ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.10.01  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

マルセル・ラピエール

フランス Marcel Lapierre ブルゴーニュ
● ブルゴーニュ自然派の大御所、故マルセル・ラピエールさんのヌーボーをご紹介します。

 ビオディナミらしいダイナミックさと、マセラシオン・カルボニックによる溌剌としたピュアなフレーバーを兼ね備えた、ボージョレらしい、ガメイらしいヌーボーに仕上がってくるものと思います。

 2010年のヌーボーが届く前でした。10月10日に亡くなられたブルゴーニュ自然派の開祖とも思われるマルセル・ラピエールさんですが、彼の遺したビオディナミの遺産は、フィリップ・パカレやジャン・フォワイヤールなど、多くのビオディナミストに受け継がれています。




 今日ではすっかり定着した感のある自然なワイン造りはマルセルが牽引したと言って間違いない。多くの造り手がマルセルから学びボジョレー地区だけでなく各地で自然なワイン造りが始まった。


 60歳という若さで亡くなってしまったマルセル。しかし、息子マチュ、そしてマルセル最愛の妻マリーが今年もヌーヴォーを造り上げる。


『マルセルのやってきたことは家族の生活の一部。私達にとって何も特別なことではない。今年もいつも通りに頑張る。でも特別な年ね。』

マリー・ラピエール


■古典的で旨味溢れるマルセル・ラピエールのヌーヴォー
 マルセル・ラピエールのヌーヴォーは全てカンボンの畑からの葡萄から造られる(野村ユニソン社輸入のものも同様)。更にはパカレのヌーヴォーも基本的にはカンボンの葡萄を使用し、パカレが醸造を担当している。テラヴェールが輸入するヌーヴォーはフランス国内でも流通する古典的な味わいを追及したヌーヴォー。一方野村ユニソン社のヌーヴォーはマセラシオンを短くした軽やかな味わいとなっている。



2019 Beaujolais Nouveau(Ch.Cambon) Lapierre et Chanodet
ボージョレ・ヌーボー(シャトー・カンボン) / ラピエール・エ・シャノデ 航空便 ご予約

14639
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ボージョレ
マルセル・ラピエール
◆◆◆ 早くから美味しく飲めるように飲みやすさを追及したヌーヴォーです!

■ご予約販売です。2019年11月21日(木)以降のお届けになります。キャンペーン特集ページもぜひご覧ください。

 古典的な味わいを追及したヌーヴォーです!
写真は以前のものを加工しています。

 今日ではすっかり定着した感のある自然なワイン造りはマルセルが牽引したと言って間違いない。多くの造り手がマルセルから学びボジョレー地区だけでなく各地で自然なワイン造りが始まった。60歳という若さで亡くなってしまったマルセル。しかし、息子マチュ、そしてマルセル最愛の妻マリーが今年もヌーヴォーを造り上げる。『マルセルのやってきたことは家族の生活の一部。私達にとって何も特別なことではない』
/マリー・ラピエール

 気象の影響や醸造経過などの諸条件によりましては、ヌーボーの出荷が行われない場合も考えられます。万一お届けできない場合はご返金対応になりますのでご了承くださいませ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,490 (外税) 
【 ビオディナミの大御所のヌーボーです..こちらは早くから美味しく飲める華やかなフレーヴァーと味わいです。】
 フィリップ・パカレの叔父に当たる、筋金入りのビオディナミスト、マルセル・ラピエールです。彼がモルゴンで造る「キュヴェ・マルセル・ラピエール」のような、風格や大きさを求めるものでは無く、チャーミングで伸びやか、素直な味わいが特徴です。

「おお、凄い!」

 ・・・みたいな大仰なワインでは有りませんが、ワイン本来の「楽しさ」「美味しさ」を感じていただけるもの・・・と思います。フィリップ・パカレのヌーボーとの比較も、きっと楽しいと思います。noisy
の選んだキュヴェは、テラヴェールさんが輸入するトラディショナル・キュヴェの方です。お早めにお手当てくださいね。

■エージェント情報

◆2018年の生育状況(マリー・ラピエール)「過去最高のヌーヴォー」

 もう聞き飽きましたよね。「何年に1度の出来」とかなんとか。でも、今年は注目してください。ヌーヴォーの難しさは収穫を待つ事ができないことです。熟度と酸度の最高のバランスを得る為に収穫のタイミングを決める訳ですが、この収穫に許される期間が短いのがヌーヴォーです。

 しかし、2018年のボジョレーは芽吹き、開花、ヴェレゾンと全ての生育が早めにスタートしたことで例年以上に成熟が早い。葡萄の熟度が上がってから、フェノール類が成熟しますが、このフェノール類の成熟までもを待つ事ができる珍しい年になりそうなのです。

 以下、マリー・ラピエールのレポートです。

「7月、8月は30度を超す真夏日が続いた。36度を超す日も珍しくなかった。直射日光が強く当たった葡萄は一部焼けてしまった箇所もあったが、概ね良い状態。それに乾燥しているので焼けた葡萄から病気にが蔓延する心配もない」

 マリーの所有する「シャトー・カンボン」はドメーヌ・マルセル・ラピエールとは違い、ベルヴィルの町に近い平野部に位置するので、丘陵部と違い、地下水脈が通っていて、4、5月にまとまって降った雨が蓄えられていることで丘陵部の葡萄樹の水分ストレスが無く、葡萄の葉は青々としています。

「地下水脈のお陰で最終的な光合成をしっかり行うだけの水分も葡萄樹は得られている。葉は非常に元気で青々とっしている。日照量はとにかく多かったので例年の綺麗なスタイルというより少し力強く凝縮したスタイルになりそう」

 糖度と酸度を収穫時期で調節しながら最終的なアッサンブラージュのバランスを取れる、造り手としては非常に自由度の高い年になりました。収穫まで、あと僅か。マリーにとって「過去最高に造りやすい年」であることは間違いなさそうです。最後にマリーから日本の皆様にメッセージ。

「ここ数年、難しいミレジムが続きました。今年は稀にみるポジティブな状態で葡萄が成長、最後の熟成期に入っています。今年は自信を持って皆さんに喜んでもらえるヌーヴォーが造れそうです!

 難しいことを云わず、口に含んだ途端に美味しいと云う言葉がでるヌーヴォーが造れそうです。ご期待ください!!」

 モルゴンにある代々続くラピエール家の畑とシャトー・カンボンの違いがよく解らないとのご指摘を多く頂いています。ご参照ください。

■シャトー・カンボンと英仏戦争

元々ラピエール家はモルゴンで代々続く生産者。蔵の近くの石碑にはマルセルの祖父の名前が刻まれているほど。マルセルは代々続く畑で仕事をしていましたが、縁があってシャトー・カンボンを購入する事になりました。マルセルが購入する前は様々なオーナーが所有していましたがそのポテンシャルの高さを知る度に「もっと良いぶどうそしてワインが出来る」との思いが強くなってきたそう。


シャトー・カンボンの歴史は古く、歴史は英仏戦争時まで遡ります。当時、フランスを代表してイギリスとの和平交渉を担当する外交官であったジュール・カンボン(1845-1935)は「外交とは交渉であり交渉とは少なくとも相当分、取引である」という名言を残し、フランスの至る地方に「Rue de Cambon(カンボン通)」があるくらいフランスを支えた人物であった。このカンボン氏が最初のオーナー。その後数人のオーナーの手に渡り、1995年マルセルの元に。シャトー・カンボンにはシャトーのトレード・マークである方位磁針のマークがある。これは外交官のカンボン氏が東西南北世界中どこにでも情報受発信をするという意味で残したものであって外交官ならではの意味合いを持つ。


■「最初の一回以外ずっとタダ働きよ」/マリー・ラピエ-ル

シャトー・カンボンの社長はマルセルの奥さんマリー・ラピエール。マリーはフランス北東部Metz出身。その昔、アルバイトでぶどうの収穫にマルセルの畑にやって来たのだそう。これが知合うきっかけ。


「初めての収穫の時だけバイト代を貰ったのに、マルセルと一緒のなってからはタダ働きよ!」

と笑うマリー。

栽培、醸造はマルセルが行う。シャトー・カンボンは全部で14ha。生産量の60%がヌーヴォーになる。マルセル・ラピエールの名前で生産されるヌーヴォーは全てこのシャトー・カンボンの畑から生産される。収穫時期は朝7時30分から12時30まで、昼食後13時:30から17:30まで収穫が続く。何週間も朝、昼、晩一緒に過ごしていると毎年、マルセルとマリーの様にカップルが何組も出来上がるそう。

■プロ中のプロ軍団『ポベット』

毎年4チームの収穫グループで構成され、その中でも1チーム『ポベット』と呼ばれるプロ集団が存在する。普通の収穫人が1人300kg/日収穫するところを800kg/日のスピードで、しかも確実に良い葡萄だけを選果しながら行ってしまう。ポベット以外は学生や若者が中心。





 収穫したぶどうは小分けのコンテナに収め、冷蔵車で醸造所に運び込まれる。温度が高い年は一晩2~3℃の冷蔵庫でぶどうを12~15℃まで冷やす事によって雑菌の活動を抑える。発酵はシャトー・カンボン購入当初は以前のオーナーが所有していたコンクリートタンクを使用していたが、タンク内の雑菌によりワインが悪い影響を受けた。それ以来ポリカーボタンクで発酵を行っている。




■マルセル・ラピエール
 ワインは他のどんな酒とも違い、その土地に育った葡萄そのものが原材料になっている。精製された水を加えることも、別産地の小麦を加えることもない。恐らく古来のワインは葡萄100%であってタンニンや酸、発酵時に糖分を足したり、培養酵母が使われたりすることなど無かったはずである。



『その土地で、その 土地の自然環境を壊すことなく育てた葡萄を、その土地に息づく自然酵母によって発酵させ、余計なものを加えたり、余計と判断したものを引いたりすることな くボトルに詰め込む』



 そういう酒こそがワインなのだろう。近年の自然派ワインの盛り上がりはマルセル・ラピエールなくしてはありえなかった。アンリ・フレ デリック・ロック、フレデリック・コサール、マルク・アンジェリ、フィリップ・パカレ・・・。ボジョレー地区だけでなく多くの造り手達がマルセルの考え方 に賛同したし、その人柄に魅せられたと言う。マルセルはジュール・ショヴェ氏の最も近くにいた人物であり、最も多くを吸収したと言われる。



『ワインに対す るあらゆる化学を熟知することで、あらゆる化学から守る』

と言ったジュール・ショヴェ氏の教えに従い1981年より畑では科学的薬剤は一切排除され、必要
に応じて極僅かの植物由来の堆肥を撒くだけ。火山由来の花崗岩が堆積してできているカンボンの土壌は黒く拳大の岩が散らばっている。



 下草はある程度まで伸 ばされ、刈り取られると土に帰される。樹齢も上がり、より一層葡萄果実はピュアさを増している。区画ごとに収穫された葡萄は木製の発酵槽に投入される。低
い温度を確保されたセラー内ではコールド・マセレーションに近い状態に置かれ果実本来の繊細なアロマが抽出される。発酵は自然酵母のみでゆっくりと始ま
る。ここでは発酵による炭酸ガスを利用したセミ・マセラシオン・カルボニックが採用され、嫌気的環境下で人為的介入なく健全にワインへと変化していく。ラ
ピエールのワインは醸造過程での最適な判断によってしっかりとした"濃さ"と"フレッシュでスムースな飲み口"を両立させていると言える。これは長年醸造
を繰り返してきた経験によるものなのだろう。明らかに近年のマルセル・ラピエールは更に純度が増してきている。



 ノンフィルターでできる限り少ないSO2添 加でボトリングされる。現在ではマルセルと息子マチューの2人で畑仕事から醸造までをこなしている。『自然派ワインの父』と称されるマルセル・ラピエー ル。飲めば皆が感じるであろうが彼等のワインには無理がない。作為がない。そして誰にとっても難しくない。単純な美味しさ、華やかさが鼻腔から口中からス トレートに感じられる。果実の詰まったような"濃厚さ"を感じさせながらも、どこか"水"のように溶け込んでいってしまう"楽さ"がある。そして飲み終え た後にはこのワインでしか感じ得ない満足感で満たされることとなる。カンボンに育つ葡萄、ストレスのない醸造、そしてこの地に育ったヴィニュロン、全てが 揃ってテロワールなのかもしれない。

◇自然派ヌーヴォーの特色◇

★自然(環境)酵母だけで発酵させるので、様々な酵母が複雑な香りを醸し出します。しかし香りを調整するための酵母などを添加していないので、決して派手な香りではありません。

★自然(環境)酵母を発酵が終わるまで活かすため、発酵中は亜硫酸の添加をしません。

★亜硫酸を使わないので、空気に出来るだけ触れさせずに瓶詰めします。この為、発酵時に出た炭酸ガスがわずかにビン内に残っていますので、舌にピリピリ感じたり、液漏れしやすい状況になることがあります。

★フィルターを使っておりませんので、酒石や酵母などのオリが見られることがあります。(色も少し濁っている場合があります)

★飲めば飲むほど身体の中に旨味が広がり、スイスイ飲めてしまう自然な味わいです。


2019 Beaujolais Nouveau(Ch.Cambon)
ボージョレ・ヌーボー(シャトー・カンボン) 航空便 ご予約

14638
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ボージョレ
マルセル・ラピエール
■ご予約販売です。2019年11月21日(木)以降のお届けになります。キャンペーン特集ページもぜひご覧ください。
 古典的な味わいを追及したヌーヴォーです!
写真は以前のものを加工しています。

 今日ではすっかり定着した感のある自然なワイン造りはマルセルが牽引したと言って間違いない。多くの造り手がマルセルから学びボジョレー地区だけでなく各地で自然なワイン造りが始まった。60歳という若さで亡くなってしまったマルセル。しかし、息子マチュ、そしてマルセル最愛の妻マリーが今年もヌーヴォーを造り上げる。『マルセルのやってきたことは家族の生活の一部。私達にとって何も特別なことではない』
/マリー・ラピエール

 気象の影響や醸造経過などの諸条件によりましては、ヌーボーの出荷が行われない場合も考えられます。万一お届けできない場合はご返金対応になりますのでご了承くださいませ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,490 (外税) 


2018 Beaujolais Nouveau(Ch.Cambon)
ボージョレ・ヌーボー(シャトー・カンボン) 航空便 ご予約

13777
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ボージョレ
マルセル・ラピエール
■ご予約販売です。2018年11月15日(木)以降のお届けになります。キャンペーン特集ページもぜひご覧ください。
 古典的な味わいを追及したヌーヴォーです!
写真は以前のものを加工しています。 今日ではすっかり定着した感のある自然なワイン造りはマルセルが牽引したと言って間違いない。多くの造り手がマルセルから学びボジョレー地区だけでなく各地で自然なワイン造りが始まった。60歳という若さで亡くなってしまったマルセル。しかし、息子マチュ、そしてマルセル最愛の妻マリーが今年もヌーヴォーを造り上げる。『マルセルのやってきたことは家族の生活の一部。私達にとって何も特別なことではない』
マリー・ラピエール
 気象の影響や醸造経過などの諸条件によりましては、ヌーボーの出荷が行われない場合も考えられます。万一お届けできない場合はご返金対応になりますのでご了承くださいませ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,490 (外税) 
【 ビオディナミの大御所のヌーボーです..】
 フィリップ・パカレの叔父に当たる、筋金入りのビオディナミスト、マルセル・ラピエールです。彼がモルゴンで造る「キュヴェ・マルセル・ラピエール」のような、風格や大きさを求めるものでは無く、チャーミングで伸びやか、素直な味わいが特徴です。

「おお、凄い!」

 ・・・みたいな大仰なワインでは有りませんが、ワイン本来の「楽しさ」「美味しさ」を感じていただけるもの・・・と思います。フィリップ・パカレのヌーボーとの比較も、きっと楽しいと思います。noisy
の選んだキュヴェは、テラヴェールさんが輸入するトラディショナル・キュヴェの方です。お早めにお手当てくださいね。

■エージェント情報

◆2018年の生育状況(マリー・ラピエール)「過去最高のヌーヴォー」

 もう聞き飽きましたよね。「何年に1度の出来」とかなんとか。でも、今年は注目してください。ヌーヴォーの難しさは収穫を待つ事ができないことです。熟度と酸度の最高のバランスを得る為に収穫のタイミングを決める訳ですが、この収穫に許される期間が短いのがヌーヴォーです。

 しかし、2018年のボジョレーは芽吹き、開花、ヴェレゾンと全ての生育が早めにスタートしたことで例年以上に成熟が早い。葡萄の熟度が上がってから、フェノール類が成熟しますが、このフェノール類の成熟までもを待つ事ができる珍しい年になりそうなのです。

 以下、マリー・ラピエールのレポートです。

「7月、8月は30度を超す真夏日が続いた。36度を超す日も珍しくなかった。直射日光が強く当たった葡萄は一部焼けてしまった箇所もあったが、概ね良い状態。それに乾燥しているので焼けた葡萄から病気にが蔓延する心配もない」

 マリーの所有する「シャトー・カンボン」はドメーヌ・マルセル・ラピエールとは違い、ベルヴィルの町に近い平野部に位置するので、丘陵部と違い、地下水脈が通っていて、4、5月にまとまって降った雨が蓄えられていることで丘陵部の葡萄樹の水分ストレスが無く、葡萄の葉は青々としています。

「地下水脈のお陰で最終的な光合成をしっかり行うだけの水分も葡萄樹は得られている。葉は非常に元気で青々とっしている。日照量はとにかく多かったので例年の綺麗なスタイルというより少し力強く凝縮したスタイルになりそう」

 糖度と酸度を収穫時期で調節しながら最終的なアッサンブラージュのバランスを取れる、造り手としては非常に自由度の高い年になりました。収穫まで、あと僅か。マリーにとって「過去最高に造りやすい年」であることは間違いなさそうです。最後にマリーから日本の皆様にメッセージ。

「ここ数年、難しいミレジムが続きました。今年は稀にみるポジティブな状態で葡萄が成長、最後の熟成期に入っています。今年は自信を持って皆さんに喜んでもらえるヌーヴォーが造れそうです!

 難しいことを云わず、口に含んだ途端に美味しいと云う言葉がでるヌーヴォーが造れそうです。ご期待ください!!」

 モルゴンにある代々続くラピエール家の畑とシャトー・カンボンの違いがよく解らないとのご指摘を多く頂いています。ご参照ください。

■シャトー・カンボンと英仏戦争

元々ラピエール家はモルゴンで代々続く生産者。蔵の近くの石碑にはマルセルの祖父の名前が刻まれているほど。マルセルは代々続く畑で仕事をしていましたが、縁があってシャトー・カンボンを購入する事になりました。マルセルが購入する前は様々なオーナーが所有していましたがそのポテンシャルの高さを知る度に「もっと良いぶどうそしてワインが出来る」との思いが強くなってきたそう。


シャトー・カンボンの歴史は古く、歴史は英仏戦争時まで遡ります。当時、フランスを代表してイギリスとの和平交渉を担当する外交官であったジュール・カンボン(1845-1935)は「外交とは交渉であり交渉とは少なくとも相当分、取引である」という名言を残し、フランスの至る地方に「Rue de Cambon(カンボン通)」があるくらいフランスを支えた人物であった。このカンボン氏が最初のオーナー。その後数人のオーナーの手に渡り、1995年マルセルの元に。シャトー・カンボンにはシャトーのトレード・マークである方位磁針のマークがある。これは外交官のカンボン氏が東西南北世界中どこにでも情報受発信をするという意味で残したものであって外交官ならではの意味合いを持つ。


■「最初の一回以外ずっとタダ働きよ」/マリー・ラピエ-ル

シャトー・カンボンの社長はマルセルの奥さんマリー・ラピエール。マリーはフランス北東部Metz出身。その昔、アルバイトでぶどうの収穫にマルセルの畑にやって来たのだそう。これが知合うきっかけ。


「初めての収穫の時だけバイト代を貰ったのに、マルセルと一緒のなってからはタダ働きよ!」

と笑うマリー。

栽培、醸造はマルセルが行う。シャトー・カンボンは全部で14ha。生産量の60%がヌーヴォーになる。マルセル・ラピエールの名前で生産されるヌーヴォーは全てこのシャトー・カンボンの畑から生産される。収穫時期は朝7時30分から12時30まで、昼食後13時:30から17:30まで収穫が続く。何週間も朝、昼、晩一緒に過ごしていると毎年、マルセルとマリーの様にカップルが何組も出来上がるそう。

■プロ中のプロ軍団『ポベット』

毎年4チームの収穫グループで構成され、その中でも1チーム『ポベット』と呼ばれるプロ集団が存在する。普通の収穫人が1人300kg/日収穫するところを800kg/日のスピードで、しかも確実に良い葡萄だけを選果しながら行ってしまう。ポベット以外は学生や若者が中心。





 収穫したぶどうは小分けのコンテナに収め、冷蔵車で醸造所に運び込まれる。温度が高い年は一晩2~3℃の冷蔵庫でぶどうを12~15℃まで冷やす事によって雑菌の活動を抑える。発酵はシャトー・カンボン購入当初は以前のオーナーが所有していたコンクリートタンクを使用していたが、タンク内の雑菌によりワインが悪い影響を受けた。それ以来ポリカーボタンクで発酵を行っている。




■マルセル・ラピエール
 ワインは他のどんな酒とも違い、その土地に育った葡萄そのものが原材料になっている。精製された水を加えることも、別産地の小麦を加えることもない。恐らく古来のワインは葡萄100%であってタンニンや酸、発酵時に糖分を足したり、培養酵母が使われたりすることなど無かったはずである。



『その土地で、その 土地の自然環境を壊すことなく育てた葡萄を、その土地に息づく自然酵母によって発酵させ、余計なものを加えたり、余計と判断したものを引いたりすることな くボトルに詰め込む』



 そういう酒こそがワインなのだろう。近年の自然派ワインの盛り上がりはマルセル・ラピエールなくしてはありえなかった。アンリ・フレ デリック・ロック、フレデリック・コサール、マルク・アンジェリ、フィリップ・パカレ・・・。ボジョレー地区だけでなく多くの造り手達がマルセルの考え方 に賛同したし、その人柄に魅せられたと言う。マルセルはジュール・ショヴェ氏の最も近くにいた人物であり、最も多くを吸収したと言われる。



『ワインに対す るあらゆる化学を熟知することで、あらゆる化学から守る』

と言ったジュール・ショヴェ氏の教えに従い1981年より畑では科学的薬剤は一切排除され、必要
に応じて極僅かの植物由来の堆肥を撒くだけ。火山由来の花崗岩が堆積してできているカンボンの土壌は黒く拳大の岩が散らばっている。



 下草はある程度まで伸 ばされ、刈り取られると土に帰される。樹齢も上がり、より一層葡萄果実はピュアさを増している。区画ごとに収穫された葡萄は木製の発酵槽に投入される。低
い温度を確保されたセラー内ではコールド・マセレーションに近い状態に置かれ果実本来の繊細なアロマが抽出される。発酵は自然酵母のみでゆっくりと始ま
る。ここでは発酵による炭酸ガスを利用したセミ・マセラシオン・カルボニックが採用され、嫌気的環境下で人為的介入なく健全にワインへと変化していく。ラ
ピエールのワインは醸造過程での最適な判断によってしっかりとした"濃さ"と"フレッシュでスムースな飲み口"を両立させていると言える。これは長年醸造
を繰り返してきた経験によるものなのだろう。明らかに近年のマルセル・ラピエールは更に純度が増してきている。



 ノンフィルターでできる限り少ないSO2添 加でボトリングされる。現在ではマルセルと息子マチューの2人で畑仕事から醸造までをこなしている。『自然派ワインの父』と称されるマルセル・ラピエー ル。飲めば皆が感じるであろうが彼等のワインには無理がない。作為がない。そして誰にとっても難しくない。単純な美味しさ、華やかさが鼻腔から口中からス トレートに感じられる。果実の詰まったような"濃厚さ"を感じさせながらも、どこか"水"のように溶け込んでいってしまう"楽さ"がある。そして飲み終え た後にはこのワインでしか感じ得ない満足感で満たされることとなる。カンボンに育つ葡萄、ストレスのない醸造、そしてこの地に育ったヴィニュロン、全てが 揃ってテロワールなのかもしれない。

◇自然派ヌーヴォーの特色◇

★自然(環境)酵母だけで発酵させるので、様々な酵母が複雑な香りを醸し出します。しかし香りを調整するための酵母などを添加していないので、決して派手な香りではありません。

★自然(環境)酵母を発酵が終わるまで活かすため、発酵中は亜硫酸の添加をしません。

★亜硫酸を使わないので、空気に出来るだけ触れさせずに瓶詰めします。この為、発酵時に出た炭酸ガスがわずかにビン内に残っていますので、舌にピリピリ感じたり、液漏れしやすい状況になることがあります。

★フィルターを使っておりませんので、酒石や酵母などのオリが見られることがあります。(色も少し濁っている場合があります)

★飲めば飲むほど身体の中に旨味が広がり、スイスイ飲めてしまう自然な味わいです。


2014 Morgon Sans Soufre
モルゴン・サン・スフル

11671
自然派
赤 辛口
フランス
ブルゴーニュ
モルゴン
マルセル・ラピエール
■エージェント情報
 多くの自然派ワイン生産者に影響を与えたマルセル・ラピエールの定番中の定番ワイン。多くの人に親しまれ、自然派ワインを扱うあらゆるビストロやショップで取り扱われています。赤い果実の華やかな芳香に満ちており、口に含むと何のひっかかりもなく喉の奥に消えていくなめらかな口当たり。熟した果実の旨みやエキス分が豊かでブドウ本来のピュアな果実味の美しさを感じることができます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,150 (外税) 
【正に球体のテクスチュアとパレット!!秀逸です!是非飲んでみてください!特別価格でのご案内です!】
 マルセル・ラピエールのモルゴンと言えばマルセル・ラピエールを代表するキュヴェですので、自然派ファンのみならずブルゴーニュファン、ひいてはワインファンなら一度は飲まれたことがあるに違いない著名なワインであることは間違い無いでしょう。

 2010年にマルセルが亡くなりましたが、その思想と品質はきっちり受け継がれていることを確認しています。

 しかしながら、これほどまでに認知されながらも、これほどまでにちゃんと理解されていないワインは無いんじゃないかとさえ感じます。

 その理由のひとつには、滅茶苦茶多くは無いがそれなりの生産量が有ることが原因として上げられますね。もし物凄く生産量が限られているとすれば、極一部のワイン屋にしか出回らないでしょうし、そのワイン屋の質さえも問われるはずだからです。・・・まぁ、大手のインポーターさんの扱いになってしまっている場合は、そんなことは全く関係無いでしょうが・・。

 しかしながらそこそこは量が有る関係で、それなりの売り場には並ぶようになります。ダレもが、

「ブルゴーニュ自然派の代表マルセル・ラピエールを代表するモルゴン!」

を並べておきたいと思うに違いないから・・です。

 となるとどうなるでしょうか?「営業時間が過ぎて空調のスイッチをオフにすることに何の疑問も持たない雇われ店長」
「本当は空調を回したままにしておきたいが経費削減を要求され泣く泣くオフにする店員」

 まぁ、大手のショップさんは似たり寄ったりです。それも店内温度18度設定なら良い方です。働く人間の健康保全を考えるとそうなるようです。

 しかしながら、今回ご紹介の「モルゴン2014」はサン・スフルです。So2を入れていない、上出来の厳選キュヴェです。例え店内の空調のスイッチをオフにしようがオンのままだろうが、そんな温度帯できちっと保存されたとして・・ピュアな品質を保てるでしょうか?


 例えば多くのエージェントさんがnoisy のところにいらっしゃいます。そして口々に言うのは、

「私が伺ったお店で一番冷えてますね。」

と言うことです。

 まぁ・・これにはもう慣れましたが・・ちょっとビックリしていました。「・・はぁ?」です。そんなの・・当たり前なんですよ、冷えてて・・。13度設定なんですから・・。ただ冬は結構あったかいんですけどね。

 フィリップ・パカレも、彼のワインは14度以下で保存してくれと・・言っています。ラピエールの弟子がそう言っているのに、平気で18~20度のセラーのスイッチをどうしたものかと、せまい了見の中で堂々巡りをしています。

 なので、マルセル・ラピエールのモルゴン・サン・スフルほど、きちんと飲まれていない・・理解されていないワインはこの世に存在しないでしょう。その多くが残念ながらまともでは無いんです。


 2014年のモルゴンですが、まぁ・・非常に健全でした。健康な葡萄が目に浮かぶようです。赤紫の透明度高く照り有る美しい色合いからのアロマは、ふっくらとした果実を思わせるスピードの速いものでモルゴンらしい、穏やかな鉱物系スパイス、これまた柔らかくふっくらした中域、そこから自然な減衰を見せる美しく長い余韻にかけ、ドライな味筋ながらエキスの旨みをたっぷり感じさせてくれるものです。

 ガメ種だとかピノだとかにこだわることさえも忘れさせる素晴らしいパレットを口中に描きます。ナチュラルでピュア・・しっとりしています。非常に旨いです。

 今飲んでも充分にその美味しさに酔えますし、これから約20年の長い寿命を持っていると感じます。10年ほど後からは、現在の端正な姿とは大きく変わった、ブルゴーニュワインならではの妖艶さを見せてくれるでしょう。非常に美味しい・・素晴らしい出来になった2014年モルゴン・サン・スフルです。是非飲んでみてください。超お奨めです!一推し!





以下は以前のヴィンテージのもののレヴューです。
━━━━━
【2009キュヴェ・マルセル・ラピエールの系譜!!】

 本当は2012年のブルゴーニュの仕上がりに不安を持っていましたので、荷崩れボトルが山ほどあるなら、それだけでも良いかな~と思ってたんですが、やっぱり飲んでしまうとね・・・、このしっとりとして優しく凝縮したエキスそのものの味わいから、まるでお日様の光を求めて沢山の種が芽生えるように香ってくる繊細なアロマを感じてしまうと、

「うわ~・・・こりゃ旨いわ~!」

結局、健全なボトルも仕入れることになってしまいました。発送、間違わないようにしないといけないので、結構気を使うんです。

 下手をすると2009のキュヴェ・マルセル・ラピエールそのものかと思えるような感覚が有り、反対にこれほどまでに素晴らしいと、

「・・・もうヴィンテージによる良し悪しは20年前と比較にならないほど意味の無いものになっていて、一定のレベル以上に仕上げられない造り手を選択するのは、このレベルでは考えても仕方がないんじゃないか?」
と思ってしまいます。

 さらには
「不安定要素の有る造り手、安定している造り手と、もうひとつ、安定しつつさらに伸びて行こうとしている造り手」
がいることを再確認していましました。

 濃厚なベリーのエキスは、受ける感覚として圧倒的なものなのですが、全く嫌味や力技を感じない、ストレスのないものです。そしてミネラリティ豊富で、現時点でも適度な変化をしてくれますから、これを美味しくないと言う人は、ガメイ嫌いな方でさえも認めざるを得ないものになっています。

 とても美味しいです!是非この機会にお試しください!超お奨めです!破損ものは限定数ですのでお早めに!

以下は以前のコラムより転載しました!
━━━━━

【実に秀逸!・・とても美しい!旨いです!是非ご購入ください!】

 何故かちょっと嬉しくなりました。マルセルのDNAが、このワインにもしっかりと受け継がれているような気がしたからかもしれません。味筋は2009年キュヴェ・マルセル・ラピエールと90%以上合致していたからです。正にあのしっとりとした球体エキスの味わいなんですよね!

 思いっきりピュアで、美しいです。・・もし違う部分を言うのであれば、もしかしたら2009キュヴェ・マルセル・ラピエールより少しだけ凝縮感が低いかもしれません。それに、還元香はほぼ無いが、還元状態に有ると言える部分のみ・・です。これは時間が解決する部分ですし、全く還元の臭さは無いです。

 しっとりとした甘いエキスの味わいと、膨らみつつ赤いベリーの凝縮したニュアンスを振り撒く、リーズナブルで素晴らしいワインです。勿論、ちゃんと保存できれば、15年以上の熟成にも耐えるでしょう!是非飲んでみてください!そして、ガメイの美味しさを再認識して欲しい、マルセル・ラピエールを時々思い起こして欲しい、マルセルを支え、今のドメーヌを支える家族たちにエールを送って欲しいと!思っています。飲んでみてください!一推しです!


以下は2009年キュヴェ・マルセル・ラピエールのコラムより転用しています。
━━━━━
【マルセルは、正にこのキュヴェ・マルセル・ラピエールが集大成だった・・・】

 香りを嗅ぎグラスを一回し、もう一度嗅ぎ、キュヴェ・マルセル・ラピエールを口にした・・。脳髄にビリッと電流が走るような衝撃が有った。でも、凄く安心感で包まれた。彼はきっとある種の満足感を胸に、旅立つ事が出来たんだな、と思った。不思議に悲しくなかった。少し寂しかっただけ。

 凄い人だと思っていたけれど、決して自分の好きなタイプのワインを造る人だとは思い切れなかった。距離は取っていても決して離別はしなかった。2007年ものの頃から再び付き合い出した。良いワインを造っているな、と思ったから。

 亡くなられたと聞いて、少しショックだった。やり遂げて無いんじゃないかと・・・少しそう思った。未練が有るんじゃないかと・・でもそれは大きな間違いだった。マルセル・ラピエールは偉大な先駆者だ。素直にそう思えた。


 え~、ちょっと感傷的な・・ポエムっぽい文章で・・すみません。いや、物凄いワインでした。ワインの真髄・・そのものでした。

 完全エキス化された濃厚な液体です。しかも、何の過大さも過小さも、リキミも不足も無いエキスそのものです。緩み無く、完全にピュアで、自然との一体感を表現しています。正に偉大なワインだと・・心底思いました。感動とともに、彼への感謝と、いつかきっと会えるだろうという期待感が沸いてきました。

 生産地とか、ヴィンテージとか、品種とか価格とか・・・、そんなものは何も意味しない。そこに有るのは宇宙と地球と自然だけ・・・魂だけなんだと。人間も葡萄もその内在のひとつに過ぎない、と語りかけてくるような味わいでした。20年以上、いや30年は平気で熟し持つでしょう。マルセルは今後の指針となる、凄いワインを2009年に造りました。

 今飲んでも美味しく、きっと優しさに包まれ、感謝の念が沸いてくるんじゃないかなと思います。凄いけど厳しくない、ピュアな真正ワインです。お奨めします。是非とも飲んでみてください。合掌



2017 Beaujolais Nouveau(Ch.Cambon)
ボージョレ・ヌーボー(シャトー・カンボン) 航空便

12933
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ボージョレ
マルセル・ラピエール
 古典的な味わいを追及したヌーヴォーです!
写真は以前のものを加工しています。
 今日ではすっかり定着した感のある自然なワイン造りはマルセルが牽引したと言って間違いない。多くの造り手がマルセルから学びボジョレー地区だけでなく各地で自然なワイン造りが始まった。60歳という若さで亡くなってしまったマルセル。しかし、息子マチュ、そしてマルセル最愛の妻マリーが今年もヌーヴォーを造り上げる。『マルセルのやってきたことは家族の生活の一部。私達にとって何も特別なことではない』
マリー・ラピエール
 気象の影響や醸造経過などの諸条件によりましては、ヌーボーの出荷が行われない場合も考えられます。万一お届けできない場合はご返金対応になりますのでご了承くださいませ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,450 (外税) 
【 ビオディナミの大御所のヌーボーです..(^^;;】
 フィリップ・パカレの叔父に当たる、筋金入りのビオディナミスト、マルセル・ラピエールです。彼がモルゴンで造る「キュヴェ・マルセル・ラピエール」のような、風格や大きさを求めるものでは無く、チャーミングで伸びやか、素直な味わいが特徴です。

「おお、凄い!」

 ・・・みたいな大仰なワインでは有りませんが、ワイン本来の「楽しさ」「美味しさ」を感じていただけるもの・・・と思います。フィリップ・パカレのヌーボーとの比較も、きっと楽しいと思います。noisyの選んだキュヴェは、テラヴェールさんが輸入するトラディショナル・キュヴェの方です。お早めにお手当てくださいね。

■エージェントより
◆2017年の生育状況(フィリップ・パカレ、マリー・ラピエール)

4月:理想的な春
 葡萄樹にとって理想的な寒く乾燥した冬。春先は好天が続き、一時は水不足も心配されたが、3月上旬に降った適度な雨が、水分を補給してくれた。
 4月に入るとフランス広域で遅霜の被害が発生。
『シャンパーニュやロワールの仲間達が霜で大きな被害を受けてしまった。幸いにも私達は霜を免れる事が出来た』
(マリー・ラピエール)
 昨年よりも2週間早く発芽が開始した。

5月:記録的な日照時間
 5月上旬は涼しくなり、葡萄樹は少し成長のスピードを緩めたようだった。しかし中旬以降は再び晴天に。2011年以来の長い日照時間を記録する程だった。畑は乾燥して衛生的。ベト病は殆ど発生しなかった。
『去年に比べて葡萄畑は完璧な状態。この天気が続けば開花も順調に進むはず』
(フィリップ・パカレ)

6月:開花は1週間で終了
 6月に入ると真夏の様な猛暑がやってきた。日によっては35℃を越える日もあった。開花は6月1週目。連日の猛暑で一気に開花。
昨年は20日近かかった開花が、今年は一週間で全ての畑で終わってしまった。
『こんなにリズム良く葡萄が成長するなんて。今まで経験した事がないわ』
(マリー・ラピエール)

7月:猛暑から冷夏へ
 7月に入ると更に気温は上昇。36℃を越す真夏日が1週間以上続いた。10日はボジョレーで北部を雹が襲った。フルーリィやムーラン・ナヴァンなど、クリュ・ボジョレーでは大きな被害が出てしまった。

 後半になると天気は一変。早朝は15℃以下に冷え込む位の冷夏が続いた。
『アントシアニンが熟すこの時期は、朝夕の気温差が質の良いタンニンを生む。理想的だ』
(フィリップ・パカレ)
7月までの成長を考えると、収穫は9月上旬になるだろう。

モルゴンにある代々続くラピエール家の畑とシャトー・カンボンの違いがよく解らないとのご指摘を多く頂いています。ご参照ください。

■シャトー・カンボンと英仏戦争
元々ラピエール家はモルゴンで代々続く生産者。蔵の近くの石碑にはマルセルの祖父の名前が刻まれているほど。マルセルは代々続く畑で仕事をしていましたが、縁があってシャトー・カンボンを購入する事になりました。マルセルが購入する前は様々なオーナーが所有していましたがそのポテンシャルの高さを知る度に「もっと良いぶどうそしてワインが出来る」との思いが強くなってきたそう。

シャトー・カンボンの歴史は古く、歴史は英仏戦争時まで遡ります。当時、フランスを代表してイギリスとの和平交渉を担当する外交官であったジュール・カンボン(1845-1935)は「外交とは交渉であり交渉とは少なくとも相当分、取引である」という名言を残し、フランスの至る地方に「Rue de Cambon(カンボン通)」があるくらいフランスを支えた人物であった。このカンボン氏が最初のオーナー。その後数人のオーナーの手に渡り、1995年マルセルの元に。シャトー・カンボンにはシャトーのトレード・マークである方位磁針のマークがある。これは外交官のカンボン氏が東西南北世界中どこにでも情報受発信をするという意味で残したものであって外交官ならではの意味合いを持つ。

■「最初の一回以外ずっとタダ働きよ」/マリー・ラピエ-ル
シャトー・カンボンの社長はマルセルの奥さんマリー・ラピエール。マリーはフランス北東部Metz出身。その昔、アルバイトでぶどうの収穫にマルセルの畑にやって来たのだそう。これが知合うきっかけ。
「初めての収穫の時だけバイト代を貰ったのに、マルセルと一緒のなってからはタダ働きよ!」
と笑うマリー。
栽培、醸造はマルセルが行う。シャトー・カンボンは全部で14ha。生産量の60%がヌーヴォーになる。マルセル・ラピエールの名前で生産されるヌーヴォーは全てこのシャトー・カンボンの畑から生産される。収穫時期は朝7時30分から12時30まで、昼食後13時:30から17:30まで収穫が続く。何週間も朝、昼、晩一緒に過ごしていると毎年、マルセルとマリーの様にカップルが何組も出来上がるそう。

■プロ中のプロ軍団『ポベット』
毎年4チームの収穫グループで構成され、その中でも1チーム『ポベット』と呼ばれるプロ集団が存在する。普通の収穫人が1人300kg/日収穫するところを800kg/日のスピードで、しかも確実に良い葡萄だけを選果しながら行ってしまう。ポベット以外は学生や若者が中心。



 収穫したぶどうは小分けのコンテナに収め、冷蔵車で醸造所に運び込まれる。温度が高い年は一晩2~3℃の冷蔵庫でぶどうを12~15℃まで冷やす事によって雑菌の活動を抑える。発酵はシャトー・カンボン購入当初は以前のオーナーが所有していたコンクリートタンクを使用していたが、タンク内の雑菌によりワインが悪い影響を受けた。それ以来ポリカーボタンクで発酵を行っている。

■マルセル・ラピエール

 ワインは他のどんな酒とも違い、その土地に育った葡萄そのものが原材料になっている。精製された水を加えることも、別産地の小麦を加えることもない。恐らく古来のワインは葡萄100%であってタンニンや酸、発酵時に糖分を足したり、培養酵母が使われたりすることなど無かったはずである。

『その土地で、その 土地の自然環境を壊すことなく育てた葡萄を、その土地に息づく自然酵母によって発酵させ、余計なものを加えたり、余計と判断したものを引いたりすることな くボトルに詰め込む』

 そういう酒こそがワインなのだろう。近年の自然派ワインの盛り上がりはマルセル・ラピエールなくしてはありえなかった。アンリ・フレ デリック・ロック、フレデリック・コサール、マルク・アンジェリ、フィリップ・パカレ・・・。ボジョレー地区だけでなく多くの造り手達がマルセルの考え方 に賛同したし、その人柄に魅せられたと言う。マルセルはジュール・ショヴェ氏の最も近くにいた人物であり、最も多くを吸収したと言われる。

『ワインに対す るあらゆる化学を熟知することで、あらゆる化学から守る』
と言ったジュール・ショヴェ氏の教えに従い1981年より畑では科学的薬剤は一切排除され、必要に応じて極僅かの植物由来の堆肥を撒くだけ。火山由来の花崗岩が堆積してできているカンボンの土壌は黒く拳大の岩が散らばっている。

 下草はある程度まで伸 ばされ、刈り取られると土に帰される。樹齢も上がり、より一層葡萄果実はピュアさを増している。区画ごとに収穫された葡萄は木製の発酵槽に投入される。低い温度を確保されたセラー内ではコールド・マセレーションに近い状態に置かれ果実本来の繊細なアロマが抽出される。発酵は自然酵母のみでゆっくりと始まる。ここでは発酵による炭酸ガスを利用したセミ・マセラシオン・カルボニックが採用され、嫌気的環境下で人為的介入なく健全にワインへと変化していく。ラピエールのワインは醸造過程での最適な判断によってしっかりとした"濃さ"と"フレッシュでスムースな飲み口"を両立させていると言える。これは長年醸造を繰り返してきた経験によるものなのだろう。明らかに近年のマルセル・ラピエールは更に純度が増してきている。

 ノンフィルターでできる限り少ないSO2添 加でボトリングされる。現在ではマルセルと息子マチューの2人で畑仕事から醸造までをこなしている。『自然派ワインの父』と称されるマルセル・ラピエー ル。飲めば皆が感じるであろうが彼等のワインには無理がない。作為がない。そして誰にとっても難しくない。単純な美味しさ、華やかさが鼻腔から口中からス トレートに感じられる。果実の詰まったような"濃厚さ"を感じさせながらも、どこか"水"のように溶け込んでいってしまう"楽さ"がある。そして飲み終え た後にはこのワインでしか感じ得ない満足感で満たされることとなる。カンボンに育つ葡萄、ストレスのない醸造、そしてこの地に育ったヴィニュロン、全てが 揃ってテロワールなのかもしれない。

◇自然派ヌーヴォーの特色◇
★自然(環境)酵母だけで発酵させるので、様々な酵母が複雑な香りを醸し出します。しかし香りを調整するための酵母などを添加していないので、決して派手な香りではありません。
★自然(環境)酵母を発酵が終わるまで活かすため、発酵中は亜硫酸の添加をしません。
★亜硫酸を使わないので、空気に出来るだけ触れさせずに瓶詰めします。この為、発酵時に出た炭酸ガスがわずかにビン内に残っていますので、舌にピリピリ感じたり、液漏れしやすい状況になることがあります。
★フィルターを使っておりませんので、酒石や酵母などのオリが見られることがあります。(色も少し濁っている場合があります)
★飲めば飲むほど身体の中に旨味が広がり、スイスイ飲めてしまう自然な味わいです。