ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.25  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ルクレール・ブリアン

フランス Leclerc Briant シャンパーニュ
● 素晴らしいシャンパーニュが入って来ました。今シャンパーニュの世界を席巻する勢いと言えるエノロジストであるエルヴェ・ジェスタンが、自身の所有として買い取りスタートした「ルクレール・ブリアン」です。

 以前もルクレール・ブリアン自体は有機栽培のメゾンとして日本にも入っていましたし、エルヴェ・ジェスタンが買い取ってからも入荷していました。

 しかしながらスタートした直後には、以前の所有者によるレゼルヴ(貯蔵酒)が残っていたことから、その販売が続けられました。

 今回ようやく、エルヴェ・ジェスタンの造ったシャンパーニュのみのキュヴェが日本に入って来たんですね。ようやく整理がついた・・と言うことなのでしょう。

 実際に、一度だけでは有りますが、以前のルクレール・ブリアンを飲んだことが有りますが、ハッキリ言って良く判らなかったです。

 しかし今回、非常に少ない数量しか入荷しておりませんので2アイテムのみのテイスティングでは有りますが、

「エルヴェ・ジェスタンの目指すシャンパーニュの姿と姿勢」

をだいぶ理解することが出来たと同時に、

「シャンパーニュを席巻するのも理解できる素晴らしい味わい」

を感じさせていただきました。


 例えばあのマルゲ、エルヴェ・ジェスタンの2008年「サピエンス」を飲まれたとしたら、おそらく誰もがその魅力に取りつかれてしまったことでしょう。それほどまでに完成された「シャンパーニュの美の世界」を感じさせてくれ、しかも、

「今までのシャンパーニュは何だったんだ?」

と言う疑問と、

「シャンパーニュはまだまだ美味しくなる素質が開き切ってはいない」

と言う確信が持てました。


 何故って・・あのサピエンス2008年はプルミエ・クリュですから・・。しかも、奇しくも合田泰子さんは、

「このサピエンスの味わいを壊さないように日本に紹介するのにどれだけ頑張ったか・・」

とさえ言ってました。


 それには単に、

「海外で仕入れたものを日本に持ってきて販売する」

と言うだけのものでは有りません。


 エルヴェ・ジェスタンの、例えばその醸造においても、全ての(イノックスでしょう)醸造タンクにはアースが取り付けられ、発酵中、貯酒中のキュヴェにエレクトリカルな影響を与えないようにしていることなどは、その最たるものでしょう。

 勿論ですが、noisy はそれについての詳細など知るべくも有りません。

 しかしながら、あのサピエンスを飲めば、状況の詳細は判らずとも、その姿勢は充分に理解できるんです。単にタンクにアースを取り付けて、

「はい、終了!」

では無いんですよね。


 そんな繊細で美しいシャンパーニュだからこそ、それを壊さないがための「繊細な取り扱い」をしてのラシーヌさんの輸入だった訳です。noisy もそんな素晴らしいシャンパーニュだからこそ、繊細な取り扱いをし、お客様にお届けできるようにしています。


 今回のエルヴェ・ジェスタン自身の采配によるルクレール・ブリアンのシャンパーニュは、ラシーヌさんの輸入では有りません。ですので、ラシーヌさんほどの「繊細な取り扱いを受けつつのシャンパーニュの輸入」では無いと感じられます。

 しかしながら、決して酷いものでは無いことも確認していますし、充分な休養を与えられれば、非常に素晴らしい味わいに出会えると確信しています。


 また、今回のルクレール・ブリアンは、確かにトップ・キュヴェである「サピエンス」を理解するのには最高のアイテムたちです。

 ノン・ヴィンテージ表記でも、チェックしてみますと単一ヴィンテージものでした。(それは、N.V.の後のカッコの中に記載しています。エージェントさんの資料は非常に中途半端で、書いて有ったり無かったりします。)

 そして、例えばスタンダードなレゼルヴを飲めば、

「お~・・サピエンスが遠くに見える・・」

ことが理解出来ますし、2010ミレジメを飲めば、

「・・サピエンスの中盤から余韻への流れは、このミレジメと似た造りによるかな?」

などと想像してしまいます。


 残念ながら他のキュヴェは全て1~2本しか有りませんので手を付けられませんでしたが、それでも、

「エルヴェ・ジェスタンの実験場と表したエージェント資料の表題は中々の感性のもの」

と思いました。


 マルゲもダヴィッド・レクラパールもジョルジュ・ラヴァルにも繋がるエルヴェ・ジェスタンのシャンパーニュは、ビオディナミの提唱者であるルドルフ・シュタイナーにそのまま直結しているように感じます。是非この素晴らしいシャンパーニュをお試しくださいませ。



■エルヴェ・ジュスタンの実験場
 既にフランス国内では入手困難になってしまったシャンパーニュ「ルクレール・ブリアン」。1980 年代から有機栽培を取り入れ、自然派シャンパーニュの元祖と評されてきましたが、後継者がおらず、売られてしまいます。所有していた畑はほとんど売られてしまいましたが、醸造家「エルヴェ・ジュスタン」と数人で買い戻し、再スタートを切りました。

 醸造所はエルヴェ・ジュスタンの設計でステンレスタンクには全てアースが設置され、電気を溜めないよう徹底。アンフォラ、ウッフ、ウッフ型アンフォラ、内側を金でコーティングしたバリックと様々な設備が揃います。まさに、エルヴェ・ジュスタンの実験場です。一部のリザーヴワインはエルヴェによる醸造ではないので少しぼやけた印象でしたが、今回入港するワインは全てエルヴェによる醸造。エルヴェ・ジュスタンの集大成なのです。



2013 Champagne Abyss 1er Cru Brut Zero Giftbox
シャンパーニュ・アビス・プルミエ・クリュ・ブリュット・ゼロ・ギフトボックス

14175
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
 ブルターニュの海底に2014 年の6 月から2017 年の1 月まで沈めて熟成させました。温度変化が1 年を通してゆっくりで、水圧にとガス圧がバランスすることでワインのストレスは、ほぼ無いと考えられています。使われた葡萄はヴリニー、ヴィスイユ、アヴネ・ヴァル・ドールの3 つのプルミエ・クリュ。昔海底だった岩盤が隆起した畑を選択。海の影響を受けた葡萄を海で熟成させているのです。日本へは96 本のみ。(24本のみと言う情報も有り)
750ML 在庫    ご注文数   本
¥26,480 (外税) 
【うわっ!アビスって何だこれは!・・貝殻やら細かな砂(土?)・・磯の香り?・・でもギフトボックス入りです。他、】

●2013 シャンパーニュ・アビス・ブリュット・ゼロ
 このアビス、衝撃的な姿です・・。インパクト有りますね~。

 以前、難破船に積まれていたエドシック・モノポールが海底で80年後に発見され、非常に良い熟成をしていることが伝えられました。そして、そのシャンパーニュはオークションに掛けられ、ビックリするような価格で落札されたことは記憶に新しいところかと思います。

 最も、水深64メートルほどと言う場所で発見されたその難破船に積まれた他のワインは、全て駄目になっていたそうです。シャンパーニュのガス、内圧が、水深による重力に均衡したことも考えられますよね。

 日本でも、海外から持ち込んだワインを伊豆沖の水深24メートルのところに7カ月貯蔵した赤ワインを、長い実験の後に販売したようです。まだ販売しているのかもしれませんが詳細は知りません。

 アビスはブルターニュの水深60メートルの海底で8カ月ほど貯蔵したようですね。それで

「こんなお姿に・・」

なられてしまったのですね。

 水圧、水温などの海の底と言う環境、ブルターニュと言う地域の気候や波浪状況など、そして海水ですから塩分濃度の影響ももしかしたら有るかもしれません。どんな影響が有るのか、言葉では何となく判ったとしても、やはり実際に飲まないと判らないですよね。エルヴェ・ジェスタンの細心・徹底の結果がどうなっているのか、興味が尽きません。エチケットは無く、フランス語と英語の説明書が入っています。

 2本だけの入荷です。激レアだと思います。勿論、綺麗に拭き取らずにそのままお届けいたします。


●2014 シャンパーニュ・プルミエ・クリュ・ル・クロ・デ・トロワ・クロシェール・ブリュット・ゼロ

 こちらは海底貯蔵では無く、プルミエ・クリュのシャルドネですね。飲まれた方によると、非常に堅牢な構成、物凄いエナジーを内包しているようです。これも2本だけ。上級クラスは全部2本だけです。

●2014 シャンパーニュ・プルミエ・クリュ・レ・バス・プリエール・ブリュット

 こちらは海底貯蔵では無く超繊細系のピノ・ノワールだそうです。ランスとコート・デ・ブラン、マルヌの土壌が混ざり合う土地からの複雑性、古樽3個で仕上げられ、全ての樽でマロラクティックを行い熟成したとのこと。

 まぁ、マロ100%のピノ・ノワールで繊細系・・と言うのはnoisyの感覚では良く判りませんが、想像の域を超えてくるのかもしれません。


 以上3アイテムは希少キュヴェです。お早めにご検討くださいませ。


2014 Champagne 1er Cru le Clos des trois Clochers Brut Zero
シャンパーニュ・プルミエ・クリュ・ル・クロ・デ・トロワ・クロシェール・ブリュット・ゼロ

14173
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
モンターニュ・ド・ランス
ルクレール・ブリアン
■エージェント所法
 モンターニュ・ド・ランスのプルミエ・クリュ「ヴィレール・アルラン」のシャルドネ100%。僅か0.3ha の畑から2 樽だけ造られた。発酵は古バリック3 つで行われ、100%マロラクティック。そのまま熟成。この畑は活性化した石灰岩が多く、ワインは強固でソリッドな味わい。葡萄自体がエネルギーに溢れているので、ワインはまるで生きているかのよう。日本へは96本のみ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥22,800 (外税) 


2014 Champagne 1er Cru les Basses Prieres Brut
シャンパーニュ・プルミエ・クリュ・レ・バス・プリエール・ブリュット

14174
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
 100%オーヴィレ村のピノ・ノワール。この村を高く評価しているエルヴェ。モンターニュ・ド・ランスとコート・デ・ブラン、そしてヴァレ・ド・ラ・マルヌの土壌が混ざり合う複雑性が、力強いピノ・ノワールではなく、繊細さを持ったピノ・ノワールに仕上がります。発酵は古バリック3 つで行われ、100%マロラクティック。そのまま熟成。1900 本のみ造られたものです。ドサージュは2g/L。日本へは96 本のみ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥20,800 (外税) 
【うわっ!アビスって何だこれは!・・貝殻やら細かな砂(土?)・・磯の香り?・・でもギフトボックス入りです。】

●2013 シャンパーニュ・アビス・ブリュット・ゼロ
 このアビス、衝撃的な姿です・・。インパクト有りますね~。

 以前、難破船に積まれていたエドシック・モノポールが海底で80年後に発見され、非常に良い熟成をしていることが伝えられました。そして、そのシャンパーニュはオークションに掛けられ、ビックリするような価格で落札されたことは記憶に新しいところかと思います。

 最も、水深64メートルほどと言う場所で発見されたその難破船に積まれた他のワインは、全て駄目になっていたそうです。シャンパーニュのガス、内圧が、水深による重力に均衡したことも考えられますよね。

 日本でも、海外から持ち込んだワインを伊豆沖の水深24メートルのところに7カ月貯蔵した赤ワインを、長い実験の後に販売したようです。まだ販売しているのかもしれませんが詳細は知りません。

 アビスはブルターニュの水深60メートルの海底で8カ月ほど貯蔵したようですね。それで

「こんなお姿に・・」

なられてしまったのですね。

 水圧、水温などの海の底と言う環境、ブルターニュと言う地域の気候や波浪状況など、そして海水ですから塩分濃度の影響ももしかしたら有るかもしれません。どんな影響が有るのか、言葉では何となく判ったとしても、やはり実際に飲まないと判らないですよね。エルヴェ・ジェスタンの細心・徹底の結果がどうなっているのか、興味が尽きません。エチケットは無く、フランス語と英語の説明書が入っています。

 2本だけの入荷です。激レアだと思います。勿論、綺麗に拭き取らずにそのままお届けいたします。


●2014 シャンパーニュ・プルミエ・クリュ・ル・クロ・デ・トロワ・クロシェール・ブリュット・ゼロ

 こちらは海底貯蔵では無く、プルミエ・クリュのシャルドネですね。飲まれた方によると、非常に堅牢な構成、物凄いエナジーを内包しているようです。これも2本だけ。上級クラスは全部2本だけです。

●2014 シャンパーニュ・プルミエ・クリュ・レ・バス・プリエール・ブリュット

 こちらは海底貯蔵では無く超繊細系のピノ・ノワールだそうです。ランスとコート・デ・ブラン、マルヌの土壌が混ざり合う土地からの複雑性、古樽3個で仕上げられ、全ての樽でマロラクティックを行い熟成したとのこと。

 まぁ、マロ100%のピノ・ノワールで繊細系・・と言うのはnoisyの感覚では良く判りませんが、想像の域を超えてくるのかもしれません。


 以上3アイテムは希少キュヴェです。お早めにご検討くださいませ。


N.V.(2015) Champagne Rose Brut
シャンパーニュ・ロゼ・ブリュット

14182
自然派
ロゼ 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
シャルドネ95%(シュイイ、モンギュー、エソイエ)、ピノ・ノワール5%(リセ) 、ドザージュ 5g/L、デゴルジュマン 2018.4
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,000 (外税) 


N.V.(2014) Champagne Reserve Brut
シャンパーニュ・レゼルヴ・ブリュット

13598
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
ピノ・ノワール40% ピノ・ムニエ40% シャルドネ20%オーヴィエ、オヴネイ、エペルネイ、ヴェルヌイユ、クラマン、モンギュー、ドザージュ 4g/L、デゴルジュマン 2018.5
◆◆◆昨年同様のアイテムですがデゴルジュマンの時期が異なります。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥6,590 (外税) 


N.V.(2014) Champagne Rose Brut
シャンパーニュ・ロゼ・ブリュット

13599
自然派
ロゼ 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
シャルドネ95%(シュイイ、モンギュー、エソイエ)、ピノ・ノワール5%(リセ) 、ドザージュ 4g/L、デゴルジュマン 2017.12
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,000 (外税) 


N.V.(2013) Champagne Premier Cru Extra Brut
シャンパーニュ・プルミエ・クリュ・エクストラ・ブリュット

13600
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
ピノ・ノワール70% ピノ・ムニエ15% シャルドネ15%(ヴェルズネイ、ヴィレ=アルラン、ビスイユ)、ザージュ 2.5g/L 、デゴルジュマン 2018.2
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,350 (外税) 


2010 Champagne Millesime Extra Brut
シャンパーニュ・ミッレズィンメ・エクストラ・ブリュット

13601
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
 ピノ・ノワール40% シャルドネ40% ピノ・ムニエ20%(オーヴィレール、キュミエール、ヴェルヌイユ)、ドザージュ4g/L、デゴルジュマン 2017.9
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,700 (外税) 


2009 Champagne Millesime Rubis de Noir Brut
シャンパーニュ・ミッレズィンメ・リュビ・ド・ノワール・ブリュット

13602
自然派
ロゼ 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
ピノ・ノワール100%(オーヴィエ、キュミエール、エペルネイ)、ドザージュ 4g/L、デゴルジュマン 2017.12
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,200 (外税) 


2009 Champagne les Chevres Pierreuses Cumieres Premier Cru Brut
シャンパーニュ・レ・シュヴレ・ピエルーズ ・キュミエール・プルミエ・クリュ・ブリュット

13603
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
ピノ・ノワール40% ピノ・ムニエ40% シャルドネ20%、ドザージュ4g/L、デゴルジュマン 2017.12
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,200 (外税) 


N.V.(2012) Champagne la Croisette Parcelle a Epernay Brut
シャンパーニュ・ラ・クロワゼット・パルセル・ア・エペルネイ

13604
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
シャルドネ(エペルネイ)100%、デゴルジュマン 2016.2
750ML 在庫    ご注文数   本
¥16,500 (外税) 


N.V.(2013) Champagne Blanc de Meuniers Chamery Premier Cru Brut Zero
シャンパーニュ・ブラン・ド・ムニエ・シャムリー・プルミエ・クリュ・ブリュット・ゼロ

13605
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
■エージェント情報
ピノ・ムニエ100%、デゴルジュマン 2017.5、ノンドゼ
750ML 在庫    ご注文数   本
¥16,500 (外税) 


2012 Champagne Pure Craman (Grand Cru) Brut Zero
シャンパーニュ・ピュール・クラマン・(グラン・クリュ・)ブリュット・ゼロ

13606
自然派
白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ルクレール・ブリアン
◆◆◆シャルドネ100%
デゴルジュマン 2017.7。ノンドゼ
■エージェント情報
 樽発酵・熟成。ノン・ドサージュ。酸化防止剤無添加。日本入港数60(販売48)btls.
750ML 在庫    ご注文数   本
¥22,500 (外税) 
【澄み切ったアロマの美しさと膨らみ、どこまでも伸びて行きそうな見事な余韻!今、最も心躍る美しいシャンパーニュ達です!!】
 このコラムの一番下の写真はマルゲのサピエンス2008年ですが、ま~・・圧巻です。何度も書きましたので「耳タコ」で申し訳ありません。近年飲んだシャンパーニュで・・と言うよりも、今まで飲んだどんなシャンパーニュよりも素晴らしかったとも言い切れると思います。そんなシャンパーニュの醸造を指揮するエルヴェ・ジェスタン自身のシャンパーニュが入荷して来ました。

 サピエンス2008年・・飲まれましたか?・・シャンパーニュ・ファンを自認されるなら、これを飲まないといけません。今までどんなに狭い世界に閉じ込められていたか、きっと思い知ることになるでしょうから・・。サピエンス2007年は・・理解が結構難しいと思いますよ。それよりも2008年が良いです。

 で、ルクレール・ブリアンのジェスタンのキュヴェが入荷すると言うので、頑張って発注したんですが・・案の定、沢山は買えませんでした。それでもミレジメとレゼルヴはケースで買えましたので、初回に付き、赤字覚悟でのテイスティングです。

 まずはレゼルヴです。エージェントさんの資料ですと単にノン・ヴィン扱いですが、裏ラベルには2014年のハーヴェストと記載がありますので2014年ものでした。

 オーヴィエ、オヴネイ、エペルネイ、ヴェルヌイユ、クラマン、モンギューのピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ40%、シャルドネ20% と言うセパージュです。

「うっ!エキスが濃い!しかも滅茶ピュア!」

 これはバランス良いですね・・。ピノ系が多いので色合いもやや濃い目です。ムニエの旨味でしょうか。非常に構成豊かでバランスが良いです。深みをピノ・ノワールが上手く出しています。シャルドネは現在、やや大人し目でしょうか。少し置くと・・かなりシャルドネの涼やかな旨さが出てくる感じがヒシヒシ伝わって来ます。

 泡質も中々で、結構持続します。勿論ですが・・サピエンスの超細やかなシルキーな泡には追い付きませんが、全体として、

「サピエンスのサードワイン!」

的な美味しさのレベルかと思います。


「・・え~・・サード?・・そんなに低いの?・・じゃぁやだ!」


 いやいや・・サピエンスが凄過ぎるんですよ。だからその位の評価になっちゃうんです。でも遠くにしっかりサピエンスが見えますし、サピエンスどうのこうの・・と言うのを外したら、滅茶美味しいバランスの良い、旨味のしっかり乗ったピュアなシャンパーニュですよ。まずはこれで・・

「エルヴェ・ジェスタンの質感」

を捉えていただくと良いかと思います。


 次は2010年ミレジメです。オーヴィエ、キュミエール、ヴェルヌイユのピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%でドザージュは4g/Lと少ないです。

 レゼルヴと比較するとシャルドネが40%で多く、その分ムニエが20%と減っています。また葡萄の生産地も違いますね。

 レゼルヴが黒葡萄の旨味を中心に、濃密かつピュアな味わいをしているのに対し、2010年ミレジメは、黒葡萄の旨味をやや抑えめにし、シャルドネの気品高いアロマとジュースの美味しさを強く感じさせてくれます。


「・・ん?シャルドネが40%なんだから当然じゃん!」

と思われるかもしれませんが、実際は当然なことが当然なようには中々現れないものなんですよ。

「闇夜のカラス」

は見えないでしょ?鳴けば判りますけどね。鳴かなきゃ判らないんです。


「ピュアさの中に存在するからこそ、様々なディテールがクッキリ判る!」

んですね。しかもそれを、


「滅茶ナチュラルなのに、ナチュラルさ自身がピュアさを持っているので、そこは闇夜のカラスで判りにくい!」

んですね。


 綺麗過ぎると判らないんですよ・・そういう部分は。でも表情は対比としてシッカリ現れるんで、滅茶良く判るんですね。


 中盤から終盤、余韻にかけての美味しさはホント素晴らしいです。ゴールデン・セパージュじゃないかと思えます。

 泡質はレゼルヴの方が長持ちする感じですが、細やかさはミレジメかな?・・と思います。ユリス・コランにも似たしなやかさの有る泡です。勿論ですが「サピエンス2008」には遠く及びませんが、エルヴェ・ジェスタンの考えや思想が偲ばされる味わいでした。


 どちらも素晴らしいと思います。勿論ですが、キュミエールの葡萄も使っていますんで、ジョルジュ・ラヴァルにも通じるものが有ります。


 他のキュヴェですが・・申し訳ありません・・余りに・・「無い」です。日本には60本だけ輸入され、エージェントさんが12本、何かの御用で使われるのでしょう。48本だけ販売に回されたようですから、1~2本しか有りません。飲みたいですよね・・ピュール・クラマンとかラ・クロワゼット、ブラン・ド・ムニエなど、超レアです。


 皆さんにも気に入っていただけるであろう、素晴らしいシャンパーニュでした。是非ご検討くださいませ。