ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.11.19 
Last Update 2020.11.19  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ラ・スピネッタ

ラ・スピネッタ

イタリア La Spinetta ピエモンテ
La SpinettaDomaine index -- Open All Column
● ラ・スピネッタです。10年近く前に大ブレークした造り手です。

「え~?・・noisy さんがスピネッタ?・・うっそ~!」

と言われちゃいそうですが・・・いや、そりゃ、リアルでイタリアワイン担当テイスターだった頃にもしっかり飲んでましたよ。プライヴェートでも飲む機会が有り、


「・・まぁ・・・ねぇ・・」

と、言いたいことは取りあえず公言はせず、押し黙ってはいました。


 でももうそこんとこは関係無いんでね。本当のことを書いちゃいましょう。


2009 Barbaresco Vigneto Gallina
バルバレスコ・ヴィニェート・ガッリーナ

12297

赤 フルボディ
イタリア
ピエモンテ
バルバレスコ
ラ・スピネッタ

エチケットに若干コスレが有ります。ご了承くださいませ。
■エージェント情報
 「バローロ・ヴースー・ガッリーナ」は年間生産量11.500本ほどのアイテム。ブドウの平均樹齢は50~55年、温度制御された発酵槽で7~8日間のアルコール発酵がなされ、オーク樽でマロラクティック発酵されます。その後、ミディアムトーストのフレンチオーク新樽で20~22ヶ月熟成され、瓶詰め前にステンレス槽で3ヶ月間寝かされ、無清澄・無濾過で瓶詰めされた後、12ヶ月間の瓶熟期間を経て世に送られます
 はっきりとした赤色をしており、ブーケには熟したチェリー、レッドカラント、モカ、スパイス、花などが感じられるとのこと。味わいはふっくらとして甘く、プラムなどの果実味が豊かに広がり、タバコのニュアンスがフレーバーを引き立たせているそうです。 
 パーカーポイントは94点!25~30年は熟成可能で、赤身肉のグリル、ジビエ、またはワインそのものだけで楽しむこともできるということです!!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥13,980 (外税) 


2009 Barolo Vigneto Garretti
バローロ・ヴィニェート・ガッレッティ

12296

赤 フルボディ
イタリア
ピエモンテ
バローロ
ラ・スピネッタ

■エージェント情報
 「ラ・スピネッタ」は、1981年に、モスカート・ダスティの生産地域の中心であるカスタニョーレ・ランツェに設立され、今ではバローロやスーパータスカンまで造り出す、リヴェッティ兄弟4人で営むワイナリー。目覚しい急成長を遂げており、2001年版のガンベロ・ロッソ誌では最優秀ワイナリーに選ばれ、2002年版でもバルバレスコが3グラスを獲得するなど、今ではピエモンテを代表する造り手となっています。
 「バローロ・ヴィニェート・ガッレッティ」は、2006年がファーストヴィンテージとなる作品。樹齢約30年のネッビオーロから造られており、年間生産量は8.000本前後とのこと。温度制御された発酵槽で10日間アルコール発酵され、その後オーク樽でマロラクティック発酵されます。さらに中程度にトーストしたフレンチオークの新樽・1年樽半々の割合で20ヶ月間熟成が施されます。 その後、ステンレス槽で3ヶ月間寝かされたキュヴェは、無清澄・無濾過で瓶詰めされた後、さらに12ヶ月間の熟成期間を経てリリースされます。
 ネッビオーロらしさ溢れる明るい赤色をしたワインからは、チェリーのノート、そしてほのかなミントの印象をまとったリッチなブーケが広がり、ブラックベリーやスミレのノートを感じさせる愛らしく汁気たっぷりの口当たりと、鮮烈かつ丸みのある味わいが楽しめるそうです。偉大な複雑さを秘め、長く豊かなフィニッシュを誇るワインですが、熟成のポテンシャルも20~25年と、堂々たるもの。グリル料理やローストした赤身肉、そしてジビエとのマッチングがこたえられないという2009年ヴィンテージのパーカーポイントは、大充実の95点!
 威風堂堂といったライオンが描かれたラベルからも、この一本が持つパワーが静かに感じられますね!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,380 (外税) 
【沢山欲しかったんですが少なくてすみません!】
 昨年か一昨年かは忘れてしまいましたが、2008年のバローロ・ガッレッティ(非正規品)をご案内させていただき、非常に好評でした。まぁ・・常にチェックは出来ませんが、イタリアのインポーターさんはコンディションに気を使わないところが大半ですので、ラ・スピネッタにしてもガッサガサなタンニンを口蓋で、尖った酸のエッジを舌で、感じることが多いと思います。

 前回のご紹介時も、その辺りをご存知で非常に敏感な方は、

「・・スピネッタですか~?・・noisy さんが~?・・・あり得ない~!」

などと言われてしまいましたが、改めて飲んでいただいてご納得いただきました。


 で、今回も、

「良し!めっけ!・・沢山買おう!」

と、飲んでご案内するつもりでしたが、実際に購入出来たのは微々たるものでして・・残念です。

 しかし、前回の2008年ものバローロ・ガッレッティがアドヴォケイト92Points、今回の2009年ものが95Pointsと、かなり出来の良いヴィンテージなんですね。

 また、バルバレスコの方はサイのエチケッタで知られる単一畑の「ガッリーナ2009年」です。アドヴォケイトは94Points と、何故か格下のバローロ・ガッレッティ2009 の後塵を拝しています・・が、高質感は凄いと思いますよ。

 どちらも今回は飲めず・・でも価格も非常にリーズナブルだと思います。ご検討くださいませ。


 以下は2008年バローロ・ガッレッティのレヴューです。
━━━━━
【コンディションが良いとエレガントさまで・・感じます!!とても美味しいです!】
 そうなんですよ・・・。イタリアワインのインポーターさんのコンディションはイマイチなところが非常に多くて、しかも、余り管理が行き届いていないショップも多く、結果として、


「良くても半分壊れたワイン」

が巷に溢れかえっている訳です。


 ラ・スピネッタのワインもそんな感じになってしまいまして、本来は、

「滅茶苦茶シルキーなタンニンとしなやかなミネラリティ」

が有るはずなのに、それが、

「膨大なタンニンと爆発するフレーヴァー」

に置き換わってしまっていたんです。


 そりゃ、飲めば判りますよ・・。痛んでいることに・・。しかし、とことんまで痛んではいないんですよ・・。だから余計に「たち」が悪い。



 イタリアワインが高価に成って行くに連れ、売り辛くもなりましたし、エージェント権の移動も激しくなり、美味しいワインにクエスチョンを付けざるを得ず、結果として細ってきてしまったと思います。


 このラ・スピネッタの評判はご存知かと思います。

バルバレスコにしてもほとんどが・・「黒・茶系果実」・・と表現されているかと思いますが、しっかり赤果実・・・エージェントさんはチェリーと言っていますが、きれいなものが存在しています。


 あ、・・忘れてましたが・・正規品では無いです。正規は買いません・・諸事情から・・(^^

 そして、タンニンもしっかりあるには有るんですが・・

「極上のシルク!」

です。

 2008年のバローロですから若いですが・・・

「まろやかでピュアさが目立ち、リアルな果実感も立っていて美味しく飲める!」

んですよ!・・ビックリでしょう?

 価格も・・頑張りました!・・1本飲んじゃってますから、結構厳しいんですが、持論を正当化するには・・いや、検証するには・・ですね・・、そこは譲れない部分でも有るからです。



「ギシギシしたタンニン」

なんて表現は全く当たりません。



「爆発するフレーヴァー」

・・・どこにも有りません・・・非常に綺麗で、しかし厚みがしっかり有ります。長熟でも有りますし、今飲んでも美味しいです!

 是非、どこぞのデパートにでも置いてある同じワインと比較しても楽しいんじゃないかと思いますよ。全く別のワイン・・と思われるかもしれません。澱が有るので、しっかり立てて澱を落としてお楽しみください!
 なお、発送につきまして・・冬場は基本、クール指定は不要です。

 でも確実に受け取れるか不安な場合、また、凍る可能性が有る場合はクール指定をしてください。

 今のところ、当方のクール指定は¥216ですが、普通に料金を払うと・・一個口で¥648
です・・・しかもクールの大きさには限界が有り、重さが15キロまでですので、それ以上はニ個口・・厳しい時代ですね~!


 因みにnoisy のところは、「ダブル」「二重」と言われるダンボールを使用しています。左の写真・・・上は一部ですが置いてある倉庫で、下は厚みが判るように撮ってみました。


「ぶ厚いでしょ?」

 これで温度変化やショックからワインを守っています。そしてこの中身は皆さんもご存知のような梱包ですので、クールしなくてもまず大丈夫です。ご安心ください。


 基本はやっぱり「管理」かなと思います。コンディションの良いワインでミネラル補給、疲れを癒しましょう!





 忘れてましたがラ・スピネッタのガッレッティ!お奨めです!