ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.06 
Last Update 2021.05.06  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・レイモン・デュポン=ファン

レイモン・デュポン=ファン

フランス Domaine Raymond Dupont-Fahn ブルゴーニュ
● 2011年もの以来のデュポン=ファンです。

「ムルソー・ペリエールと同じ地層に根が張ってるんじゃないか?」

 そんな淡い期待を胸に、テイスティングしてみました。中々に・・・中々でしたよ!


■エージェントより
 1979年生まれのレイモン氏が当主を務める若さ溢れるドメーヌ、 「デュポン・ファン」が初登場です!
 ドメーヌ五代目としてブルゴーニュに生まれ、幼少時からワイン造りに関わってきたレイモン氏でしたが、ボーヌの醸造学校で学を収めた後ワイン修行の行脚に出ようとしていたところ、父のミシェル氏が大事故に遭ってしまったため、修行を止めて父のドメーヌに参加することを決意したそうです。

 これがレイモン氏が19歳の時のことで、その後幸運にもミシェル氏の体調が回復したため、レイモン氏は21歳でエノロゴの資格を取得して、自らの名を冠したドメーヌを2001年に設立しました。

 当初は、約5haのブルゴーニュ・ショーム・デ・ペリエールとオーセイ・デュレスの畑のみからワインを造っていましたが、現在は祖父のジャン・デュポン氏などから借り受けた、計10haの畑からワインをリリースしているそうです。

 全てのキュヴェにおいて共通したワイン造りのメソッドを適用し、リュット・レゾネでブドウ栽培を行っているというデュポン・ファンのワインは専門誌でも頻繁に取り上げられており、『ギド・アシェット』では2007年度から2009年度版にかけて三年連続で掲載され、中でも2007年度版では

「デュポン・ファンのブルゴーニュ・ショーム・デ・ペリエール2004年が、今年の本誌で扱ったブルゴーニュ・ブランの中で最も出来が良い」

と 激賞されたそうです。

 そして今回入荷したのは、まさにその高評価畑である「ブルゴーニュ・ショーム・デ・ペリエール」!レイモン氏をして「とりわけ興味深い」と語らしめるアイテムですが、このキュヴェには、もともと「ムルソー・ド・ダヌ」という、ムルソー1級畑のペリエールとジュヌヴリエールに接する、村名クラスの区画のブドウが使われているとのこと。

 祖父のジャン氏が休耕地だったこの畑を1975年に購入し、ブドウを植樹しようとしましたが、その際に「樹の根を十分に張らすには表面の土の層が浅すぎる」と考え、この畑に他の区画の土を20cmほど足すことをINAOに申請し、許可を得ました。

 しかし、他のムルソー生産者の間でこの一件がスキャンダルとなり、彼らの抗議によって、この村名格畑はACブルゴーニュにまで格下げされることになったそうなのです。

 現在に至っても、その格付けはACブルゴーニュのままになっていますが、当時植えられたブドウ樹の根は地中深くまで張り入って、ムルソー・ド・ダヌとムルソー・ペリエールのテロワールの恩恵を多分に受けているという話。

 ブルゴーニュ・ブランのレベルを大きくはみ出した、異例の村名格ワイン…。これは是非とも押えておきたい一品でしょう!


2015 Bourgogne Blanc Chaumes des Perrieres
ブルゴーニュ・ブラン・ショーム・デ・ペリエール

13528

白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・レイモン・デュポン=ファン

◆◆◆栽培はリュット・レゾネ(減農薬)です。レ・ペリエール上部の村名区画。薄すぎる表土に盛り土したものが村人の怒りを買い、ACブルでリリースされています。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,880 (外税) 
【プティ・ムルソー=ペリエールと言って良いと思います。やっぱりシャルドネはこうでなくちゃ!】
 良いですね~・・このワイン!シャルドネ好きには溜まらない美味しさを多分に持っているワインです。

 ご存じの通り、ムルソーのテート・デ・キュヴェと言えば、「ムルソー=ペリエール」で有ることは間違い無いでしょう。最もぺリエールと言っても幾つかのリューディが存在します。

 ぺリエールの下部に有るのがレ・シャルム・ドゥスュ、北側に接するのがジュヌヴリエール、南側に接するのがピュリニーのシャン=カネと言うロケーションは覚えておいた方が良いかもしれません。

 因みに「何とか・ドゥスュ」と言うのは「何とか+上の」と言う意味です。「何とか・ドゥスー」と言うのは「何とか・下の」と言う意味なので、レ・シャルム・ドゥスュの下に有るのは・・レ・シャルム・ドゥスーと言うリューディです。

「ん?・・じゃぁ、レ・ペリエールはどうなってるの?」

と言うような疑問も有りますよね。


 まぁ、写真とか地図を見ていただくと判りやすいんですが、一般に「レ・ペリエール」と言っている場合には、「レ・ペリエール・ドゥスー」「レ・ペリエール・ドゥスュ」「オー・ペリエール」の総称です。「クロ・デ・ペリエール」は、「レ・ペリエール・ドゥスー」の中にクロで囲まれた部分が有り、そこの事を言います。

 味わいの傾向としましては、一般的に上に行けば行くほど「乾いたニュアンス」や「厳しいミネラリティ」が強くなると思います。

 で、下から「レ・ペリエール・ドゥスー」、「レ・ペリエール・ドゥスュ」と来まして、その上に「ド・ダヌ」と言う村名の区画が有ります。エージェントさんの説明では、このド・ダヌの葡萄で造られているのがこのワインだと言うことなんですが、noisy的には今一つ信じられないんですよね。だって、

「レ・ぺリエール・ドゥスーの北側の上にレ・ショーム・ド・ペリエールと言う区画が有る」

から・・です。


 ここはしっかり1級のレ・ジュヌヴリエールと接していますし、レ・ペリエール・ドゥスーの斜め上に接していますので、この部分じゃないかな・・と思うんですね。

 Googleさんの3D地図でグイグイしてみましたが、勾配もきつく、道は蛇のように曲がっています。クロが有ったり壊れていたりで凄い場所です。

「この場所だから・・こんな味わいがするんだ!」

と言うことが判るんですよね・・。最もそれは、レ・ぺリエールとレ・ジュヌヴリエールを飲んだことが有る人限定ですけど。


 正にレ・ペリエールのコッテリとした部分を持ちつつ、しかしレ・ペリエールほどの深さは無い・・でもより硬いようなミネラリティと、レ・ジュヌヴリエール的な肌理の細やかな石灰的ミネラリティも持っている・・と言うようなニュアンスなんですよ。

 ですんで、対してシャルドネに興味が無い人は、

「ルモワスネ・ルノメの方が美味しい!」

と感じられるかもしれないですね。


 でもルモワスネのルノメには絶対に感じ得ない、レ・ペリエール的な大物感と高域の伸びの良さ、フィネスの感じられる蜜のニュアンスが有るんですね・・。黄色い果実の繊細なディテールもしっかり描かれていますから、

「ある程度シャルドネを飲みこんでいる方にとっては、途轍もなくリーズナブルで旨いシャルドネ!」

で有ることは間違い無いでしょう。


 それに、そんなロケーションで生まれたワインで、勿論「村名格を名乗れる畑」のワインですから、非常に長寿で有り、完熟した時の素晴らしさはまた格別でしょう。

「秀逸なレ・ペリエールには到底及ばないが、並のレ・ペリエールには、このショーム・ド・ペリエールに及ばないものも沢山有る」

と言えます。


 ピュアでマッタリ、ドライですがこのミネラリティたっぷりの粘性が何とも言えない甘みを生み出すんです。判りますよね!?

 滅茶美味しいです。沢山は買えませんでしたが、是非とも飲んでみてください。2011年ものを飲まれた方ならご理解いただけるでしょう。旨いです!


 以下は2011年のこのワインのレヴューです。
━━━━━
【こりゃぁオモロイ!!】



 ショーム・デ・ペリエールというのは実は区画名です。そう言う名前の畑が、ペリエールの北上部に存在しています。

 そして、ド・ダヌと言う区画がペリエールの上部にあります。つまり、ド・ダヌの北の隣にショーム・ド・ペリエールが有りますので、エージェントさんの説明文は錯綜しているかと思います。

 正確には、ド・ダヌはペリエール上部、ショーム・ド・ペリエールは、ペリエールに南部で接し、ジュヌヴリエールの上部に有ります。

 結構いい加減では有りますが、基本、ショーム・ド・ペリエールとエチケットされているので、ほぼショーム・ド・ペリエールの葡萄・・もしかして、ド・ダヌが混ざっている・・と言うことかと思います。

 そう考えてみるとこのワインは実に理解し易い味わいです。

 ペリエール的な存在の大きな、蜜とか粘性と、ジュヌヴリエール的な肌理の細やかな大理石風なミネラル?、非常にドライながら、普通のムルソー村名のような非常に目の詰まった重いミネラリティはさほど無く、より軽やかさを持ったムルソー村名的な味わいです。

 非常に鉱物的ですが、黄色い果実が中心、白い果実とやや色の濃い果実がトッピングされ、中域も適度な膨らみを持ち、美しく長めの余韻を感じさせてくれます。
 本来なら、ムルソー村名としてのリリースが可能だったようですが、「盛り土をした」ことによって、他の生産者の反感を買ってしまったようですので、ACブルゴーニュとしてのリリースになっているようです。

 村名ムルソーと言うにはやや軽さのあるミネラリティ、1級ムルソーと言うには、ペリエール、ジュヌヴリエールの要素は感じるものの、そこまでの大きさは無く、ACブルゴーニュとするなら・・・そんなもんじゃないだろう・・と言う感じです。

 言うなれば、順1級クラスのナルヴォーのミネラリティをエレガントにしたようなニュアンスで、そこに少しオイリーさをトッピングしたと考えると・・そんな味わいだと想像し易いかと思います。

 価格的に言っても実に手を出し易いところにあり、著名な1級畑のニュアンスを持っていることから、かなり楽しめるシャルドネになっています。こりゃぁ・・面白いぞ・・・と思われた方はワイン会などに持ち込まれると良いかと思います!是非ともご検討ください。お奨めです!