ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.12.23 
Last Update 2020.12.23  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ルネ・ロスタン

ルネ・ロスタン

フランス Rene Rostaing ローヌ
Rene RostaingDomaine index -- Open All Column
● 久し振りのルネ・ロスタンです。コート=ロティの重鎮ですね。他には白のコンドリューも造っています。

 今回はコンドリューと同じ品種、ヴィオニエで造られる「プティ・コンドリュー」とも呼ばれるバランスの良い白ワインをご紹介します。


2016 les Lezardes I.G.P.Collines Rhodaniennes Viognier
レ・レザルド I.G.P.コリーヌ・ロダニエンヌ・ヴィオニエ

14162
自然派
白 辛口
フランス
ローヌ
ルネ・ロスタン

■エージェント情報
 コート・ブロンドの樹齢40年ほどのブドウ樹から、飛びきりのローヌワインを造り出す「ルネ・ロスタン氏」。ワイナート18号のローヌ特集でもピックアップされている生産者ですが、1971年にワイン造りを始めた氏の姿勢は、厳しく真摯そのもののようです。
 有名なコート・ロティ・ラ・ランドンヌの他にも、コート・ブロンドやコンドリュー等も手がけており、収穫は全て手摘みで行われます。
 「レ・レザルド・ヴィオニエ」は、「プチ・コンドリュー」の二つ名を持つヴィオニエ100%のワイン!クラスこそヴァン・ド・ペイになりますが、しっかりとした酸とリッチな味わいが強く印象に残る逸品だということです!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,350 (外税) 
【軽やかで少しだけネットリ、アロマも複雑です!辛口の素晴らしいバランスでしかもリーズナブル!コート=ロティのアンピュイ村の畑です!】
 例えばソムリエになろうとか、エキスパートの試験を受けようとか・・ワインの勉強をすると必ず出てくるのが、

「フランスの五大白ワイン」

なんて、誰が決めたのか良く判らない5つの白を覚えることになります。


 確かに、本当にそれが正しいので有れば、

「そりゃぁちゃんとその5つを覚えて・・やっぱり飲んでみたいよね~・・」

となる訳でして、で・・そこからがこのいつも長い話しの肝なんですが、その5つの中に、

「・・なんでこれが五大ワインのひとつなのよ!」

と理解出来ないのが有りまして・・。それが、

「シャトー・グリエ」

と言うワイン。コンドリューで造られるヴィオニエ種のワインで、しかも、独自のアペラシオンまで与えられていると言う破格の待遇なんですね。


 で、何とか手に入れたシャトー・グリエを期待を大にして飲んでみますと・・

「・・何だこれ?・・」

と、非常にガッカリするような代物だったんですね。・・いや、少し前までの話しですよ。


 勿論ですが、当時の輸入品質は現在の比では有りませんし、情報も確かでは有りませんでしたから、元々はそこそこポテンシャルが有り、ちゃんとは仕上がっていた可能性も有ります。そこそこに飲めるボトルも有りました。なので昔販売したことも有ります。

 しかし、

「薄い、平べったい、硬い、臭い、酸が無い」

と五重苦丸出しで、

「何でこれが五大ワイン?五重苦ワインじゃないの?」

と思ったものでした。今ではかのシャトー・ラトゥールのグループが買収し、だいぶ良くなっているようですが、非常に高価なワインです。


 言ってみれば、コンドリューの中のモノポールを独自のアペラシオンを持たせることで特別化したのがシャトー・グリエだとも言えますが、言っちゃえばコンドリューでしょうし、長い間、コンドリューの方が美味しかったのは事実です。


 で、この「レ・レザルド」ですが、低迷期のシャトー・グリエより良く出来ているんじゃないかと思えるほどの仕上がりです。シャトー・グリエは、

「5年以内には飲まず、でも8年以内に飲め」

と言われたものですが、こちらは、

「今すぐ飲んでも良く、10年間は美味しく飲める」

と言えます。


 この地のヴィオニエらしい、華やかなアロマ・・いや、節操のないものでは無いですよ・・白胡椒、蜜、パイン、洋梨等のピュアで繊細、軽やかなアロマが漂います。ナーバスにはならずに快活ですが嫌味の無い味わいです。中域がぷっくりと膨らみますが、酸の適度なしっかりさが、このワインを美しいものにしています。しかもしっかりドライです。

 どうしても酸の無い白ワインはダレてしまいますが、結構にしっかりしています。この辺りに、

「レ・レザルドはプティ・コンドリュー」

と言われる由縁が有るのでしょう。


 むしろ昔のネイレ・ガシェ時代のシャトー・グリエを知っていれば、重量感は控えめなので「プティ・シャトー・グリエ」と言った方が判りやすいかもしれません。構造自体を埋め尽くせないシャトー・グリエより、やや小さな構成でしっかり埋め尽くせている方が、良い印象を持って当然ですよね。

 健康的で柑橘主体の美味しい白です。少し前ならジェローム・ジュレも良かったんですが、安く無いし数は貰えないしで、最近は仕入れてません。是非飲んでみてください。お勧めです!