(意外にも)キレの良い余韻を見せる。そして数度帰ってくる。

 この状態で質の良いチーズは絶好に合うでしょう。そして30分ほど経過すると・・徐々に来ますよ!徐々に徐々に巨大化してきます。そして要素は、得体のしれないものから、確実な形態を形作り始めます。1時間ほどしますと、やや硬めだったテクスチュアはかなり軟化し、それにつれてフルーツの種類もどんどん増えて行きます。

 ま~・・ポテンシャルは半端ないですが、この2時間ほどの間では、全体像の2割ほどしか想像させてくれないでしょう。半日掛けても3割ほどかもしれません。それでもハッキリ言って充分なパフォーマンスと言えるほど、飲みごたえの有る素晴らしい味わいでした。

 このワイン・・・すみません、あと25年ほど経った時からが飲み頃と言えます。だけど待ってる人間の方が参っちゃいますよね・・。そして50年位は平気で持っちゃうでしょう。そう、たかが5~6千円の白ワインが・・です。あり得ないほどの味わいの複雑さと、アロマティックさの集合体が、このヴァン・ジョーヌで有り、それを造り出しているのが、産膜酵母とサヴァニャンなんです。

 noisy は、これ、滅茶苦茶美味しいと思います。ペトロール系の揮発香(セメダイン・・なんて言い方をする人もいます)は、この手のヴァン・ジョーヌとしますと非常に弱いです・・が、完全に無い訳では有りません。

 カミさんは、この手の香りが全然ダメなんですが、最終的にはなななんと、

「・・美味しいかも・・」

などと言っておりました。


 基本的には、非常に綺麗な自然派系のサヴァニャンです。この凄いポテンシャルに触れてみて欲しい!・・飲み頃なんて気にしないでいいじゃん!・・と思える素晴らしいワインです。お勧めします・・是非ともご検討くださいませ!


 以下は大ブレークしたレーヌ・ジャンヌのアルヴォワ・サヴァニャンのレヴューです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【仰天のポテンシャルです!あの跪いて飲むべき「モンラッシェ」に逼迫する!】

 このサヴァニャンはもう・・開いた口がふさがらない・・凄いポテンシャルです・・。とにかく飲むべし!モンラッシェに迫るポテンシャルを持っています。グイグイなんて・・とても飲めません・・味わうことを要求されるモンスターワインです。

 しかしながら、このポテンシャルは産膜酵母由来のものであり、ほんのちょっとだけ「クセ」が有ります。通常の方ならすぐに慣れるでしょう。「ちと慣れないな・・」と感じられたら、デキャンタに落とすか、15分ほど置いてから飲んでみてください。まるで飲み頃を迎えつつあるような、ボーヌの偉大なシャルドネとほぼ同等のニュアンスを内包しています。複雑ですね~!滑らかですね~!長いですね~・・・!

 因みにこのジュラ特有の産膜酵母のニュアンスは、第一人者と言われる「オヴェルノワ」のように「臭い」ものでは無く、非常に軽いものです。また、あの「フィリップ・ボールナール」のように、まったくそのニュアンスを付けないようなものではありません。ウイヤージュ(補酒)をせず、空気を触れさせることにより産膜酵母が動き、その酵母がまるで「タイムマシン」のように・・ワインを熟成させたようにしてしまうんです!・・めちゃ旨いので是非、このサヴァニャンだけは飲んでみてください。

 シャルドネも旨いんですが、こちらは産膜酵母をほとんど動かしていないので、とてもピュアです。なので、サヴァニャンのような超複雑性は持ち合わせていませんが、どうしても産膜酵母由来の香りが気になってしょうがない・・と思われる方は、このシャルドネをご選択くださいませ!超お勧めの二品です!.



2009 Arbois Vin Jaune
アルボワ・ヴァン・ジョーヌ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12304 6461 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 フランス ジュラ アルボワ

■エージェント情報
品種:サヴァニャン100%(クラヴランと呼ばれる620mlボトル)
土壌:トリアス紀の粘土質土壌密植度:7.000本/ha収穫:手摘み
醸造・熟成:除梗後に空圧式プヌマティックで圧搾。タンクにて自然に任せて発酵を行い、228L樽にてウイヤージュ(ワインを継ぎ足すこと)せずに6年間熟成。この間にワインは1/3が蒸発し、ワインを守る酵母の膜が表面
に発生します。軽くフィルターに通したあとに瓶詰め。当蔵の酸化ワインについては、発酵前に少量の亜硫酸(1~3g/hl)を添加するが、酸化熟成後の亜硫酸添加は不要のため行わない。(亜硫酸とアルデヒドが結合するため)
味わい:力強く、複雑味のあるワイン。くるみやスパイス、セロリ、カレーの香り。味わいは、驚くほどにまろやかで、印象的な余韻の長さを持つ。モリーユやトリュフ、キノコを使った料理やカレー風味の料理、熟成したコンテとよく合います。
飲み頃: このワインは若いうちから楽しめますが、50年以上の熟成も可能です。
620ML 在庫
ご注文数  本
¥5,890 (外税)

【物凄い.半端無い潜在能力です!しかもヴァン・ジョーヌとすればとてつもなく綺麗で臭くない!これほどチーズを旨くするワインは他に見当たらないでしょう!】
 まず最初にお断りしておきます。

「産膜酵母系の香りが少しでも入るとダメ・・」

もしくは、

「一般的なシャルドネ等の白の香り以外は受け付けない」

とおっしゃる方は、

「この手のヴァン・ジョーヌの中では非常に美しいアロマを持っている」

のがこのワインですが、おそらく拒否反応が出ると思いますので・・ここはスルーしてください。


 しかし・・こんなに素晴らしいワインなのに、それを知らないと言うのはどうなんだろう・・とさえ言いたくなってしまうほどに、

「ヴァン・ジョーヌとしての資質が大きいにも関わらず、一般的なワインの綺麗さにも通じる」

このヴァン・ジョーヌを、是非とも知ってほしいとも思ってしまうんですね。

 なので、身に覚えが有る方は、

「あ・・、駄目かもしんない」

の後に、

「でも・・そんなに言うならトライしてみようかな・・チーズも大好きだし!」

と思われる方は、是非ご検討くださいませ。



 だいぶ前になりますが、このサヴァニャン100%のアルボワワインが、空前絶後の売れ行きをしまして・・もうビックリでした!・・いや、ポテンシャルはマンモスで、まるでモンラシェ並みでは有るんですが、「やはり産膜酵母系が動いた香りが少し有る」ので、注意喚起もしていたのに・・です。

 それでも、

「最初はビビリましたが、いや~・・凄いワインでしたね・・レーヌ・ジャンヌ!」

とおっしゃってくださる方が多く、非常にうれしく感じた次第です。この下の方にその時のレヴューを掲載いたしますが、今回はその、

「本家本元、元祖麦わらワイン、しかもトップ・キュヴェ?」

である、ヴァン・ジョーヌをご紹介します。


 まぁ・・この色合いをとりあえず、見てくださいよ。非常に濃密なゴールドで、照りが凄いですよね。香りも濃密ですよ・・。

 コンテとか、ウォッシュタイプのチーズとかをお好きでしたらもう・・現在のこの状態で絶品でしょう。滅茶美味しいはずです。しかもヴァン・ジョーヌとすると、

「非常に・・綺麗。独特のクセは瑞々しさとマッチしてとても少ない。」

と言えます。


 もう一度、近い位置で写真を・・

 どうです?・・凄い色合いでしょう?・・非常に濃密ですが、まだ若いです。


 でもまだ完熟には程遠いんですが、この若さがまた良いんですね。チーズをお好きな方は良くお判りかと思いますが、

「完熟してカピカピ気味、もしくはトロトロした感じも旨いけど、ポテンシャルを想像しつつ食べられる若い時の新鮮な味わいも良い」

と思うんですね。


 素晴らしく濃密なゴールドから、ややエキセントリックな蜜、ペトロール、マンモス柑橘。甘い香りが漂います。口に含むとややネットリとした印象から、(もしかしたら)意外なほどにドライな味わい。非常に複雑ながら、まだ解れて来る感じを見せない。しかしこの状態でも中域は適度な膨らみを見せる。柑橘系、ドライフルーツ系のアロマを感じさせながら、(意外にも)キレの良い余韻を見せる。そして数度帰ってくる。

 この状態で質の良いチーズは絶好に合うでしょう。そして30分ほど経過すると・・徐々に来ますよ!徐々に徐々に巨大化してきます。そして要素は、得体のしれないものから、確実な形態を形作り始めます。1時間ほどしますと、やや硬めだったテクスチュアはかなり軟化し、それにつれてフルーツの種類もどんどん増えて行きます。

 ま~・・ポテンシャルは半端ないですが、この2時間ほどの間では、全体像の2割ほどしか想像させてくれないでしょう。半日掛けても3割ほどかもしれません。それでもハッキリ言って充分なパフォーマンスと言えるほど、飲みごたえの有る素晴らしい味わいでした。

 このワイン・・・すみません、あと25年ほど経った時からが飲み頃と言えます。だけど待ってる人間の方が参っちゃいますよね・・。そして50年位は平気で持っちゃうでしょう。そう、たかが5~6千円の白ワインが・・です。あり得ないほどの味わいの複雑さと、アロマティックさの集合体が、このヴァン・ジョーヌで有り、それを造り出しているのが、産膜酵母とサヴァニャンなんです。

 noisy は、これ、滅茶苦茶美味しいと思います。ペトロール系の揮発香(セメダイン・・なんて言い方をする人もいます)は、この手のヴァン・ジョーヌとしますと非常に弱いです・・が、完全に無い訳では有りません。

 カミさんは、この手の香りが全然ダメなんですが、最終的にはなななんと、

「・・美味しいかも・・」

などと言っておりました。


 基本的には、非常に綺麗な自然派系のサヴァニャンです。この凄いポテンシャルに触れてみて欲しい!・・飲み頃なんて気にしないでいいじゃん!・・と思える素晴らしいワインです。お勧めします・・是非ともご検討くださいませ!


 以下は大ブレークしたレーヌ・ジャンヌのアルヴォワ・サヴァニャンのレヴューです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【仰天のポテンシャルです!あの跪いて飲むべき「モンラッシェ」に逼迫する!】

 このサヴァニャンはもう・・開いた口がふさがらない・・凄いポテンシャルです・・。とにかく飲むべし!モンラッシェに迫るポテンシャルを持っています。グイグイなんて・・とても飲めません・・味わうことを要求されるモンスターワインです。

 しかしながら、このポテンシャルは産膜酵母由来のものであり、ほんのちょっとだけ「クセ」が有ります。通常の方ならすぐに慣れるでしょう。「ちと慣れないな・・」と感じられたら、デキャンタに落とすか、15分ほど置いてから飲んでみてください。まるで飲み頃を迎えつつあるような、ボーヌの偉大なシャルドネとほぼ同等のニュアンスを内包しています。複雑ですね~!滑らかですね~!長いですね~・・・!

 因みにこのジュラ特有の産膜酵母のニュアンスは、第一人者と言われる「オヴェルノワ」のように「臭い」ものでは無く、非常に軽いものです。また、あの「フィリップ・ボールナール」のように、まったくそのニュアンスを付けないようなものではありません。ウイヤージュ(補酒)をせず、空気を触れさせることにより産膜酵母が動き、その酵母がまるで「タイムマシン」のように・・ワインを熟成させたようにしてしまうんです!・・めちゃ旨いので是非、このサヴァニャンだけは飲んでみてください。

 シャルドネも旨いんですが、こちらは産膜酵母をほとんど動かしていないので、とてもピュアです。なので、サヴァニャンのような超複雑性は持ち合わせていませんが、どうしても産膜酵母由来の香りが気になってしょうがない・・と思われる方は、このシャルドネをご選択くださいませ!超お勧めの二品です!.



2011 Arbois Savagnin BIO
アルボワ・サヴァニャン・ビオ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11813 6466 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 フランス ジュラ アルボワ

◆◆◆ noisy もビックリの大セールを記録したハイポテンシャルなサヴァニャンの再入荷です!
 僅かに産膜酵母が動いた痕跡が判りますが、それは微々たるもの。慣れていらっしゃる方なら全く問題無く、この圧巻な味わいを楽しめます。でも僅かでも「ノワゼット系の香り」が入ると受け付けない方は厳しいでしょう。それでも素晴らしい!きっと喜んでいただけるかと思います。

■エージェント情報
品種: サヴァニャン100%(エコセール認証) 土壌:トリアス紀の粘土質土壌向き:東向き及び北西醸造・熟成:除梗を行い、空圧式プヌマティックで圧搾。軽く澱引きした後タンクに入れ、自然に任せて発酵を行う。228L樽に詰め、補酒をせずに、酵母の膜で覆われた状態で澱とともに30ヶ月間熟成。軽くフィルターに通したあとに瓶詰め。当蔵の酸化ワインについては発酵の前に少量の亜硫酸(1~3g/hl)を添加します、酸化熟成後の亜硫酸添加は不要のため行いません(亜硫酸とアルデヒドが結合するため)。味わい くるみやスパイス、セロリなどを思わせる力強い香りのワイン。凝縮した味わいで、余韻にもくるみの風味が感じられ、長く続きます。アペリティフ、軽く胡椒をふった牡蠣、カレー風味やサフラン風味の料理、マッシュルームや白身肉を使った料理、またコンテなどとよく合います。今から既に楽しめるワインですが、30年ほど熟成できるポテンシャルをもっています。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥4,150 (外税)

【仰天のポテンシャルです!あの跪いて飲むべき「モンラッシェ」に逼迫する!】
 このサヴァニャンはもう・・開いた口がふさがらない・・凄いポテンシャルです・・。とにかく飲むべし!モンラッシェに迫るポテンシャルを持っています。グイグイなんて・・とても飲めません・・味わうことを要求されるモンスターワインです。

 しかしながら、このポテンシャルは産膜酵母由来のものであり、ほんのちょっとだけ「クセ」が有ります。通常の方ならすぐに慣れるでしょう。「ちと慣れないな・・」と感じられたら、デキャンタに落とすか、15分ほど置いてから飲んでみてください。まるで飲み頃を迎えつつあるような、ボーヌの偉大なシャルドネとほぼ同等のニュアンスを内包しています。複雑ですね~!滑らかですね~!長いですね~・・・!

 因みにこのジュラ特有の産膜酵母のニュアンスは、第一人者と言われる「オヴェルノワ」のように「臭い」ものでは無く、非常に軽いものです。また、あの「フィリップ・ボールナール」のように、まったくそのニュアンスを付けないようなものではありません。ウイヤージュ(補酒)をせず、空気を触れさせることにより産膜酵母が動き、その酵母がまるで「タイムマシン」のように・・ワインを熟成させたようにしてしまうんです!・・めちゃ旨いので是非、このサヴァニャンだけは飲んでみてください。

 シャルドネも旨いんですが、こちらは産膜酵母をほとんど動かしていないので、とてもピュアです。なので、サヴァニャンのような超複雑性は持ち合わせていませんが、どうしても産膜酵母由来の香りが気になってしょうがない・・と思われる方は、このシャルドネをご選択くださいませ!超お勧めの二品です!.



2011 Cote de Jura Chardonnay BIO
コート・ド・ジュラ・シャルドネ・ビオ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11812 6464 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 フランス ジュラ コート・ド・ジュラ

■エージェント情報
品種: シャルドネ100%(エコセール認証) 土壌:トリアス紀の石灰質50%、ジュラ紀中期バジョシアン階の粘土質50%醸造、熟成:全房のまま圧搾。果汁は少量の亜硫酸を添加し、清澄は行わない。樽に詰め(新樽率25%)、アルボワでも指折りの古いカーヴにてゆっくりと発酵を行う。1年間の熟成の後にブレンドし、更に6ヶ月タンクで熟成させた後に瓶詰め。味わい:複雑味のある果実とスパイスの香りが特徴のワイン。粘土質土壌由来のスパイスやスモークのニュアンスを感じる。ミネラル感のある味わい。余韻も長い。アペリティフ、前菜、クリームを使った料理、魚料理や白身肉のグリルなどと合います。今から十分に楽しめますが、15年ほど熟成させた後にはトーストしたパンやブリオッシュといった香りを堪能することができます。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥3,480 (外税)

【仰天のポテンシャルです!あの跪いて飲むべき「モンラッシェ」に逼迫する!】
 このサヴァニャンはもう・・開いた口がふさがらない・・凄いポテンシャルです・・。とにかく飲むべし!モンラッシェに迫るポテンシャルを持っています。グイグイなんて・・とても飲めません・・味わうことを要求されるモンスターワインです。

 しかしながら、このポテンシャルは産膜酵母由来のものであり、ほんのちょっとだけ「クセ」が有ります。通常の方ならすぐに慣れるでしょう。「ちと慣れないな・・」と感じられたら、デキャンタに落とすか、15分ほど置いてから飲んでみてください。まるで飲み頃を迎えつつあるような、ボーヌの偉大なシャルドネとほぼ同等のニュアンスを内包しています。複雑ですね~!滑らかですね~!長いですね~・・・!

 因みにこのジュラ特有の産膜酵母のニュアンスは、第一人者と言われる「オヴェルノワ」のように「臭い」ものでは無く、非常に軽いものです。また、あの「フィリップ・ボールナール」のように、まったくそのニュアンスを付けないようなものではありません。ウイヤージュ(補酒)をせず、空気を触れさせることにより産膜酵母が動き、その酵母がまるで「タイムマシン」のように・・ワインを熟成させたようにしてしまうんです!・・めちゃ旨いので是非、このサヴァニャンだけは飲んでみてください。

 シャルドネも旨いんですが、こちらは産膜酵母をほとんど動かしていないので、とてもピュアです。なので、サヴァニャンのような超複雑性は持ち合わせていませんが、どうしても産膜酵母由来の香りが気になってしょうがない・・と思われる方は、このシャルドネをご選択くださいませ!超お勧めの二品です!.



2011 Crement de Jura Quaestio Extra Brut
クレマン・ド・ジュラ・クアエスティオ・エクストラ・ブリュット
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12882 6462 [Vin Nature] 発泡性ワイン 辛口 フランス ジュラ

■品種:シャルドネ100%土壌:ジュラ紀前期リアス階の粘土質50%、ジュラ紀中期バジョシアン階の石灰質50%植密度:7.000本/ha収穫:手摘みで収穫。醸造・熟成:空圧式プヌマティックで圧搾(ブドウ150kgあたり最大100Lのジュースを得る)ステンレスタンクでアルコール発酵、マロラクティック発酵を行い、瓶詰め後、瓶内二次発酵。40か月、澱と共に熟成させた後、ドサージュは施さずにデゴルジュマン。味わい:泡が細かく、果実の風味が豊かです。力強さとアルコール感のバランスが取れた味わいです。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥2,890 (外税)




2009 Crement de Jura Quaestio
クレマン・ド・ジュラ・クアエスティオ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11811 6465 [Vin Nature] 発泡性ワイン 辛口 フランス ジュラ

■品種:シャルドネ100%  土壌:ジュラ紀前期リアス階の粘土質50%、ジュラ紀中期バジョシアン階の石灰質50%植密度:7.000本/ha収穫:手摘みで収穫。醸造・熟成:空圧式プヌマティックで圧搾(ブドウ150kgあたり最大100Lのジュースを得る)ステンレスタンクでアルコール発酵、マロラクティック発酵を行い、瓶詰め後、瓶内二次発酵。40か月、澱と共に熟成させた後、ドサージュは施さずにデゴルジュマン。味わい:泡が細かく、果実の風味が豊かです。力強さとアルコール感のバランスが取れた味わいです。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥3,050 (外税)

【素晴らしいです!とても肌理細やか、旺盛な泡、なめらかさ、複雑性・・ピュアでシャンパーニュに匹敵!】
 泡のページに出さないですみません・・。これはもうべらぼうに旨い泡です。ジュラのシャルドネによるクレマンですが、産膜酵母由来の少しエグイとも思えるような香りは全くゼロなのに、味わいには

「産膜酵母由来じゃ無きゃこんな複雑な旨みを生成する酸はどうやって生まれたの?」

 と不可思議に思わざるを得ないほど・・です。シャンパーニュも真っ青な仕上がりでして、ナチュラル&ピュアな上に複雑で滑らかです!左の写真を見てください・・・通常はこんなに泡を撮影できないんですよ。ブルゴーニュ用の口径の大きなグラスではすぐに泡が消えるので、写真には撮れないんです。でも、このクレマンの場合、泡が落ち着くのを待って・・3分ほど掛かってこの状態です。ようやく液体の色合いが見えたので撮影したんですね。

 また、この上でご紹介のスティルのサヴァニャン、シャルドネが感動的な仕上がりですから、そこから言えば、「まだまだ!」と言えるのかもしれませんが、スティルと比較するより、ティソさんのスティルの前に飲んでちょうどピッタリ!・・と言える味わいかと思います。

 久しぶりにリーズナブルで素晴らしいクレマンに出会いました!ぜひ飲んでみてください!目茶旨し!お勧めします!.
新着メンバー価格の商品は通常商品と送料サービス体系が異なりますのでご注意下さい。

   

■新着情報メールサービスメンバーページより
以下のアイテムは現在有効な新着情報メールサービスのページです。
ご注文にはメンバー登録が必要です。送料サービス体系が通常商品の場合と異なります。 必ず新着情報インデックスページの注意事項をご覧下さるようお願いします。
/LaCaveDeLaReineJeanne.shtml
= 白ワイン = 赤ワイン = ロゼワイン = その他

スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ
シャトー・シャロン


620ML 8,350 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ
アルボワ


375ML 4,890 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ
アルボワ


750ML 4,990 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ


750ML 4,990 (外税) 在庫
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ
シャトー・シャロン


620ML 8,300 (外税) 在庫
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ
シャトー・シャロン


620ML 7,080 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ジュラ


750ML 4,680 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ジュラ


750ML 5,650 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ


750ML 5,450 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ


750ML 6,080 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ジュラ
アルボワ


750ML 4,950 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ジュラ
アルボワ


750ML 5,280 (外税) 在庫
[自然派]
発泡性ワイン
白 辛口
フランス
ジュラ


750ML 3,050 (外税) 在庫
[自然派]
発泡性ワイン
白 辛口
フランス
ジュラ


750ML 2,890 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ
アルボワ


620ML 5,890 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ
アルボワ


620ML 5,890 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ
アルボワ


750ML 4,150 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
白 辛口
フランス
ジュラ
コート・ド・ジュラ


750ML 3,480 (外税) 在庫

ジュラでの商品検索は 全 18 件中 1 件 ~ 18 件 (1 ページ目)を表示    
1 |
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy