ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.30  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ポール・ジャブレ・エネ

フランス Paul Jabulet Aine ローヌ
 ポール・ジャブレ・エネの古酒、コルナス・ドメーヌ・ド・サン=ピエール1997年をご紹介します。非常にリーズナブルに仕上がった高級ワインです。タンザーさんは89~92ポイントと、ちょっと頭抜けた評価をしています。

 ポール・ジャブレは有機栽培、無農薬で、シャプティエほどでは無いにせよ、自然派に通じるような栽培をしています。非常に長い歴史を持つローヌを代表する造り手です。
 現在はカロリーヌ・フレイさん・・30歳台前半の美しい女性・・が醸造を受け持っています・・が、どこかで見たことが無いでしょうか?

今回はちょうど20歳の看板ワイン、エルミタージュ・ラ・シャペルをご紹介します。希少です。


1997 Hermitage La Chapelle Rouge
エルミタージュ・ラ・シャペル・ルージュ

5046
自然派
赤 フルボディ
フランス
ローヌ
エルミタージュ
ポール・ジャブレ・エネ
■エージェント情報
ローヌ北部から、エルミタージュの逸品をお届けしましょう!その名も「エルミタージュ・ラ・シャベル」…1834年創業の、由緒ある家族経営ワイナリー「ポール・ジャブレ・エネ」が手がける最上級ワインです!
美しい教会が象徴的にそびえるエルミタージュの丘から造られる「エルミタージュ・ラ・シャベル」は、シラーのみが使われている単一品種ワイン。
 若いうちは、熟した赤や黒の果実香が複雑に香り、熟成が長くなるとなめし皮やトリュフのような、なまめかしさの漂う野性的な香りや、カカオ・甘く熟れたプラムのような味わいが前面に出てくるとのことです。
 パーカーポイントも93点と太鼓判が押されておりますので、十二分に期待が持てそうです!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥15,200 (外税) 
【エージェント情報ではアドヴォケイトは93Pointsですが、noisy調べでは 95~98/100Points 2004 to 2035でした!】
 言わずと知られた銘品、ポール・ジャブレ・エネのエルミタージュ・ラ・シャペルです。1998年はローヌの偉大なヴィンテージ・・と言うようなイメージが有りますが、アドヴォケイトに関しては、95~98Points と、かなりの高評価をしています。

 他にはワイン・アンスージャストが96Points と高く、タンザーさんも当初は93~96Points と高い評価をしています。またファルスタッフマガジンも97Pointsです。

 半面、スペクテイターは89Points と低く、ラ・ルヴェ・デュ・ヴァン・ド・フランスも16/20Points と冷静・・ですね。スペクテイターは翌年の1998年ものを高く評価していて、96Points とクラシック評価です。

 各評価機関のクセや好みを考えてみても、1997年のこのラ・シャペルの評価は割れていて、非常に高い評価と、冷静過ぎる評価が入り混じっており、如何にPKさんがグレートな評価をしていたとしても、このラ・シャペル1997年が「現在でも非常にリーズナブルに購入できる」理由になっているのかもしれません。

 タンザーさんも「15~20年の熟成がこのワインを成長させる」と言ってますんで、

「おそらく今が最高かもしれない!」

ですね。


 実はこのワイン、2007年2月にもnoisyはご案内させていただいており、その時はちょうど10年前ですが、「10.900円」でしたので、1.5倍ほどの値上がりになっています。それでも10年で1.5倍ですからまだリーズナブルですよね。

 勿論正規品では無く、ブローカー購入ですが、外観からは非常に良いコンディションに見えます。ご検討くださいませ。



 以下は1998年コルナスのご紹介文です。異なるワインですのでお間違い無く。
━━━━━
【グレートイヤーの1998年!エレガントさを見事に湛えたフィネスある味わい!旨いです!しかも目茶安い!】

 1997年ですからそろそろ20年にも成ろうかと言うシラー100%、自然派のコルナスの古酒です。熟して甘味が出てきています。コンディションも良く、確実に飲み頃に入ってきているでしょう・・とても美味しいです!・・ただし、珍しく・・と言うか、久し振りに抜栓を失敗してしまいまして・・。めったにはやらないんですが、気を抜いて適当になってたんでしょうね。コルクを途中で折ってしまいました。なのでコルクの写真が無いんですね~・・すみません。瓶詰めから20年までは経過していないまでも、近いとコルクも弱っていますから、気を抜かずにスクリューを真っすぐ深めに入れて、ゆっくり、でも確実に引き上げないとこんなことになってしまいます。ドタバタしたものですから、写真の方も少し澱が舞ってる風なのが見て取れると思います。実際はもっと綺麗です。

 標高400mの丘の上にある5haのポール・ジャブレ・エネの自社畑産です。花崗岩っぽいミネラリティに、「くしゃっ」と凝縮した赤い果実感・・しかし、同社の看板でもあるエルミタージュ・ラ・シャペルに代表されるような、エルミタージュ風な大柄さとは全く違うニュアンスを持っているのが、このシラー種によるコルナスなんですね~!

 まぁ、言ってしまえば「よりコート=ロティ風」で有り、「より確実にエレガントさを前面に出した味わい」です。

 ヴィンテージ的に言いますと1998年ローヌは大当たりの年です。それに隠れるようにして1997年も目茶良くて、このコルナス・ドメーヌ・ド・サン=ピエールの1997年は、アドヴォケイトで91~94Points、このグレートイヤー1998年の91Pointsを上回るとも取れる評価をしている位・・です。まぁ、この1998年を飲むと、若い頃はややタイトに締まってたんだろうなぁ・・と言う感じを受けますので、「アドヴォケイトは豪放・豪奢じゃないとローヌの点は低く出る」傾向を考えれば、

「グレートイヤーを過小評価してくれたお陰でリリース時よりリーズナブルに購入出来てしまう素晴らしいコルナス」

になっている・・とも考えられるんですね。なので・・非常にリーズナブルです。

 でも、ネットを検索して巡回してみると、このコルナス・ドメーヌ・ド・サン=ピエールは1万円以上で完売しているのが散見されますから・・

「・・こんなに安くて良いのかな~・・」

とも思いますが、皆さんはどちらかと言うと「コルナス」を余り知らないでしょうから、この際是非飲んでいただこう・・と言う魂胆でのご紹介です。

 シラー種のコルナスは、エルミタージュと比べるよりはやはりコート=ロティと比較すべきでしょう。自然派では大岡さんの師匠でもある偉大な造り手、ティエリー・アルマンさんがいらっしゃいますが、これも本当に素晴らしい・・しかし価格も結構なものでして・・中々皆さんには飲んでいただけないワインでも有るかと思います。非常にピュアでナチュラル・・そして官能的です。

 こちらのドメーヌ・ド・サン=ピエールは熟し始めていて、スパイスを内包したエレガントなスタイルです。エキスが充実していて、旨みたっぷり!そこにヴォーヌ=ロマネ風の動物系皮革、凝縮した赤系果実・紫の・・ドライなカシスが感じられます。テクスチュアも非常に滑らかで、僅かにタンニンが感じられますが、これも質が非常に良く、渋いという感じにはならずむしろ甘い・・に変化中です。余韻も綺麗で長い!・・めちゃ美味しいです!

 5千円台で購入できるのなら非常にお得感が高いはずです。是非是非!・・一推しにしたいくらいです・・が、正規品では無いので・・。ブローカー購入ですが、飲んで品質もチェックしOKです!飲んでみてください!お奨めします!


こちらは以前ご紹介させていただいた1998年です。抜栓失敗しなかったので色合いが美しいですよね・・。ボトルの色も違うようです。



1997 Cornas Domaine de Saint-Pierre
コルナス・ドメーヌ・ド・サン=ピエール

4100
自然派
赤 フルボディ
フランス
ローヌ
コルナス
ポール・ジャブレ・エネ
◆◆◆昨年の夏にもご紹介させていただき好評でした!再入荷です!しかも同価格!
■エージェント情報
 サン・ピエールの小さな礼拝堂近くに位置する畑から収穫される、やはりシラー100%で造られるワインですが、畑の面積はわずか5ha。
 甘草や黒胡椒などのスパイスと、赤い果実が絡まりあう魅惑的な香りを持つワインで、特に野ウサギや鹿などのジビエと相性が良いようです!タンザーも、89~92点と高得点!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥5,850 (外税) 
【グレートイヤーの1998年!エレガントさを見事に湛えたフィネスある味わい!旨いです!しかも目茶安い!】
 1997年ですからそろそろ20年にも成ろうかと言うシラー100%、自然派のコルナスの古酒です。熟して甘味が出てきています。コンディションも良く、確実に飲み頃に入ってきているでしょう・・とても美味しいです!・・ただし、珍しく・・と言うか、久し振りに抜栓を失敗してしまいまして・・。めったにはやらないんですが、気を抜いて適当になってたんでしょうね。コルクを途中で折ってしまいました。なのでコルクの写真が無いんですね~・・すみません。瓶詰めから20年までは経過していないまでも、近いとコルクも弱っていますから、気を抜かずにスクリューを真っすぐ深めに入れて、ゆっくり、でも確実に引き上げないとこんなことになってしまいます。ドタバタしたものですから、写真の方も少し澱が舞ってる風なのが見て取れると思います。実際はもっと綺麗です。

 標高400mの丘の上にある5haのポール・ジャブレ・エネの自社畑産です。花崗岩っぽいミネラリティに、「くしゃっ」と凝縮した赤い果実感・・しかし、同社の看板でもあるエルミタージュ・ラ・シャペルに代表されるような、エルミタージュ風な大柄さとは全く違うニュアンスを持っているのが、このシラー種によるコルナスなんですね~!

 まぁ、言ってしまえば「よりコート=ロティ風」で有り、「より確実にエレガントさを前面に出した味わい」です。

 ヴィンテージ的に言いますと1998年ローヌは大当たりの年です。それに隠れるようにして1997年も目茶良くて、このコルナス・ドメーヌ・ド・サン=ピエールの1997年は、アドヴォケイトで91~94Points、このグレートイヤー1998年の91Pointsを上回るとも取れる評価をしている位・・です。まぁ、この1998年を飲むと、若い頃はややタイトに締まってたんだろうなぁ・・と言う感じを受けますので、「アドヴォケイトは豪放・豪奢じゃないとローヌの点は低く出る」傾向を考えれば、

「グレートイヤーを過小評価してくれたお陰でリリース時よりリーズナブルに購入出来てしまう素晴らしいコルナス」

になっている・・とも考えられるんですね。なので・・非常にリーズナブルです。

 でも、ネットを検索して巡回してみると、このコルナス・ドメーヌ・ド・サン=ピエールは1万円以上で完売しているのが散見されますから・・

「・・こんなに安くて良いのかな~・・」

とも思いますが、皆さんはどちらかと言うと「コルナス」を余り知らないでしょうから、この際是非飲んでいただこう・・と言う魂胆でのご紹介です。

 シラー種のコルナスは、エルミタージュと比べるよりはやはりコート=ロティと比較すべきでしょう。自然派では大岡さんの師匠でもある偉大な造り手、ティエリー・アルマンさんがいらっしゃいますが、これも本当に素晴らしい・・しかし価格も結構なものでして・・中々皆さんには飲んでいただけないワインでも有るかと思います。非常にピュアでナチュラル・・そして官能的です。

 こちらのドメーヌ・ド・サン=ピエールは熟し始めていて、スパイスを内包したエレガントなスタイルです。エキスが充実していて、旨みたっぷり!そこにヴォーヌ=ロマネ風の動物系皮革、凝縮した赤系果実・紫の・・ドライなカシスが感じられます。テクスチュアも非常に滑らかで、僅かにタンニンが感じられますが、これも質が非常に良く、渋いという感じにはならずむしろ甘い・・に変化中です。余韻も綺麗で長い!・・めちゃ美味しいです!

 5千円台で購入できるのなら非常にお得感が高いはずです。是非是非!・・一推しにしたいくらいです・・が、正規品では無いので・・。ブローカー購入ですが、飲んで品質もチェックしOKです!飲んでみてください!お奨めします!


こちらは以前ご紹介させていただいた1998年です。抜栓失敗しなかったので色合いが美しいですよね・・。ボトルの色も違うようです。