ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
Last Update 2020.09.17  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

テヌータ・ルーチェ・デッラ・ヴィーテ

イタリア Tenuta Luce della Vite トスカーナ
● イタリアはフレスコバルディとカリフォルニアのモンダヴィによるジョイント・ヴェンチャーとして始まったルーチェ(・・懐かしいです)。その出会いは、フレスコバルディ家のご長男が、カリフォルニアのデイビスに留学したのがきっかけだそうです。そこで、現在のモンダヴィ醸造責任者のティモシーさ んと出会ったことがきっかけで93年に初ヴィンテージをリリース。発売当時は5万だとか3万だとか...。少量のご案内 です。


2012 Lucente I.G.T. Toscana Rosso
ルチェンテ

11747

赤 フルボディ
イタリア
トスカーナ
テヌータ・ルーチェ・デッラ・ヴィーテ
 カリフォルニアのロバート・モンダヴィと、イタリアのフレスコバルディのジョイント・ベンチャールーチェ・デッラ・ヴィーテからよりお手頃価格のアイテム「ルチェンテ」をご案内です。

 「ルチェンテ」とは「光り輝く」との意だそうで、フラッグシップアイテムのルーチェが成功を収め、それに続けという形で当初アメリカ市場向けに開発されたのがルチェンテだという話です。
 
 2012年ヴィンテージのルチェンテは、深い紫色をしており、香りは力強く、ブラック・チェリーや野イチゴなどの熟した果実のアロマがあるとのこと。その他にも甘く心地よいスパイスや、地中海の灌木地を想起させる香りが、ワインにさらなる複雑さを与えているそうです。

 タンニンは非常にきめ細かでビロードのようであり、まろやかな味わいに新鮮なユーカリの香りが活き活きとした生命力を付与しているというワインは、「複雑で力強いと同時にエレガントさを持った一本」に仕上がっているとのこと。ワインラヴァーの皆さんが家飲み用としてケース買いされるほどの支持を得ていることから、今後こちらのルチェンテが、市場から影を潜めることはまずなさそうです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,850 (外税) 
【スーパータスカン時代の花形です!!】

 初めてルーチェを見て・・・

「何だこりゃ~?」

・・とその姿にまずびっくり。高いし・・売れるかいな!と。で、飲んでみて・・

「一体何だこりゃ~?」

とその外向性に二度びっくり。・・そんなまだ若かりし頃を思い出し、懐かしさを感じているところです。

 なにせ、こんなに濃度たっぷりで黒や茶で口内を分厚くフルにしてくれるワインはそうそう無かったんですよね。ブローカー(エージェント)情報には1998年と有りますが・・・実にいい加減ですね~。嘘ばっかり!1993年がファーストです。価格も当初は3~5万でしたが徐々に下がり、確か、今回の価格と同じくらいで販売していた記憶が有ります。


 ゆったりとしたおおらかさの中に細やかなモカ、高級チョコレートのようなアロマを持ち、太いボディに滑らかなテクスチュア・・そしてそのまんまの余韻。

 派手なボトルデザインとともにイタリアワインの時代が来ると予感したものでした。・・・ま、一気に来て一気に値上がりし、一気に萎みましたが・・(^^

 ま、エージェントさんも辛いところだったでしょう。量はカンティーナから迫られるわ、価格も上がるで、結局手放してしまう・・・。最初は手堅く扱いの良い中小インポーターさんが多かったですが、今や保ち切れずに手放して、大手さんばかりがイタリアをやっている状況で・・。それに倣った中小インポーターさんがまた増えていますが、コンディションは二の次・・と言う場合も多く見られますので、まだまだイタリアワインの第二次ブームは来ないでしょう。

 2012年のルチェンテは、濃密な黒が紫・赤に向かって行ったような色合いをしています。熟れてはいますが非常にドライで、密な要素が感じられます。タンニンも少し有りますが悪くない質です。昔はもっと甘い感じがしたと思いますが、現在のようなスタイルの方が好ましいです。

 フレスコバルディ風の、とてもクリーンで緩みの無いものですので、どなたが飲まれても一定以上の評価を得る優等生タイプ・・と言えるんじゃないかと思います。ご検討くださいませ。