ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
Last Update 2020.09.17  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ピエール・カロ

フランス Pierre Callot シャンパーニュ
Pierre CallotDomaine index -- Open All Column
● 一躍著名シャンパーニュの生産者になったピエール・カロをご紹介します。まあ、それ以前もわずかずつは入ってきていたかもしれません。アヴィーズの単独畑、クロ・ジャカンというシャンパーニュを是非とも飲んでみたくて購入しました。例によって、とっても大袈裟な紹介文をすまし顔で送ってくるエージェントさんの輸入ですから、顔を引きつらせながら、もとい、話は十分の一位にして読んでみてください。


 コート・デ・ブラン Cote des Blancsのアヴィーズ Avize村に本拠を構えるピエール・カロ Pierre CALLOTは、ボランジェにブドウを提供している知る人ぞ知るレコルタン。アヴィーズ、クラマン Cramant、シュイイ Chouilly、グローヴ Grauvesの4つの村に合計7.25ヘクタールの畑を所有しているが、そのうちの2.25ヘクタールで栽培するブドウはすべてボランジェが購入している。また、ボランジェがアヴィーズ村に所有する0.6ヘクタールの区画の栽培も小作契約で任されているレコルタンでもある。つまり、カロの造るブドウはボランジェも惚れ込むほど、極めてクオリティの高いもの。

 しかし、カロは自身のドメーヌ・シャンパーニュでも高い評価を得ている。『アシェット』には毎年掲載される常連でもあるし、『クラスマン(現メイユール・ヴァン・ド・フランス』)においては、「クリュッグ・スタイルの熟成に値するシャンパーニュ!」とまでコメントされているほどだ。

 また、その卓越した技術から、同村のジャック・セロスとはなにかにつけ比較されることが多い。コート・デ・ブランのシャルドネを主体に、安定感抜群でフィネスとエレガントさを兼ね備えたカロのシャンパーニュは、年間4万本前後しか造られないこともあり、毎年フランス国内の昔からの顧客を中心に直販され、国外に輸出されるのはごくわずか。弊社は1996年からドメーヌの当主を務めるティエリー・カロ Thierry Callotと直接交渉。

 ドメーヌのフラッグシップとなるアヴィーズ村に存在するわずか0.07ヘクタールの伝説的単一畑“クロ・ジャカン Clos Jacquin”から造られるオーク熟成の最高級シャンパーニュを始めとするドメーヌの一連のシャンパーニュのすべてを買い付けることに成功いたしました。ドメーヌで栽培するブドウの1/3をボランジェに提供し、ボランジェの所有畑の栽培も行うアヴィーズ村屈指の新世代RMが手がけるプライヴェート・シャンパーニュです。

◆ドメーヌの歴史◆


 カロ家の祖先、ルイ・カロ Louis CALLOTがアヴィーズに定住したのは1780年頃のこと。そして、その息子がアヴィーズ村に最初のブドウ畑を購入、畑は代々家族で受け継がれてきた。その後、1860年に生まれたオーギュスト=ルイ August-Louisがドメーヌで初めて醸造を行う一方、メゾン・ロデレールの醸造も手掛けていたという。

 1971年、カロ家はメゾン・エイドシックがアヴィーズ村に所有していた畑と醸造所、セラーを買い取り、ネゴシアンに提供するブドウの圧搾を開始した。1985年にドメーヌ・ピエール・カロを設立し、元詰めシャンパーニュの醸造に着手した。1987年には、醸造学の免状を取得後、ボルドーやシャンパーニュのテタンジェ、ヴランケンなどで働いていたティエリー Thierryがドメーヌに参画し、1996年にドメーヌの当主に就任した。

 現在、ドメーヌは7.25ヘクタールの畑を所有。栽培は環境に配慮したリュット・レゾネを実践しており、土も耕耘している。その他、年間を通じて行われる畑での作業のすべてが手作業で行われ、ブドウも丹念に手摘みで収穫している。所有する畑で栽培されるブドウのうち、5ヘクタールで収穫したブドウのみがドメーヌのシャンパーニュの醸造に使われ、既述の通り、2.25ヘクタールで栽培されるブドウは、すべてボランジェが購入している。

 ドメーヌの元詰めシャンパーニュの年間総生産量は4万本前後しか造られないこともあり、毎年、フランス国内の古くからの顧客を中心に直販され、国外に輸出されるのはごく僅か。現在、フラッグシップ・キュヴェの“クロ・ジャカン”(*)をはじめ、6種類のキュヴェを手掛けている。ドメーヌで栽培するブドウの1/3をボランジェに提供し、ボランジェ所有の畑のブドウ栽培も行うアヴィーズ村屈指の新世代RM、それがピエール・カロ・エ・フィスだ。


N.V. Champagne le Chemin de Paradis Extra Brut Grand Cru
シャンパーニュ・ル・シュマン・ド・パラディ・エクストラ・ブリュット・グラン・クリュ

13054

白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ピエール・カロ
■エージェント情報
 ドメーヌの最新キュヴェ。石灰質土壌で栽培される樹齢45年のアヴィーズ産のシャルドネ100%に由来。単一年(2013年)の収穫ブドウ60%と前年収穫のブドウ20%、リザーヴ・ワイン20%。ステンレス・タンクでシュール・リーの状態で12ヶ月熟成。マロラクティック発酵(一部)実施後、瓶内二次発酵で41カ月の熟成を行う。デゴルジュマンは2017/7月 。
 梨やマンゴーの複雑なアロマにアプリコットの上品なノート。恰幅の良い複雑な味わいには、オレンジやレモンの皮の清涼感とエレガントさが感じられる。
 ル・シュマン・ド・パラディ、そして、レ・シェーヌのメイン・ラベルには、ドイツの哲学者,フリードリヒ・ニーチェの言葉が記されています。
 「地を耕したいのなら、犂を使って耕すがよい。犂の背後を行くと鳥と狼を喜ばすだろう。あまえはすべての生き物を喜ばすのだ。 」
 またバック・ラベルには当主のメッセージが記されています。
 「このシャンパーニュのボトル、ワインが何世紀にもわたり受け継がれてきた伝統と、テロワールに息づく酵母や動植物相と人間へのリスペクトが織り込まれた一品となりますように。それが我々の喜びです。耕作、ブドウ樹の除葉、ブドウ栽培家である我々の手作業と入念な仕事、それが卓越を生むために欠かすことのできない前提です。 」
750ML 在庫    ご注文数   本
¥12,250 (外税) 
【ピエール・カロの最新キュヴェ2アイテム!超限定です。どちらもコート・デ・ブランのブラン・ド・ブラン、しかもエクストラ・ブリュットです!】
 単一畑クロ・ジャカンを擁するピエール・カロ・エ・フィスの最新キュヴェ2アイテムをご紹介します。少な過ぎて飲めないのが恨めしいですが、やはりコート・デ・ブランのグラン・クリュ・シャルドネを100%を使用したリキュール添加の無い、もしくは非常に少ないエクストラ・ブリュットと言うのは何よりも大きな魅力でしょう。

 アヴィーズが本拠ですから、当然のようにその葡萄の使用は多くなりますが、レ・シェーヌはアヴィーズ・オンリーです。

 そうなってくるとさらに、同じアヴィーズに本拠を置く「ジャック・セロス」との対比が以前から言われていましたがが、このプレミアム・クラスの「レ・シェーヌ」と「ル・シュマン・ド・パラディ」が揃ったことで、ようやくその「対比」も現実味が帯びて来た・・と言えるかと思います。

 実際、このプレステージ・クラスが出る前も、普通にエクストラ・ブリュットは美味しかったですが、セロスと比較するのはどうか・・?・・と感じていました。ジャック・セロスの最盛期のシャンパーニュはもう・・神々しく、余りの美しさに参ってしまうほどでした。

 でもその神々しさまで放っていたジャック・セロスのシャンパーニュたちは、昨今はどうなっているのか、たまたま noisyの口に入ったものがイレギュラーなものだったのかもしれませんが、十数年前に感じたその「物凄い美しさと味わい」には遠く及ばないと感じています。

 まぁ、ビオディナミに走り、その意味を知り、さらにその本質を極めようとし極めたと・・ジャック・セロスは言うかもしれませんが、やはりブラン・デ・ブラン(・・デです)の、しかもアヴィーズのシャルドネの素晴らしさを知らしめたジャック・セロスにしても、紆余曲折の中で、神話の主人公に祭り上げられ、その幻像に苦しんだのかもしれません。

 noisy のお客様も、

「最近のセロスには興味は無い」

とおっしゃる方も多く、おそらく noisy も感じている「ある種の危うさ」「欠如した美しさ」に、そんな気持ちになっているのかもしれません。


 そんな中でピエール・カロは、アヴィーズのシャルドネを主体にしたこの2アイテムのエクストラ・ブリュットは、とことんまで美しい、神々しさまで放っていたジャック・セロスを引き合いに出して良いクラスのシャンパーニュと言えます。

 クロ・ジャカンはむしろ、非常にバランスの良い、誰が飲んでも納得の行く味わいに仕上がっていますから、むしろ「エクストラ・ブリュット」とは掛け離れた存在です。

 この2アイテムは、コート・デ・ブランのシャルドネの、真の姿の美味しさを追求している「はず」のキュヴェで、noisy も非常に興味を持っています。ピエール・カロのスタンダード品も普通に旨いですし、エクストラ・ブリュットも繊細な美味しさを見事に表現できていますから、このプレステージ、是非飲みたいですね~・・。

 でも今回は非常に少ないので・・飲むのをためらっています。是非一度お試しくださり、その味わいを教えてください・・(^^;;

 まぁ、ファーストヴィンテージものですから、力の入れようが違うと思いますよ。今のところはとても飲めないので美味しく飲めるだろう背景だけ・・書いてみました。是非ご検討くださいませ。


N.V. Champagne Clos Jacquin Avize Grand Cru Brut
シャンパーニュ・クロ・ジャカン・アヴィーズ・グラン・クリュ・ブリュット

5296

白 辛口
フランス
シャンパーニュ
ピエール・カロ
■エージェント情報
 ジャック・セロスも本拠を移したアヴィーズ村の丘の頂にある真東に向いたわずか0.07ヘクタールの単一畑“クロ・ジャカン”で栽培される1975年植樹のシャルドネ100%から、年間わずか700本のみ造られるドメーヌのフラッグシップ・シャンパーニュ。瓶内二次発酵を行う前のベース・ワインはシュール・リーの状態で12ヶ月間木製キューヴで熟成とマロラクティック発酵。その後、瓶内二次発酵と熟成(17カ月)。2015年の収穫ブドウ90%とリザーヴ・ワイン10%のアッサンブラージュ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥14,480 (外税) 
【ピエール・カロのフラッグシップ!クロ・ジャカンです!】
 以前のコラムからのものを修正、加筆しています。クロ・ジャカンは1店に数本しか入りません。

【なかなかにエレガントです!】

 これから先のこともあるので、取りあえず全てのアイテムを飲んでみました。クリュグに近いというエージェントさんの(クラスマンの?)ご紹介でしたが、noisy 的にはむしろ、リキュールを足していないルイ・ロデレール(・クリスタルも含めて)というニュアンスでした。

 泡は押しなべて細やかで適切なレベル。エレガントさに長け、決して押しの強いタイプでは有り得ない。クリュグやジャック・セロスと言った生産者を引き合いに出すと、絶対に勘違いされると思う。あくまでも綺麗で可憐なスタイルです。

 ノン・ドゼはやや軽めで、エレガント、とてもドライながら薄辛くなっていないのはさすが。夏場のシャンパーニュの選択とするなら絶好でしょう。

 グランド・レゼルヴ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット は、太目の高級瓶に入れられ、見た目も重量感が有ります。今回初入荷なんですが、テイスティングは間に合いませんで申し訳有りません。でも近いうちに飲むと思います。ピエール・カロのシャンパーニュはバランス良いので・・・結構重宝してます。

 ミレジムのアンスィエンヌは、奥行きを感じさせる素直な味わい。それでも凄みを感じさせるものでは無く、あくまでもエレガントなスタイル。わずかに若いが美味しく飲める。半年~1年でちょうど良い熟成を迎えるだろう。

 クロ・ジャカンはさすがにフラッグシップだけのことはあり、もっともエレガントで美しいシャンパーニュ。グイグイっと引っ張ってゆくようなものではなく、チョイチョイとちょっかいを出してくる感じ。細やかな泡が絶妙。それでも重量級ではない。


 どうなんでしょうね。比較の対象としてワインに緊張感や張りの有るクリュグやセロスを出すのは良いにしても、かなりイメージが違うことを主張すべきかな?まして、ボランジェのシャンパーニュとは方向性が全く違います。あくまでもエレガントスタイルのシャンパーニュだと思ってください。お勧めします。

以下はエージェントさんからのテクニカルです。
━━━━━
○N.V. シャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン・ノン・ドゼ
ステンレスタンクで発酵後、シュール・リーの状態で8ヶ月熟成。マロラクティック発酵実施後、瓶内二次発酵と熟成を行う。近年収穫葡萄50%とリザーヴ・ワイン50%のブレンド。アヴィーズとクラマン産のシャルドネ100%。

○2004 シャンパーニュ・グラン・クリュ・ミレズィンム・ブリュット・ヴィーニュ・アンスィエンヌ
アヴィーズ村に存在する0.4haのリュー・ディ"レ・ザヴァ"の1952年植樹の古樹のシャルドネ100%から造られるミレジメ物。シュール・リーの状態で8ヶ月間熟成。マロラクティック発酵実施後、瓶内二次発酵。

○シャンパーニュ・グランド・レゼルヴ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット
アヴィーズ,クラマン,シュイイ,グローヴ産のシャルドネ100%で,単一年の収穫ブドウ50%とリザーヴ・ワイン50%(リザーヴ・ワインの5%は木製キューヴで1年間熟成させたもの)のアッサンブラージュ。ステンレス・タンクで発酵後,シュール・リーの状態で8ヶ月熟成。マロラクティック発酵実施後,瓶内二次発酵と熟成を行う。スタンダード・キュヴェよりさらに1年長く瓶内熟成させる。ドザージュによって,ノン・ドゼ,ブリュット,セックの3種類のタイプがある。

○N.V. シャンパーニュ・グラン・クリュ・ブリュット クロ・ジャカン
アヴィーズ村の丘の頂にある真東に向いた僅か0.07haの単一畑"クロ・ジャカン"で栽培される1975年植樹のシャルドネ100%から、年間僅か800本のみ造られるドメーヌのフラッグシップ・シャンパーニュ。シュール・リーの状態で、12ヶ月間木製キューヴで熟成。


N.V. Champagne les Chenes Extra Brut Avize Grand Cru
シャンパーニュ・レ・シェーヌ・エクストラ・ブリュット・アヴィーズ・グラン・クリュ

13055

白 辛口
フランス
シャンパーニュ
コート・デ・ブラン
ピエール・カロ
■エージェント情報
 ドメーヌの最新キュヴェ。石灰質土壌で栽培される樹齢45年のアヴィーズ産のシャルドネ100%に由来。単一年(2014年)の収穫ブドウ90%とリザーヴ・ワイン10%。樽ででシュール・リーの状態で12ヶ月熟成。マロラクティック発酵(一部)実施後、瓶内二次発酵で25ヶ月の熟成を行う。
 繊細な泡が豊富で、糸のように連なり長く持続する。ゴールドのローブ。樽香がわずかに感じられ、複雑でクリーミー。焙煎香や柑橘、マルメロ、ブリオッシュのアロマ。味わいは非常に円みがあり、複雑で調和が取れている。柑橘と白い花、ブリオッシュのノート。わずかに酸味があり余韻が長い。サーヴィスは11度で。単独で飲んでも良いが小さなジビエや魚のソース料理、海の幸に相応しい。
 ル・シュマン・ド・パラディ、そして、レ・シェーヌのメイン・ラベルには、ドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェの言葉が記されています。
 「地を耕したいのなら、犂を使って耕すがよい。犂の背後を行くと鳥と狼を喜ばすだろう。あまえはすべての生き物を喜ばすのだ。 」
 またバック・ラベルには当主のメッセージが記されています。
 「このシャンパーニュのボトル、ワインが何世紀にもわたり受け継がれてきた伝統と、テロワールに息づく酵母や動植物相と人間へのリスペクトが織り込まれた一品となりますように。それが我々の喜びです。耕作、ブドウ樹の除葉、ブドウ栽培家である我々の手作業と入念な仕事、それが卓越を生むために欠かすことのできない前提です。 」
750ML 在庫    ご注文数   本
¥16,800 (外税) 
【ピエール・カロの最新キュヴェ2アイテム!超限定です。どちらもコート・デ・ブランのブラン・ド・ブラン、しかもエクストラ・ブリュットです!】
 単一畑クロ・ジャカンを擁するピエール・カロ・エ・フィスの最新キュヴェ2アイテムをご紹介します。少な過ぎて飲めないのが恨めしいですが、やはりコート・デ・ブランのグラン・クリュ・シャルドネを100%を使用したリキュール添加の無い、もしくは非常に少ないエクストラ・ブリュットと言うのは何よりも大きな魅力でしょう。

 アヴィーズが本拠ですから、当然のようにその葡萄の使用は多くなりますが、レ・シェーヌはアヴィーズ・オンリーです。

 そうなってくるとさらに、同じアヴィーズに本拠を置く「ジャック・セロス」との対比が以前から言われていましたがが、このプレミアム・クラスの「レ・シェーヌ」と「ル・シュマン・ド・パラディ」が揃ったことで、ようやくその「対比」も現実味が帯びて来た・・と言えるかと思います。

 実際、このプレステージ・クラスが出る前も、普通にエクストラ・ブリュットは美味しかったですが、セロスと比較するのはどうか・・?・・と感じていました。ジャック・セロスの最盛期のシャンパーニュはもう・・神々しく、余りの美しさに参ってしまうほどでした。

 でもその神々しさまで放っていたジャック・セロスのシャンパーニュたちは、昨今はどうなっているのか、たまたま noisyの口に入ったものがイレギュラーなものだったのかもしれませんが、十数年前に感じたその「物凄い美しさと味わい」には遠く及ばないと感じています。

 まぁ、ビオディナミに走り、その意味を知り、さらにその本質を極めようとし極めたと・・ジャック・セロスは言うかもしれませんが、やはりブラン・デ・ブラン(・・デです)の、しかもアヴィーズのシャルドネの素晴らしさを知らしめたジャック・セロスにしても、紆余曲折の中で、神話の主人公に祭り上げられ、その幻像に苦しんだのかもしれません。

 noisy のお客様も、

「最近のセロスには興味は無い」

とおっしゃる方も多く、おそらく noisy も感じている「ある種の危うさ」「欠如した美しさ」に、そんな気持ちになっているのかもしれません。


 そんな中でピエール・カロは、アヴィーズのシャルドネを主体にしたこの2アイテムのエクストラ・ブリュットは、とことんまで美しい、神々しさまで放っていたジャック・セロスを引き合いに出して良いクラスのシャンパーニュと言えます。

 クロ・ジャカンはむしろ、非常にバランスの良い、誰が飲んでも納得の行く味わいに仕上がっていますから、むしろ「エクストラ・ブリュット」とは掛け離れた存在です。

 この2アイテムは、コート・デ・ブランのシャルドネの、真の姿の美味しさを追求している「はず」のキュヴェで、noisy も非常に興味を持っています。ピエール・カロのスタンダード品も普通に旨いですし、エクストラ・ブリュットも繊細な美味しさを見事に表現できていますから、このプレステージ、是非飲みたいですね~・・。

 でも今回は非常に少ないので・・飲むのをためらっています。是非一度お試しくださり、その味わいを教えてください・・(^^;;

 まぁ、ファーストヴィンテージものですから、力の入れようが違うと思いますよ。今のところはとても飲めないので美味しく飲めるだろう背景だけ・・書いてみました。是非ご検討くださいませ。